私の描くグッとムービー

谷口智則さん(絵本作家)
「ブリキの太鼓」(1979年)

大戦下 成長を拒む3歳児の視点

 原作は、ドイツの作家ギュンター・グラスの代表作。ダンチヒ(現ポーランド・グダニスク)を舞台に、自ら3歳で成長を止めてしまった主人公オスカルの目線を通し、ナチス台頭から敗戦の混乱期にひずむ社会や人間模様、生と死、愛などが生々しく描かれています。

 オスカルは、母親の胎内に宿る前から知能を授かり、汚れた外界や悲観的な未来に嫌悪を抱いて生まれてきます。母親の「3歳になったらブリキの太鼓をあげるわ」という言葉を一筋の光明に、3歳までは発育することに。太鼓を手に入れると、猥雑な大人への途を断つために階段から身を投げ、成長を止めてしまう。また、奇声を発してガラスを割る特殊な力も備えます。

 主人公にすごく共感を覚えましたね、子どものままがいいって。劇中、オスカルは太鼓を肌身離さず持ち歩き、取り上げられそうになると奇声を上げて抵抗するんです。大人になれば「好き」だけじゃままならなくなるから。僕が映画を見たのは大学生で、夢と現実のはざまで揺れていた頃。社会へ踏み出す不安だとか葛藤なんかもリンクして、とても心に印象づけられた作品です。

 僕ね、絵本作家になるために日本画を専攻したんです。明るすぎない色と余白にひかれて。オスカルが見た世界と同じ、世の中はクリアなことだけじゃないし、影の無い人もいない。だから、僕は黒い紙に光を与えるように描くし、見る人の想像の余地を奪わないように全てを埋め尽くさない。その感性が、オスカルを乗せて汽車が走り去る場面に表された気がする。

(聞き手・井本久美)

  監督=フォルカー・シュレンドルフ
  原作=ギュンター・グラス
  製作=西独・仏
  出演=ダビット・ベネントほか
たにぐち・とものり
 金沢美術工芸大卒。「サルくんとお月さま」でデビュー、仏や伊でも絵本を出版。代表作に「100にんのサンタクロース」(文溪堂)など。

(2019年5月31日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。