ひとえきがたり

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

田園のただ中、本と出会う

野焼きされた夜峰山を背に、トロッコ列車「ゆうすげ号」が駅を発車する=熊本県南阿蘇村中松

野焼きされた夜峰山を背に、トロッコ列車「ゆうすげ号」が駅を発車する=熊本県南阿蘇村中松

  • 野焼きされた夜峰山を背に、トロッコ列車「ゆうすげ号」が駅を発車する=熊本県南阿蘇村中松
  • 地図

 阿蘇山火口丘にある夜峰(よみね)山の裾野に、田園が広がる。その中を走ってきた列車が、十二角形の屋根を持つログハウス風駅舎の前で止まった。降車した女性たちが向かうのは、ホームの駅看板。沿線にわく水源をたたえる駅名の上に「日本一長い駅名」と書かれている。

 お目当ての記念撮影を終えて駅舎をのぞくと、図書室のような空間があった。「どちらからですか」。竹下恵美さん(26)と中尾友治さん(26)が迎える。2人は、駅舎で土日祝日に開く古本屋「ひなた文庫」の店主だ。

 中尾さんの故郷であるここ南阿蘇村には、図書館や書店がない。広島の大学で出会った竹下さんと、2年前に隣町へ移住。「心地よく読書できる場を作ろう」と語り合ってきた。竹下さんは出版社に勤めたこともある本好きだ。沿線の長陽(ちょうよう)駅で駅舎を活用したカフェがあることを知った2人は、村役場に古本屋作りを申請。昨年5月、ひなた文庫を開店した。

 古道具屋で見つけた戸棚と、木のリンゴ箱が本棚代わり。小説、実用書、雑誌など約千冊を並べる。一部は「卒業旅行計画」「ピクニック」などのテーマで毎週入れ替え、常連客も飽きさせない。

 午後、熊本市から家族連れが車で訪れた。「去年ここで絵本を買ったの」と熊沢希予ちゃん(9)。広島から来た祖母を案内した。線路脇の菜の花を揺らした風が、駅舎に吹き込む。日だまりのような心地よさに包まれた。

文 中村和歌菜撮影 桐本マチコ 

 「ひとえきがたり」は今回で終わります。

 沿線ぶらり  

 南阿蘇鉄道高森線は、立野駅(熊本県南阿蘇村)と高森駅(高森町)を結ぶ17.7キロ。3~11月の(土)(日)(祝)を中心にトロッコ列車が運行する。

 沿線には「名水百選」「平成の名水百選」に選ばれた水源地が点在する。白水高原駅から徒歩5分の寺坂水源は鉄橋の真下にある。ひなた文庫でふるまう紅茶は、池の川水源でその日午前中にくんだ水を使用。隣駅の中松駅から徒歩5分。南阿蘇白川水源駅から徒歩7分の白川水源は毎分約60トンの湧出(ゆうしゅつ)量を誇る。問い合わせは南阿蘇村企画観光課(0967・67・1112)。

 

興味津々
ひなた文庫

 ひなた文庫では竹下さんの手作りブックカバー(1500円)なども販売。(土)(日)(祝)の午前11時~午後4時。最新情報の確認や問い合わせはツイッターで。

(2016年3月29日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ひとえきがたり」の新着記事 一覧を見る
余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

城崎温泉駅から普通列車で西へ30キロ。トンネルを抜け、余部橋梁(きょうりょう)に差し掛かった瞬間、眼下に青々とした日本海が広がった。

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

田園風景を抜けると、重厚な佇まいの駅舎が現れる。欧州の建築様式を採り入れた瓦屋根の2階建て。1950年建造の駅舎は今取り壊し論争の渦中にある。

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

今年、世界遺産登録20周年を迎える宮島・厳島神社への玄関口。広電の電車を降りた人々が、JR宮島口駅からまっすぐ港へのびる道を歩いてくる人々と駅前ロータリーで合流し、足早にフェリー乗り場へと向かっていく。

川村駅(熊本県、くま川鉄道)

川村駅(熊本県、くま川鉄道)

観光列車「田園シンフォニー」が到着すると、名誉駅長・下田幸(みゆき)さん(93)が乗客を出迎えた。明るいピンクの口紅と指先のマニキュアがまぶしい。

新着コラム 一覧を見る
飯野和好さん(絵本作家)「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

私の描くグッとムービー

飯野和好さん(絵本作家)
「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

子どもの頃は邦画といえば時代劇、洋画といえば西部劇でしたね。

ブームの卵

ブームの卵

5月17日 注目グッズ
「メレンゲスティック」など

泡立てた卵白を使って、ふわふわのオムレツやパンケーキを作ってみない?

「清芳亭」の湯の花饅頭

オトコの別腹

渋川清彦さん
「清芳亭」の湯の花饅頭(まんじゅう)

お菓子ってあんまり食べないんですよね、俺。甘いものは好きで食べるというより、頭を働かせたいなとか、疲れたなとか、そういうときに摂取する感じですね。

「蒙古タンメン中本」の冷し味噌ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

森山愛子さん
「蒙古(もうこ)タンメン中本」の
冷し味噌(みそ)ラーメン

とにかくすーっごく辛いんです! でも辛いだけじゃなくうまみがあるんです。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。