私のイチオシコレクション

絣 文化学園服飾博物館

綿密な染め分け 至難の柄合わせ

パトラ「サリー」(部分) 19世紀末~20世紀初め 縦135×横400センチ

パトラ「サリー」(部分) 19世紀末~20世紀初め 縦135×横400センチ

  • パトラ「サリー」(部分) 19世紀末~20世紀初め 縦135×横400センチ
  • 久留米絣「布団地」 明治後期 縦217×横157センチ

 絣は、文様にそって糸束をくくるなどして防染し、染め分けて織り上げる染織技法。経糸を染める経絣、緯糸を染める緯絣、経緯両方の糸を染め分ける経緯絣があります。綿密な事前準備が必要で、特に経緯絣は経糸と緯糸の交差による模様合わせが難しく、インドの一部とインドネシアのバリ島、日本で作られています。世界の衣服や染織品を収集する当館は、約780点の絣を所蔵しています。

 パトラは、インド西部のグジャラート州で織られる絹の経緯絣。細かな文様と多彩な色が特徴で、花嫁衣装や儀礼布に使われます。民族衣装「サリー」に表現されたのは、縁起の良い白象やオウム、花。一般に、絣は柄の輪郭線がかすれてぼやける傾向がありますが、本作は輪郭をしっかりと出そうとしています。1・3メートルの広い幅で、数本の経糸と緯糸を交差させて柄を合わせるのは至難の業。しかも糸を赤や黄など5色に染め分けるために、くくりを何回も繰り返しています。世界各地の絣の中でも際立つ精緻さです。

 インド、東南アジア、琉球経由で本土にもたらされた絣は、江戸後期に木綿の普及とともに日本各地で発展しました。明治後期制作の久留米絣「布団地」も経緯絣で、藍と白を基調にした婚礼道具。反物幅の布5枚を縫い合わせ、一つの大胆な文様に仕立てています。日清・日露戦争の勝利に高揚した時代、「三国一」などの文字と、近代化を象徴する汽車や電信柱を取り入れた模様は斬新で、自信と気概を感じます。

(聞き手・上江洲仁美)


 《文化学園服飾博物館》 東京都渋谷区代々木3の22の7(問い合わせは03・3299・2387)。午前10時~午後4時半(入館は30分前まで)。原則(日)(祝)(休)、8月9日~18日休み。500円。2点は、展覧会「世界の絣」(9月10日まで)で展示。

村上佳代さん

学芸員 村上佳代

 むらかみ・かよ 1996年より現職。専門はアジアやアフリカ地域の服飾。企画展「衣服が語る戦争」「世界のビーズ」などを手がける。

(2019年7月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
ベルギー近代美術 姫路市立美術館

ベルギー近代美術 姫路市立美術館

ゲルマン系とラテン系の国に挟まれ、「ヨーロッパの十字路」とも呼ばれるベルギー。

幽霊画 全生庵

幽霊画 全生庵

近代落語の祖とされる落語家・初代三遊亭円朝(1839~1900)は、人情噺に加え怪談噺の名手でもありました。円朝の禅の師匠だった山岡鉄舟が創建したのが、この全生庵。

御幣 高知県立歴史民俗資料館

御幣 高知県立歴史民俗資料館

神霊が宿るための依代として供えられてきた御幣。高知県香美市の山深い物部地区を中心に伝わる、陰陽道や修験道、密教、神道が混然となった民間信仰「いざなぎ流」では、神楽や祈祷の際に計200種ほどの特徴的な形の御幣が用いられてきました。

雪国で出土、炎の造形美

縄文土器 十日町市博物館

縄文時代に日本各地で作られた縄文土器。その造形や文様は、時期、地域によってさまざまです。約5千年前の縄文中期には立体的な装飾の土器が増えますが、中でも火焔型土器は、燃え上がる炎のような意匠が特徴。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

8月23日 注目グッズ
「TAP TAPE(タップテープ)」など

「TAP TAPE(タップテープ)」は、ノートやアルバム、壁などにメモや写真を貼りたいときに役立つ、スタンプ式の両面テープだよ。

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

私の描くグッとムービー

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)
「6才のボクが、大人になるまで。」
(2014年)

一人の少年の6歳から18歳で独り立ちするまでを描いた成長物語。同じキャストを1年ごとに実際に12年かけて撮影しているんです。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。