私のイチオシコレクション

江戸時代の化粧道具 紅ミュージアム

おしゃれを超えた役割も

江戸時代の化粧道具 紅ミュージアム

右奥「色絵窓絵水仙文段重」 直径7・6×高さ10・2センチ。中央「染付桜文段重」 6×8・8センチ。左奥「染付微塵唐草文段重」 9・6×14・2センチ いずれも江戸時代後期

  • 江戸時代の化粧道具 紅ミュージアム
  • 江戸時代の化粧道具 紅ミュージアム

 身分の高い人しかしていなかった化粧が、庶民にも広まったのは江戸時代です。文政8(1825)年創業の紅屋・伊勢半本店が母体の当館では、今も変わらず続けている紅の製法とともに、日本の化粧史を紹介しています。400点ほどの展示品から、化粧道具の変化も見てとれます。

 おしろいの容器、「白粉三段重(おしろいさんだんじゅう)」は華やかな色絵も多く、有田焼の磁器などで作られました。当時のおしろいで人気があったのは鉛白(えんぱく)です。鉛なので体によくありませんが、きれいに仕上がり、安く手に入ったからでしょう。美容の指南書「都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)」に『白粉をとくことを第一とすべし』とあるように、水でよく溶くことが大切でした。三段重の一番下、底が深い段に水を入れ、上の2段はそれぞれ、おしろい入れと、水とおしろいを溶き合わせるために使いました。写真左奥の「微塵唐草文(みじんからくさもん)」は、初代歌川広重が描いた化粧をする女性の浮世絵にもみられ、はやりの文様だったとわかります。

 江戸時代の庶民の女性は、おしゃれや身だしなみのためだけに化粧をしていたのではありません。結婚するとお歯黒をして、出産すると眉をそり落とす。女性の社会的な立場がひと目でわかる、特別な役割を果たしていたのが「黒」の化粧です。

 お歯黒は、かまどの下などで発酵させた「お歯黒水(みず)」を使って行います。中身は米のとぎ汁、酢、酒、水あめ、さびた釘など独自の配合。これを「鉄漿沸(かねわかし)」で沸騰させて筆にとり、タンニンを含む「五倍子粉(ふしのこ)」と交互に歯に塗ると、鉄と結合して黒くなります。結婚が決まると、隣近所7軒からお歯黒水を分けてもらう「初鉄漿(はつかね)」の儀式でお祝いしました。

(聞き手・斉藤由夏)


 《紅ミュージアム》 東京都港区南青山6の6の20
 (問い合わせは03・5467・3735)。
 午前10時~午後6時(入館は30分前まで)。
 無料。
 (祝)(休)を除く(月)休み。
 6月30日まで臨時休館中。

井上美奈子

 学芸員 井上美奈子

 いのうえ・みなこ 自治体の埋蔵文化財調査担当を経て、2011年に伊勢半本店入社。前職で近世考古学に携わり、江戸時代の化粧道具に関心を持つ。伊勢半の社史調査も担当。

(2020年6月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
山の絵画 安曇野山岳美術館

山の絵画 安曇野山岳美術館

山好きだった亡父・水上巌が37年前、北アルプスのふもとで山の絵を鑑賞してほしいという思いから開いた小さな美術館です。山に入って描く山岳画やふもとから描いた風景画など約200点を収蔵しています。

鍋島緞通 鍋島緞通吉島家 緞通ミュージアム

鍋島緞通 鍋島緞通吉島家 緞通ミュージアム

江戸中期、佐賀の町人が長崎・出島で中国人から織りの技術を学び持ち帰ったのが鍋島緞通の始まりです。

水の表現 軽井沢千住博美術館

水の表現 軽井沢千住博美術館

日本画家・千住博(1958~)の代表的なモチーフである滝。千住の作品のみ約130点を収蔵する当館で12月まで開催中の「滝・滝・滝展」では、現在の表現に至るまでの様々な滝、水を表現した作品を見ることができます。

深海魚の標本 東海大学海洋科学博物館

深海魚の標本 東海大学海洋科学博物館

駿河湾に突き出た三保半島に位置する当館は、駿河湾の生き物の調査・研究を中心とした海洋科学の総合的な博物館です。

新着コラム 一覧を見る

ロゴ散歩

国立アイヌ民族博物館

北海道に先月オープンした、東北以北で初の国立博物館。

「眼をとじて」

美博ノート

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

川崎大師平間寺薬師殿(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

建モノがたり

川崎大師平間寺薬師殿
(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

川崎大師境内の南端で異彩を放つ薬師殿は、建築史家で長年にわたり古社寺保存に携わった大岡實さん(1900~87)が設計した

ボヤンシー眼差しの向こうに

シネマNEWS

『ボヤンシー眼差しの向こうに』公開決定!

ベルリン映画祭パノラマ部門、第92回アカデミー賞豪代表作品『 ボヤンシー 眼差しの向こうに 』公開決定!

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。