私の描くグッとムービー

谷口智則さん(絵本作家)
「ブリキの太鼓」(1979年)

大戦下 成長を拒む3歳児の視点

 原作は、ドイツの作家ギュンター・グラスの代表作。ダンチヒ(現ポーランド・グダニスク)を舞台に、自ら3歳で成長を止めてしまった主人公オスカルの目線を通し、ナチス台頭から敗戦の混乱期にひずむ社会や人間模様、生と死、愛などが生々しく描かれています。

 オスカルは、母親の胎内に宿る前から知能を授かり、汚れた外界や悲観的な未来に嫌悪を抱いて生まれてきます。母親の「3歳になったらブリキの太鼓をあげるわ」という言葉を一筋の光明に、3歳までは発育することに。太鼓を手に入れると、猥雑な大人への途を断つために階段から身を投げ、成長を止めてしまう。また、奇声を発してガラスを割る特殊な力も備えます。

 主人公にすごく共感を覚えましたね、子どものままがいいって。劇中、オスカルは太鼓を肌身離さず持ち歩き、取り上げられそうになると奇声を上げて抵抗するんです。大人になれば「好き」だけじゃままならなくなるから。僕が映画を見たのは大学生で、夢と現実のはざまで揺れていた頃。社会へ踏み出す不安だとか葛藤なんかもリンクして、とても心に印象づけられた作品です。

 僕ね、絵本作家になるために日本画を専攻したんです。明るすぎない色と余白にひかれて。オスカルが見た世界と同じ、世の中はクリアなことだけじゃないし、影の無い人もいない。だから、僕は黒い紙に光を与えるように描くし、見る人の想像の余地を奪わないように全てを埋め尽くさない。その感性が、オスカルを乗せて汽車が走り去る場面に表された気がする。

(聞き手・井本久美)

  監督=フォルカー・シュレンドルフ
  原作=ギュンター・グラス
  製作=西独・仏
  出演=ダビット・ベネントほか
たにぐち・とものり
 金沢美術工芸大卒。「サルくんとお月さま」でデビュー、仏や伊でも絵本を出版。代表作に「100にんのサンタクロース」(文溪堂)など。

(2019年5月31日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

ますこえりさん(イラストレーター) 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

ますこえりさん(イラストレーター)
「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

田辺聖子さんの短編小説が原作です。平凡な大学生の恒夫と、足が不自由で祖母が押す乳母車に人目を忍ぶように乗る少女ジョゼの恋愛物語。

町田ヒロチカさん(イラストレーター)
「トワイライトゾーン 超次元の体験」
(1983年)

1959年~60年代前半にアメリカで放送されたSFテレビシリーズの映画版です。プロローグの後に「チャラリラチャラリラ」という怪しげなテーマ曲とナレーションが流れ、四つのストーリーが始まります。

東直子さん(歌人・作家)「いつか読書する日」(2004年)

東直子さん(歌人・作家)
「いつか読書する日」(2004年)

朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の大場美奈子という独身女性が主人公の恋愛映画です。高校生の時、好きだった同級生・高梨槐多の父と自分の母が不倫をしていて、交通事故で2人とも一緒に死んでしまったという過去を抱えながら、今も同じ町で静かに暮らしています。

新着コラム 一覧を見る
『ぐらんぶる』が実写化

シネマNEWS

『ぐらんぶる』が実写化!原作は累計発行部数440万部突破“異色の”人気コミックス!

講談社「good!アフタヌーン」にて2014年4月から連載中の原作:井上堅二、漫画:吉岡公威(きみたけ)のコンビによる漫画「ぐらんぶる」はボケ・ギャグ・つっこみ満載!命がけのキャンパスライフを描く青春コメディ。

“独身・彼女なし”田中圭の恋人は花!?

シネマNEWS

“独身・彼女なし”田中圭の恋人は花!?不器用すぎる片想いたちによる“メロウ”な本予告映像解禁!

『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019 年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、2020 年1 月17 日(金)に全国公開。

「銀座 よし田」の鴨せいろ

おんなのイケ麺(めん)

春本由香さん
「銀座 よし田」の鴨せいろ

実家では大みそかになると、必ずこちらで年越しそばをいただいていました。父(六代目尾上松助)の生前、家族でよくうかがった、思い出の詰まったお店です。

「仁井田本家」のこうじチョコ

オトコの別腹

鈴木心さん
「仁井田本家」のこうじチョコ

故郷の福島県郡山市の酒蔵で作られている素朴なお菓子です。見た目はチョコレート。だけどカカオは入っていません。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。