読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

奇石博物館

ハートの水晶・まんじゅう石…

夫婦水晶 長崎県奈留島産 縦横1~3㌢、厚さ3~5㍉
夫婦水晶 長崎県奈留島産 縦横1~3㌢、厚さ3~5㍉
夫婦水晶 長崎県奈留島産 縦横1~3㌢、厚さ3~5㍉ 饅頭石 鳥取県倉吉市産 直径約2㌢

 当館は、自然の不思議さを多くの人に伝えたいと初代館長の植本十一が、鉱物学者の益富寿之助博士の協力を得て1971年に開館しました。館名の「奇石」は文字通り奇妙な石。理科分野のなかでも地味な「石」や「地学」を楽しく学んでもらおうと約2千点の石を見た目やテーマで分類して展示しています。

 ハート形の「夫婦水晶」は、二つの単結晶が一定の条件で接合してできる双晶の一種です。二つの結晶は必ず84度33分の角度でくっつきます。
 奈留島(長崎県)産の夫婦水晶は数㌢から数十㌢の薄い石英脈中の、小さく膨らんだ「晶洞」から見つかります。晶洞の内部は粘土で満たされ、その粘土の中に小さな夫婦水晶が埋もれています。

 数十も折り重なるように発見されることもあり、奈留島にしか見られない産状です。特徴的な平たい形も含め、なぜそうなるかよくわかっていません。

 地下水中の二酸化ケイ素が六角柱状に結晶して固まった水晶は世界各地にありますが、双晶はかつて日本から多く産出しました。明治時代にドイツの岩石研究者・ゴールドシュミットが「日本式双晶(ジャパニーズツイン)」と名付け、世界にも知られるようになりました。

 まんじゅうにそっくりの「饅頭石」は、江戸時代から鳥取の大山付近での産出が知られます。京都のお菓子「五色豆」の中のニッキ味の豆に似ていることから、地元では「一色豆」とも呼ばれています。

 火山活動で噴出した軽石に含まれる黒雲母が分解、鉄やマンガンの酸化物が凝集して中心部の「あんこ」に。その周りに酸化アルミニウム(アルミナ)に富むギブサイトという鉱物が凝集し、きなこをまぶしたような表層部ができます。火山の多い日本では全国各地で見つかりますが、産地によって大きさが違います。

(聞き手・千葉菜々)


 《奇石博物館》静岡県富士宮市山宮3670(☎0544・58・3830)。午前9時~午後4時半(入館は30分前まで)。700円。水(祝の場合は翌日)休み。年末、冬季休業あり。2024年4月7日まで企画展「Birth Stone 誕生石展」開催中。

 奇石博物館
 http://www.kiseki-jp.com/

きたがき・としあき

副館長 北垣 俊明

 きたがき・としあき 1961年生まれ。日本大学文理学部で応用地学を専攻。卒業後は同大で6年間副手を務め、90年から同館勤務。

(2023年10月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 福田美術館 江戸時代から近代にかけての日本画をメインに約2千点のコレクションを所蔵しています。

  • 長崎歴史文化博物館 長崎は16世紀にキリスト教が伝来し、南蛮貿易の拠点として繁栄しました。長崎奉行所立山役所の跡地に立つ当館は、近世の海外交流史にまつわる資料を所蔵しています。

  • 佐喜眞美術館  「沖縄戦の図」は連作中最大の作品です。左上は米軍が最初に上陸した慶良間諸島での「集団自決」の場面。くわを振り上げる少年は、自身の姉の命を絶とうとしています。

  • 香美市立やなせたかし記念館 詩とメルヘン絵本館 やなせが創刊した雑誌「詩とメルヘン」

新着コラム