私のイチオシコレクション

襖(ふすま)絵 串本応挙芦雪館

南紀でのびのびした画風に

長沢芦雪「龍図襖」(部分) 紙本墨画 1786年

長沢芦雪「龍図襖」(部分) 紙本墨画 1786年

  • 長沢芦雪「龍図襖」(部分) 紙本墨画 1786年
  • 長沢芦雪「唐子遊図襖」(部分) 紙本墨画淡彩 1786年

 当館は本州最南端の町、和歌山県串本町の無量寺境内にあります。収蔵品の中心は、「奇想の画家」の一人、長沢芦雪(ろせつ)(1754~99)が無量寺のために描いた障壁画35面で、いずれも国の重要文化財です。

 なかでも、生涯の傑作と言われるのが「虎図・龍図襖」(計12面)。本堂の仏間とそれに続く部屋に、虎と龍が向かい合うように描かれました。「一夜にして完成していた」という伝説が残るほど、筆に勢いがあります。龍は上半身だけで、大きな爪がすごい迫力ですよね。

 現在、本堂にはデジタル再製画をはめています。虎が岩陰から、龍が雲間からまさに飛び出してきた瞬間を表した構図は、仏間を前に祈りを捧げるとき、仏の使いのように見え、神聖で緊張感のある空間を生み出します。

 芦雪が、師匠・円山応挙の代理として京都からこの地へ来たのは、86年10月。翌年2月まで滞在し、多くの絵を描きました。写生を重視する円山派で学び、テクニシャンだった芦雪ですが、ここ南紀に残る作品はのびのびとした作風が目を引きます。豊かな自然に囲まれ、温暖な気候の南紀で、自身の画風を確立する礎を築いたのです。

 じゃれ合う犬の子や、絵を描いたり字の練習をしたりする子どもらが描写された「唐子遊図(からこあそびず)襖」(8面)は、私ら禅の修行をかじった者には「犬の子も人の子も同じか」という禅問答が見えてきます。芦雪は禅僧とも親交が深く、作品にはその影響もあると考えられます。

(聞き手・牧野祥)


 《串本応挙芦雪館》 和歌山県串本町串本833(TEL0735・62・6670)。午前9時半~午後4時半。1300円。2作品の実物は、雨の日を除き、館収蔵庫で鑑賞できる。臨時休館あり。

八田さん

館長 八田尚彦

 はちだ・しょうげん 兵庫県出身。2004年から無量寺(臨済宗東福寺派)の住職。在館時は、訪れた人に展示物の説明もする。

(2019年2月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
東洋医学書 九州国立博物館

東洋医学書 九州国立博物館

鍼灸(しんきゅう)や漢方薬などの東洋医学は古代、中国から伝わり、日本で独自に発展しました。その指南書は中国、朝鮮の医術や思想を色濃く反映しています。

富士山 静岡県立美術館

富士山 静岡県立美術館

富士山を擁する静岡県の美術館として、富士山が題材の作品約80点を所蔵。2月23日の「富士山の日」にちなんだ企画展を開催し、一部を公開しています。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

文字アート 北海道立函館美術館

文字アート 北海道立函館美術館

なにしろ広い北海道。各地の道立美術館では、地域ゆかりの作品収集が大きなテーマです。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。