ほくほく味さんぽ

麻布十番<1>気分で選べる、魅力の2店

旬の総菜から焼き肉弁当まで

アツアツで上品な味わいの人気メニュー「豚角煮丼」は、スープ付きだと903円

アツアツで上品な味わいの人気メニュー「豚角煮丼」は、スープ付きだと903円

  • アツアツで上品な味わいの人気メニュー「豚角煮丼」は、スープ付きだと903円
  • 周辺の雰囲気にもフィットする、センスがよくて落ち着きある外観
  • おいしそうなお総菜が並ぶショーケース。好きなものを自由に選べます
  • 笑顔もすてきな、マネージャーの坂田真知子さん
  • 定番メニューのカルビ弁当は、漬物もたっぷりで栄養バランス抜群
  • 白いデリバリーバイクが目印。オーダーは電話でも店内カウンターでも可能

 港区の中心部ともいえる麻布十番は、都会的で洗練された雰囲気と、昭和の雰囲気を残した人間的な親しみやすさが同居するすてきな街。今回の味さんぽは、そんな麻布十番編の1回目。ランチタイムなどに利用したい、新しいお店とおなじみの名店をご紹介します。

地図 まずは新しいお店から。麻布十番大通りを六本木方面に進み、暗闇坂との交差点を左折。最初の角を右に曲がり、さらに次の路地を右に入ると、正面におしゃれな白いお店が見えてきます。ここが、2013年2月にオープンした「おうちDELI」。和食を基本としながら、独自のアイデアを加えた手づくりのお総菜のお店です。

 季節ごとの旬の食材、そしてだしにこだわったお店。ショーケースに並んだおいしそうなお総菜は、栄養バランス抜群。そして、とてもやさしい味つけです。麻布十番で働く人たちだけでなく、近隣の住民にも愛用されているのは、できたてのお総菜を量り売りで買えるから。ちょっと一品追加したいなというときに、とても便利なのです。

 また、メニューの中から自由に選べる主菜1品、副菜2品と、定番の副菜、汁物がセットになった「自分ごはん」をはじめ、管理栄養士が栄養バランスを考えて提案してくれる定食セット「バランスごはん」などメニューも豊富。好みに応じて利用できます。

 なお店内にはテーブル席もあるので、すべてイートインもOK。木のテーブルで落ち着いて食事を楽しめるので、こちらも魅力的です。毎日のように訪れる常連さんも多いとのことですが、十分に納得できる気がします。

 厳選した国産豚肉をじっくり煮込んだ「豚角煮丼」(798円)は、手間をかけて脂をていねいに抜いているため、見た目よりもアッサリとした味わい。ふっくら炊きあがったご飯、そして付け合わせの温泉たまごとの相性も抜群です。

 さて、次にご紹介したいのは、定評ある味を気軽に楽しめるお店。麻布十番大通りを麻布十番駅方面へ戻り、2本目の角を右に曲がり、南麻布方面へ。緑地帯を左に見ながら少し進むと、右手に見えてくるのが「叙々苑(えん)キッチン麻布十番」です。

 言うまでもなく、高級焼き肉店「叙々苑」が経営するテークアウトとデリバリーのお店。叙々苑ならではの味をご家庭やオフィスでも味わっていただきたいという思いから、2002年11月にオープンしたのだそうです。

 店頭にデリバリー用のバイクがズラリと並んでいるのは、テレビ局などメディア関係企業へのデリバリーが多いから。とはいえ、お散歩の途中にふらっと立ち寄って気軽にテークアウトすることももちろん可能です。ゆっくり食べたいという場合は、カフェのような雰囲気のイートインコーナーを利用するのもいいかもしれません。

 1番人気のメニューは、芸能人御用達の「カルビ弁当」(2300円)。独自の方法で全国から入手したA4ランク以上の高級黒毛和牛バラ肉を、自社工場で調合した秘伝のタレで漬け込んだ深い味わいはクセになること間違いなし。肉本来のうまみとタレのコクが、口のなかで絡み合う、叙々苑でしか味わえない逸品です。

 それぞれタイプも異なっているだけに今回ご紹介した2軒のお店はどちらも魅力的。その日の気分に応じて、使い分けてみるのも楽しいかもしれませんよ。

(印南敦史)

■おうちDELI

東京都港区元麻布3-11-3
TEL:03-6804-3569
営業時間:午前11:30~午後8:00
(イートインのラストオーダーは午後7:30)

休み:日曜
URL:http://ouchideli.com/
裏通りを入ったところなので、少し見つけにくいかも。鳥居坂下交差点から麻布十番大通りを通過し、最初の角を右折。その次をさらに右折です。

■叙々苑キッチン麻布十番

東京都港区麻布十番2-10-7 第二音居ビル1階
TEL:03-3455-2255
営業時間:月~土曜 午前11:30~午後10:30(ラストオーダー)、
    日曜・祝日 午前11:30~午後9:30(ラストオーダー)

休み:1月1日
URL:http://www.jojoen.co.jp/shop/jojoen/lunch/
お休みは元旦だけなので便利。
※配達エリアは港区内と渋谷区の一部地域(電話にてご確認を)

(2014年1月16日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ほくほく味さんぽ」の新着記事 一覧を見る
自家製ハムとアボカド・トマト

中目黒・食材のみずみずしさをふんだんに

おしゃれでおいしいお店が多い中目黒は、落ち着きがありながらも、東急東横線と東京メトロ日比谷線が乗り入れ、山手通りを中心に栄える街です。

プードルケーキ

神保町<2>レトロな店のプードルケーキ

神保町の味さんぽ2回目は、この地で長らく愛されてきた洋菓子店をご紹介したいと思います。

野菜カリー

神保町<1>人気の「カリー」に舌鼓

今回の味さんぽは、学生街、古書店街であり、大型スポーツ用品店や楽器店も多く…とさまざまな顔を持っている神保町。ところで、この街を代表するグルメとしてすぐに思い浮かぶものといえば?

ブリトー

麻布十番<2>個性あふれる味を堪能

2000年に東京メトロ南北線と都営地下鉄大江戸線が全線開通して以来、地域の住民と観光客がほどよく共存するようになった麻布十番。前回に続き、港区の穴場と言うべきこのエリアの味さんぽをお送りしましょう。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

8月23日 注目グッズ
「TAP TAPE(タップテープ)」など

「TAP TAPE(タップテープ)」は、ノートやアルバム、壁などにメモや写真を貼りたいときに役立つ、スタンプ式の両面テープだよ。

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

私の描くグッとムービー

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)
「6才のボクが、大人になるまで。」
(2014年)

一人の少年の6歳から18歳で独り立ちするまでを描いた成長物語。同じキャストを1年ごとに実際に12年かけて撮影しているんです。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。