私の描くグッとムービー

加藤休ミさん(クレヨン画家)
「ありがとう、トニ・エルドマン」(2016年)

父親の変装や言動、謎だらけ

 悪ふざけが好きな父親が、経営コンサルタントとして働く娘のことが気になり、ドイツからルーマニアへ。入れ歯と長髪のかつらで変装して架空の人物になりきり、娘の行く先々に現れます。その姿も行動も、とてもへんてこで謎だらけ。「なぜ」が積もり積もって、2時間半を超える長尺なのに何度見ても飽きませんでした。

 父娘の関係も不思議です。娘は突然訪問してきた父親を、なぜか仕事のパーティーに連れて行きます。また終盤、祖母の葬儀に参列した娘に、父親が「義務に追われているうちに人生は終わってしまう」と伝えても、納得したのか分からないような表情。一筋縄ではいかない気がします。

 映画の中には、格差社会や厳しいビジネスの世界など、様々なテーマが描かれています。私も一つの絵に色々な要素を盛り込むタイプなので、親近感が湧きました。一見まとまりがありませんが、様々な視点で見られて面白いのかもしれません。普段、映画は一人でじっくり見るタイプですが、これはホームシアターで友達と一緒に楽しめそうです。

 食べ物をモチーフに描いているからか、気になるシーンは不思議と食べ物がらみ。例えば、部屋に忍びこんだ父親を見つけて、娘が激怒する場面。娘は、鍋に入ったパスタ麺を投げつけます。2人は対照的な性格ながら、やっぱり親子。同じギャグセンスを垣間見ました。

聞き手・木谷恵吏

 

  監督・脚本=マーレン・アデ
  製作=独・オーストリア
  出演=ペーター・ジモニシェック、ザンドラ・ヒュラーほか
かとう・やすみ
 1976年生まれ。絵本「ともだちやま」「きょうのごはん」、近著に「クレヨンで描いた おいしい魚図鑑」など。

(2019年2月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
長江青さん(PRディレクター、絵本作家)「ライフ いのちをつなぐ物語」(2011年)

長江青さん(PRディレクター、絵本作家)
「ライフ いのちをつなぐ物語」(2011年)

これは、地球上の様々な場所で暮らす生き物の姿を、「生きること=生き抜くこと」にフォーカスして撮影したドキュメンタリーです。

井上奈奈さん(画家、絵本作家)「ミスター・ロンリー」(2007年)

井上奈奈さん(画家、絵本作家)
「ミスター・ロンリー」(2007年)

「ミスター・ロンリー」はタイトル通り憂鬱で美しい映画です。一見関係のない二つの物語が一つの映画として描かれ、信仰心に潜む悲哀が二つをつないでいます。

桐竹勘十郎さん(人形浄瑠璃文楽人形遣い)「チキ・チキ・バン・バン」(1968年)

桐竹勘十郎さん(人形浄瑠璃文楽人形遣い)
「チキ・チキ・バン・バン」(1968年)

15歳で文楽の初舞台を踏んだ頃、生まれて初めて見たミュージカルでよく覚えています。

竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

新着コラム 一覧を見る
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

ご当地キャラ大集合

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

ご当地キャラ大集合

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。