私の描くグッとムービー

鈴木のりたけさん(絵本作家)
「LIFE!/ライフ」(2013年)

心揺さぶる言葉を胸に、生きる

 数多くの報道写真家が作品を発表した米国のフォト・ジャーナリズム雑誌「ライフ」。その出版元で写真整理係として働く妄想癖のある主人公が、最終号の表紙を飾る写真のネガの在りかを知るカメラマンを捜す過程で予想外の事態に巻き込まれ、人生を一変させていく物語です。

 映画で描かれるタイム・ライフ社のスローガンにビビッときました。「……TO SEE BEHIND WALLS, TO DRAW CLOSER,(壁の裏側をのぞこう もっと近づこう)……」なんて、今の時代はあまり言わないだろうけど、それぐらいのハングリー精神で行った方が人生は楽しい。そういう思いを伝えたくて絵本を描き始めたという初心を、このスローガンがズバッとクリアにして再確認させてくれました。

 「人生」っていうテーマを真面目に映画で語っても多分伝わりにくい。だけど、この映画はさらりとした笑いがたくさん織り込まれていて、観客を引き込む中でテーマが伝わってくるのが好きです。音楽もかっこいい。泥酔した操縦士が飛ばすヘリコプターに主人公が意を決して飛び乗る場面でデビッド・ボウイの「スペース・オディティ」が使われていて、曲の世界観が映画にぴったり。

 今回描いたのは、物語の途中で訪れるアイスランドの火山帯。美しく荒涼とした景色が見る人に自分との対話を突きつけ、印象的でした。この場面のスローガン「TO SEE THE WORLD(世界を見よう)……」は、自分を高みへ導いてくれる道しるべ。そういう風になりたいと、自分の身に引き寄せて共感できた映画です。

(聞き手・小松麻美)

  監督=ベン・スティラー
  製作=米
  出演=ベン・スティラー、ショーン・ペン、クリステン・ウィグほか
すずき・のりたけ
 1975年浜松市生まれ。近著に「やっぱり・しごとば」(ブロンズ新社)、「へんがおたいそう」(NHK出版)ほか。

(2020年4月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
荻原浩さん(作家)「きっと、うまくいく」(2009年)

荻原浩さん(作家)
「きっと、うまくいく」(2009年)

インド映画に興味を持つきっかけになった作品です。ジブリ作品や恐竜映画も好きですが、人に薦めるならこれですね。

岡田千晶さん(絵本作家)「ラ・ラ・ランド」(2016年)

岡田千晶さん(絵本作家)
「ラ・ラ・ランド」(2016年)

夢を追う人たちを応援する映画です。成功するしないにかかわらず、夢をかなえるためにひたむきになる。

ウド鈴木さん(タレント)「赤毛のアン・完全版」(1986年)

ウド鈴木さん(タレント)
「赤毛のアン・完全版」(1986年)

「赤毛のアン」は、奇想天外な発想を持つアンが人と会って成長していく話です。僕は、子供のころにアニメを見て好きになり、20代半ば過ぎに、カナダのドラマを映画化した完全版の上映があるということで映画館に見に行きました。

島田虎之介さん(漫画家)<br>「突破口!」(1973年)

島田虎之介さん(漫画家)
「突破口!」(1973年)

子どもの頃、テレビで洋画劇場が放映されていて。どんな作品でも欠かさず見ていましたね。おかげで見る目が養われた、幸福な時代でした。

新着コラム 一覧を見る
プラスチックの海

シネマNEWS

レオナルド・ディカプリオ製作総指揮、ドキュメンタリー映画『プラスチックの海』

環境保護活動にも熱心な俳優のレオナルド・ディカプリオも製作総指揮に名を連ね、また、国連総会で短縮版がプレミア上映もされたドキュメンタリー映画『プラスチックの海』の公開が決定!ポスタービジュアルも到着した。

ライフ・イズ・カラフル

シネマNEWS

人気絶頂のビートルズも愛用!

『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』より、人気絶頂だった若き日のビートルズと、新進気鋭のデザイナーだったころのピエール・カルダンとの関りが分かる貴重な本編映像が解禁された!

ブームの卵

ブームの卵

9月18日 注目グッズ
「サテンデ」など

「サテンデ」(使用時幅13.2×奥行き17.2×高さ10.5センチメートル、収納時幅13.5×奥行き17.5×高さ2センチメートル、2970円)は、コンパクトな収納ケースから本体を引き出して組み立てて、新幹線や飛行機の小さなテーブルでもマルチに使える携帯式ブックスタンドだよ☆

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族

シネマNEWS

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』公開決定!

世界的動物写真家・岩合光昭がネコの目線で世界の街角のネコを撮影し、“ネコも楽しめるネコ番組!?”として大人気のNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。