私の描くグッとムービー

名嘉睦稔さん(版画家)
「ひまわり」(1970年)

ひまわりの下に眠る戦争犠牲者

 第2次世界大戦によって引き裂かれた男女の物語。ジョバンナとアントニオはナポリの海岸で出会い、愛し合って結婚するけれど、アントニオはイタリア軍に徴兵されて、対ソ連戦線に送られてしまい、大戦後も行方が分からない。実は戦場の過酷な体験によって記憶を失い、助けてくれたロシア娘と結婚し、現地で暮らしていたんです。

 僕の故郷、沖縄でも、地上戦によって記憶をなくした人がいた。人は生命の危機に陥ったときに、体の装置がショートするような現象が起こるみたい。だからアントニオの境遇もあり得るだろうな。

 この映画の冒頭とラストに登場するひまわり畑が、ずっと記憶に残っています。幹が太くて花が人間の顔くらいでかいひまわりが、広大な空間に咲いている光景が強烈で。中盤、アントニオを探しにソ連に来たジョバンナを、役人がひまわり畑に案内して、「(畑の下には)イタリア兵、ロシア人、ドイツ人が埋まっています。無数のロシアの農民や老人、女性、子どもも」と言う。すると、ひまわりが人間っぽく思えてきて。

 ひまわりって実が成熟すると重みが増して垂れてくるけど、後ろから見ると、うなだれた人間が立ってるようでおもしろい。明るく力強い背後に深い悲しみを感じます。僕は気がつくと今までにひまわりの絵を100枚くらい描いてきた。歓喜する生と、どうしようもない悲哀や死が隣り合わせているような絵を描きたいと思うんです。

聞き手・上江洲仁美

 

  監督=ビットリオ・デ・シーカ
  製作=伊・仏
  出演=ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニほか
なか・ぼくねん
 1953年、沖縄・伊是名(いぜな)島生まれ。3月29日~7月15日に沖縄・北谷町のボクネン美術館で個展「異郷の風」を開催。

(2019年3月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
飯野和好さん(絵本作家)「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

飯野和好さん(絵本作家)
「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

子どもの頃は邦画といえば時代劇、洋画といえば西部劇でしたね。

佐藤好春さん(アニメーター)「ダイ・ハード」(1988年)

佐藤好春さん(アニメーター)
「ダイ・ハード」(1988年)

当時のアクション映画にはめずらしく、普通のおじさんの主人公が体を張って悪と闘います。

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)「バンデットQ」(1981年)

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)
「バンデットQ」(1981年)

僕の漫画家デビューは25歳。漫画雑誌「ガロ」(2002年休刊)でした。高校生の頃に一度、ガロに持ち込みをして、当時の編集長に「映画を見て話作りの勉強をしなさい」と言われ、1~2年ほど映画を見まくりました。そんな時期にこのSFファンタジー映画と出会ったんです。

榎本マリコさん(イラストレーター、画家)「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

榎本マリコさん(イラストレーター、画家)
「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

 スウェーデン郊外の閉鎖的な町で、いじめを受けている12歳の少年オスカーが主人公。夜にひとりで復讐する妄想をして、憂さ晴らしをしています。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

5月17日 注目グッズ
「メレンゲスティック」など

泡立てた卵白を使って、ふわふわのオムレツやパンケーキを作ってみない?

「清芳亭」の湯の花饅頭

オトコの別腹

渋川清彦さん
「清芳亭」の湯の花饅頭(まんじゅう)

お菓子ってあんまり食べないんですよね、俺。甘いものは好きで食べるというより、頭を働かせたいなとか、疲れたなとか、そういうときに摂取する感じですね。

「蒙古タンメン中本」の冷し味噌ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

森山愛子さん
「蒙古(もうこ)タンメン中本」の
冷し味噌(みそ)ラーメン

とにかくすーっごく辛いんです! でも辛いだけじゃなくうまみがあるんです。

テクノコスモス 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

アートリップ

テクノコスモス
 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

JR蒲田駅に隣接する大田区役所には、知る人ぞ知る吹き抜け空間がある。3~11階の高さ約30メートル。上層階からのぞき込むと、ぴんと張ったワイヤに、銀色の様々な物体が。よく見るとそれは、工業部品だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。