私の描くグッとムービー

瀧川鯉八さん(落語家)
「息子」(1991年)

上京、就職・・・心に染みたビールの味

 岩手に暮らす父と、上京して自由に過ごす末っ子・哲夫の家族の物語。でも家族より、哲夫が働く工場のおじさんたちとのシーンのほうが印象的です。僕も田舎から出てきているし、重なるところがあったのかも。また、全編を通してお酒を飲むシーンも心に残っています。

 鉄工所で肉体労働のアルバイトをする哲夫。従業員のおじさんたちから期待されていなかったけれど、やがて正社員になるんです。この仕事を哲夫のような若者が選んだことで、おじさんたちは自らの存在を認めてもらえたとうれしくなり「飲みに行こう」って哲夫を誘います。居酒屋で乾杯して、笑顔のおじさんたちと照れくさそうな哲夫。今まで見た映画の中で一番ビールがおいしそうに見えました。

 一方で、お母さんの一周忌で親戚が集まって飲むシーン。最初は和やかでも、酒が回ると誰かが嫌なことを言い出す。僕もふるさとの鹿児島に帰ると親族に会えて最初は楽しいものの、時間が経つとそんな感じになることも。皆で集まるとき、長時間はよくないのかもって思います。

 上京してきた父と2人、哲夫の狭いアパートで缶ビールを飲むシーンもよかった。僕の父は真面目で頑固。落語家になるときもこっぴどく怒られるかと思いきや、「働いている姿が見られる」と意外にも喜んでくれました。最近、僕の落語を配信で見ているようですが「母さんの話はするのに、俺の話は全然しないんだよ」って、母親経由で感想が送られてきます。父の皮肉屋なところとか、気付いたら僕も似てきたなあ。

(聞き手・片山知愛)

 

  監督=山田洋次
  脚本=山田洋次、朝間義隆
  出演=三國連太郎、永瀬正敏、和久井映見ほか
たきがわ・こいはち
 2006年、瀧川鯉昇に入門、10年二ツ目、20年に真打昇進。21年、花形演芸大賞金賞受賞。独特の世界観の創作落語を得意とする。

(2021年10月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
小倉久寛さん(俳優)「ブルース・ブラザース2000」(1998年)

小倉久寛さん(俳優)
「ブルース・ブラザース2000」(1998年)

米国から帰国する飛行機の中で、この映画の公開直前に見ることができたんですよ。

平野ノラさん(お笑い芸人)「ジョー・ブラックをよろしく」(1998年)

平野ノラさん(お笑い芸人)
「ジョー・ブラックをよろしく」(1998年)

当時、ブラッド・ピットが大好きで出演する映画は全部見ていました。ブラピのかっこよさや美しさにうっとりするだけじゃなく、愛や人生の本質を突いた名言がたくさんちりばめられた映画で、約3時間という上映時間の長さを感じさせないくらい引き込まれました。

さか井美ゆきさん(イラストレーター・刺繍作家)「マルタのやさしい刺しゅう」(2006年)

さか井美ゆきさん
(イラストレーター・刺繍作家)
「マルタのやさしい刺しゅう」(2006年)

在住の米サンフランシスコは好きな単館系映画の公開が少なく、日本に帰った時に映画館をハシゴします。

大石真理子さん(弁当店「アホウドリ」代表)「プリシラ」(1994年)

大石真理子さん(弁当店「アホウドリ」代表)
「プリシラ」(1994年)

オーストラリアの広大な大地をミッチ、バーナデット、フェリシアの3人のドラァグクイーンが中古のバス「プリシラ号」に乗って旅するロードムービーです。見た後に希望を感じる物語で、砂漠の中の道なき道を行く様子が今の世の中とリンクしている気がします。

新着コラム 一覧を見る
 (C)2022「アキラとあきら」製作委員会

シネマNEWS

池井戸潤の名作「アキラとあきら」が竹内涼真×横浜流星、初タッグW主演で映画化!

「半沢直樹」「陸王」など数々の大ベストセラーを生み出してきた日本を代表する作家・池井戸潤。

(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

シネマNEWS

豪華声優陣が帰ってくる!『SING/シング:ネクストステージ』吹替版本予告解禁!

『SING/シング』から5年。待望の最新作『SING/シング:ネクストステージ』。

(C)2019 FILM RUN and LITTLE BIG PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

シネマNEWS

韓国と小樽を舞台に、20年前の自分と向き合う心の旅を描く『ユンヒへ』

2019年、第24回釜山国際映画祭のクロージングを飾り、2020年には韓国のアカデミー賞ともいえる青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞をW受賞した話題の韓国映画『ユンヒへ』より、日本版予告編が解禁された。

「明月堂」の博多通りもん

オトコの別腹

村雨辰剛さん
「明月堂」の博多通りもん

 外国人の友人の中にはあんこが苦手な人もいますが、僕は和菓子が大好きです。味はもちろん、特に日本のお茶との相性の良さが気に入っています。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。