私のイチオシコレクション

クラシックカー トヨタ博物館

所作までも考えた優雅な形

ドラージュ タイプD8-120 1939年

ドラージュ タイプD8-120 1939年

  • ドラージュ タイプD8-120 1939年
  • トヨタ 2000GT MF10型 1968年

 ガソリン自動車の歴史が始まって約130年と言われています。当館では、19世紀後半から2010年代までに欧米日で作られた約550台の自動車を収蔵。150台を常設展示しています。主に製造から30年以上経った車をクラシックカーと呼んでいます。

 中でも人気なのが仏のドラージュ社が1939年に手がけた「D8―120」。緩やかにカーブを描くボディーの造形に目を奪われます。注目したいのは、前輪を覆うフェンダー(泥よけ)。この膨らんだ形状では、製造時に型が引っかかってきれいに抜くことができないはずです。しかし、そこが当時の職人の技と情熱。鉄板をいくつものパーツに分けて成型し、それをつないで、つなぎ目を消すように磨き上げています。指先ひとつで変速する小さなレバーやロングドレスでも優雅に乗り降りできるよう、前側が開くドアなど、乗る人の所作まで考え抜かれています。

 68年製造のスポーツカー「トヨタ 2000GT」は運転席から前が長く、後ろはすっきり。今はなかなかこんな比率の車は路上で見かけません。引き締まったアスリートのようです。

 古い車を見ると、製造背景を知らずとも、「かっこいい」とお客様が立ち止まります。普段量産品に囲まれているから、手間をかけたものに直感的にひかれているのかもしれません。モノの価値や普遍性を考えるヒントがクラシックカーにはあると思います。

(聞き手・井上優子)


 《トヨタ博物館》 愛知県長久手市横道41の100(TEL0561・63・5151)。午前9時半~午後5時(入館は30分前まで)。原則(月)休み。1000円。4月に、「クルマ文化資料室」が開設。約4千点を展示。

布垣さん

館長 布垣直昭

 ぬのがき・なおあき トヨタ自動車でレクサスを含む同社全体のデザイン戦略やブランディングを担当した。2014年から同館館長。

(2019年2月26日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
日本近代彫刻 台東区立朝倉彫塑館

日本近代彫刻 台東区立朝倉彫塑館

当館は、日本近代彫刻を牽引した朝倉文夫(1883~1964)の旧アトリエ兼住居。

円空仏 円空仏寺宝館

円空仏 円空仏寺宝館

江戸時代前期の僧・円空(1632~95)は美濃国(現在の岐阜県羽島市)に生まれ、諸国を遊行しながら、生涯で12万体とも言われる数の木彫の仏像を作りました。

砂像(さぞう) 砂の美術館

砂像(さぞう) 砂の美術館

鳥取砂丘の砂を用いた砂像を、延べ床面積3千平方メートルの建物内に展示しています。毎年春に作りかえるため、その時しか見られない一期一会のはかなさが魅力です。

シュールレアリスム 横浜美術館

シュールレアリスム 横浜美術館

平成元(1989)年開館の当館では、横浜港開港の1859年以降をテーマとし、西洋絵画、日本画、彫刻、写真、工芸など、あらゆるジャンルの美術作品1万2千点余りを所蔵しています。

新着コラム 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

私の描くグッとムービー

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。