ご当地キャラ大集合

400年の眠りから覚めた妖(あや)かし

カムロちゃん(千葉県佐倉市)

カムロちゃんのコンセプトは「ゆるキャラ以上、萌(も)えキャラ未満」。400歳ながらツイッターを使いこなして佐倉の魅力を発信します

カムロちゃんのコンセプトは「ゆるキャラ以上、萌(も)えキャラ未満」。400歳ながらツイッターを使いこなして佐倉の魅力を発信します

  • カムロちゃんのコンセプトは「ゆるキャラ以上、萌(も)えキャラ未満」。400歳ながらツイッターを使いこなして佐倉の魅力を発信します
  • 大妖術「三次元」で絵から飛び出し、武家屋敷・旧但馬家住宅の庭を眺めるカムロちゃん。まるで江戸時代の佐倉にタイムスリップしたかのよう
  • コミュニティーカフェ「STaD Cafe」の「佐倉丼special」は、ご当地グルメ「佐倉丼」と地元の野菜を使ったサラダプレートなどのセット
  • 市広報紙「こうほう佐倉」に連載されていた四コマ漫画「ふりむけばカムロちゃん」の最終回(2018年4月1日号)

 首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第1回は千葉県佐倉市の「カムロちゃん」です。

 カムロちゃんは佐倉の歴史から生まれたご当地キャラです。おかっぱ頭がトレードマークですが、こう見えても400歳。江戸時代、佐倉城内の下屋敷書院にあった杉の板戸に描かれた絵から抜け出して遊ぶ伝承上の妖かしをモチーフにしています。佐倉藩は、譜代大名の土井利勝が築いた佐倉城を中心に城下町が栄えました。江戸時代中期以降はおおむね11万石ありました。幕府の老中職につく譜代大名を多く輩出し、幕末には日本を開国へ導いた老中の堀田正睦(まさよし)も佐倉藩の藩主でした。市内には佐倉城址(じょうし)公園や武家屋敷などが残り、江戸情緒をいまに伝えています。

 土井利勝が藩主となった1610年から400年となる2010年を前に、市は「歴史のまち」のイメージを重視したキャラクターづくりの検討を始めました。市内の漫画家、誰(すい)かさんの協力で、佐倉藩士の渡辺善右衛門が江戸時代の佐倉城下の自然や風俗などを記録した「古今佐倉真佐子(ここんさくらまさご)」に登場する妖かしのかむろをもとにしたご当地キャラを考案しました。10年1月、市広報紙「こうほう佐倉」に掲載を始めた四コマ漫画「ふりむけばカムロちゃん」でデビュー。同年4月「佐倉・城下町400年記念事業」のイメージキャラクターになりました。11年2月には、ツイッターアカウント(@kamurochan)を開設。11月の「時代まつり」では「大妖術・三次元で絵から飛び出し」(市広報課)ファンの前に登場しました。

きゃわ和

 18年3月まで市内各地で催された「佐倉・城下町400年記念事業」が幕を閉じてからも「佐倉おもてなしキャラクター」として、歴史や文化など城下町・佐倉の魅力を発信しています。

 同年2月には、栃木県栃木市のご当地キャラ「とち介」、水戸市の「みとちゃん」と和をテーマにしたマスコットサークル「きゃわ和」を結成。のちに山形県新庄市の「かむてん」、福井市の「朝倉ゆめまる」も加わり、各地のイベントに参加して一緒に地元をPRしています。

 カムロちゃんからメッセージをいただきました。

カムロちゃんアイコン

「佐倉は、千葉県で唯一の日本100名城、わちも棲(す)んでいた佐倉城の城下町ぢゃ。いつ来ても魅力い~っぱいの佐倉に、ぜひ遊びに来ての♪」

 佐倉はもちろん各地のイベントに行けば、絵から現実の世界へ抜け出したカムロちゃんがあなたをおもてなししてくれるかもしれませんよ。

(大野紗弥佳)

 

memo

佐倉市 データ

・1954年3月31日、6町村が合併し誕生
・人口 17万6059人 (2018年3月31日時点)
・面積 103.69平方キロメートル

・市ゆかりの著名人
 長嶋茂雄(元プロ野球選手・監督)、浅井忠(洋画家)、
BUMP OF CHICKEN(ロックバンド)ら。
 2018年4月、「佐倉親善大使」にモンキー・パンチ(漫画家)、高橋真琴(画家)、荻野目洋子(歌手)、佐藤優香(トライアスロン選手)の4人が就任しました。

 

<1> <2> <3>

(2018年5月31日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ご当地キャラ大集合」の新着記事 一覧を見る
ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(2)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(2)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(3)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(3)

新着コラム 一覧を見る
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

東京オペラシティ アートギャラリー

気になる一品

東京オペラシティ アートギャラリー

はっきりした輪郭線が特徴の英国の美術家ジュリアン・オピーの個展(9月23日まで)が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催中。

柳原義達「犬の唄」/中谷ミチコ「犬の唄」

美博ノート

柳原義達「犬の唄」/中谷ミチコ「犬の唄」

彫刻家・中谷ミチコ(1981~)は17歳の時、同・柳原義達(1910~2004)の彫像「犬の唄」=写真左は石膏原型=を見て、この道を志した。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。