私の描くグッとムービー

名嘉睦稔さん(版画家)
「ひまわり」(1970年)

ひまわりの下に眠る戦争犠牲者

 第2次世界大戦によって引き裂かれた男女の物語。ジョバンナとアントニオはナポリの海岸で出会い、愛し合って結婚するけれど、アントニオはイタリア軍に徴兵されて、対ソ連戦線に送られてしまい、大戦後も行方が分からない。実は戦場の過酷な体験によって記憶を失い、助けてくれたロシア娘と結婚し、現地で暮らしていたんです。

 僕の故郷、沖縄でも、地上戦によって記憶をなくした人がいた。人は生命の危機に陥ったときに、体の装置がショートするような現象が起こるみたい。だからアントニオの境遇もあり得るだろうな。

 この映画の冒頭とラストに登場するひまわり畑が、ずっと記憶に残っています。幹が太くて花が人間の顔くらいでかいひまわりが、広大な空間に咲いている光景が強烈で。中盤、アントニオを探しにソ連に来たジョバンナを、役人がひまわり畑に案内して、「(畑の下には)イタリア兵、ロシア人、ドイツ人が埋まっています。無数のロシアの農民や老人、女性、子どもも」と言う。すると、ひまわりが人間っぽく思えてきて。

 ひまわりって実が成熟すると重みが増して垂れてくるけど、後ろから見ると、うなだれた人間が立ってるようでおもしろい。明るく力強い背後に深い悲しみを感じます。僕は気がつくと今までにひまわりの絵を100枚くらい描いてきた。歓喜する生と、どうしようもない悲哀や死が隣り合わせているような絵を描きたいと思うんです。

聞き手・上江洲仁美

 

  監督=ビットリオ・デ・シーカ
  製作=伊・仏
  出演=ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニほか
なか・ぼくねん
 1953年、沖縄・伊是名(いぜな)島生まれ。3月29日~7月15日に沖縄・北谷町のボクネン美術館で個展「異郷の風」を開催。

(2019年3月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。