ひとえきがたり

真岡(もおか)駅(栃木県、真岡鉄道真岡線)

「SLのまち」を引き連れて

SLの形をした真岡駅舎(左)、SLキューロク館(右)を背に走るC12型のSLもおか号=栃木県真岡市台町

SLの形をした真岡駅舎(左)、SLキューロク館(右)を背に走るC12型のSLもおか号=栃木県真岡市台町

  • SLの形をした真岡駅舎(左)、SLキューロク館(右)を背に走るC12型のSLもおか号=栃木県真岡市台町
  • 地図

 ポーッ。3両の客車を引くC12型蒸気機関車(SL)が汽笛を長く大きくとどろかせると、車内やホームにいた家族連れやカップルから歓声があがった。

 「SLもおか号」が煙をはきながらゆっくりと下館方面へ走り出す。左には、SLをかたどった真岡駅舎と展示施設の「SLキューロク館」が並び、まるで3台のSLが並走しているかのようだ。

 真岡線に1994年、24年ぶりにSLが戻った。真岡市内の鉄道ファンらの要望で、市は周辺の4町と費用を出し合い福島県内にあったC12型を購入し、復元した。その後、市はC11型を新潟県内から購入。運行用のSLは2台になった。

 「SLが走るまち」をさらにアピールすべく、市は2013年にキューロク館を完成させた。土日祝日の1日3回、展示用の9600型を圧縮空気で動かして屋外に顔見せするデモンストレーションをする。今秋には静岡市からD51型も譲り受け、展示用のSLも2台になる。

 展示用9600型を動かすのは、初代館長の湯浅陽三さん(76)と現館長の岩見和男さん(67)だ。湯浅さんは、旧国鉄時代にSLの機関士だった経験を買われ、92年にJR東日本から第三セクターの真岡鉄道に移った。SL復活に向け、国やJRとの交渉、運行設備の整備、乗務員の養成を担ってきた。「日本の産業を牽引(けんいん)したSLの文化を大事にして、地元の活性化にもつなげたいね」

 いま、真岡鉄道には湯浅さんらの指導を受けて国家資格の甲種蒸気機関車運転免許を持つ職員が4人いる。最年少の篠崎伸二さん(34)は「石炭を燃やすので夏は暑くて大変。でも、機関士と機関助士、車掌のチームで運行する楽しさがあります」。湯浅さんの思いは、次世代に受け継がれている。

文 中村和歌菜撮影 谷本結利 

 興味津々  

 真岡線は下館駅(茨城県筑西市)と茂木駅(栃木県茂木町)を結ぶ41.9キロ。

 SLもおか号は年末年始を除く(土)(日)(祝)に1日1往復し、真岡駅を含む9駅に停車。乗車券と別途整理券(500円、小学生250円)が必要。

 真岡市の名物といえば、木綿とイチゴ。真岡駅から徒歩約15分の真岡木綿会館(TEL0285・83・2560)では、生産工程の見学、機織りと染色の体験(要予約、有料)ができる。

 国道294号沿いの道の駅にのみや(TEL0285・73・1110)は、2駅隣の久下田駅から車で約8分。イチゴをはじめとした農産物やデザートなどを販売する。

 

興味津々
益子焼きマグカップ

 SLキューロク館(TEL0285・83・9600)で販売する益子焼のマグカップ(2500円)は、9600型がモチーフ。SLもおか号で使われた石炭の灰を釉薬(ゆうやく)にブレンドしている。午前10時~午後6時。(火)((祝)の場合は翌日)休み。

(2015年5月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ひとえきがたり」の新着記事 一覧を見る
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

阿蘇山火口丘にある夜峰(よみね)山の裾野に、田園が広がる。その中を走ってきた列車が、十二角形の屋根を持つログハウス風駅舎の前で止まった。

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

城崎温泉駅から普通列車で西へ30キロ。トンネルを抜け、余部橋梁(きょうりょう)に差し掛かった瞬間、眼下に青々とした日本海が広がった。

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

田園風景を抜けると、重厚な佇まいの駅舎が現れる。欧州の建築様式を採り入れた瓦屋根の2階建て。1950年建造の駅舎は今取り壊し論争の渦中にある。

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

今年、世界遺産登録20周年を迎える宮島・厳島神社への玄関口。広電の電車を降りた人々が、JR宮島口駅からまっすぐ港へのびる道を歩いてくる人々と駅前ロータリーで合流し、足早にフェリー乗り場へと向かっていく。

新着コラム 一覧を見る
パリのどこかで、あなたと

シネマNEWS

パリに暮らす不器用な男女の出会いを描くフレンチ・ラブストーリー

現代フランス映画界を代表するセドリック・クラピッシュ監督の最新作『Deux Moi(原題)』が、邦題を『パリのどこかで、あなたと』として、12月11日(金)に公開することが決定した。

ブームの卵

ブームの卵

9月25日 注目グッズ
「Flowery Tale(フラワリーテール)」など

花は心が癒やされるけど花瓶を何種類もそろえるのは大変……。そんな人は本型の一輪挿し花瓶「Flowery Tale(フラワリーテール)」(幅10×奥行き3×高さ18.2センチメートル、3300円)を使ってみてはいかが?

私の描くグッとムービー

私の描くグッとムービー

みなはむさん(イラストレーター)
「彼の見つめる先に」(2014年)

描いたのは、恋人同士になった2人が自転車に乗って通りを疾走する最後のシーン。彼らなら、きっとどんな困難も共に乗り越えて一緒に生きていける。この映画の中で一番好きで心に残った場面です。

ミッドナイトスワン

シネマNEWS

草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に、各界の著名人から称賛のコメント到着!!

草彅剛主演、内田英治監督オリジナル脚本映画『ミッドナイトスワン』。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。