美博ノート

「大日本物産図会」

こまったときのタコだのみ(鳥羽市立海の博物館)

1877年 ケンショク「食」資料室蔵

1877年 ケンショク「食」資料室蔵

 海からぬっと現れた巨大ダコが、舟に足をからめて襲いかかる。三代歌川広重(1842~94)によるこの錦絵は、富山県滑川が舞台。諸国名産品の採取、生産工程を紹介する「大日本物産図会」に収められている。添えられた文章には、吸盤一つで一日の食事が足りると書かれ、その大きさを物語る。

 「北陸など寒い地域には、大ダコ伝説が多いんです。その地域で捕れる3メートル近いミズダコの存在が影響しているんでしょう」と縣(あがた)拓也学芸員。

 タコの民話や伝承には、人や牛を海に引きずり込む話と、神仏の使いとして、仏像や神宝を抱えた姿で上陸する話が多いとか。「伝説には善悪の二面性があり、タコ自身のように、つかみどころがありません」

(2018年8月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「レフルール」

「レフルール」

19~20世紀に活躍した仏のガラス工芸家ルネ・ラリック(1860~1945)。本展では、ラリックが特に愛着を感じたという香水瓶を中心に約150点を紹介する。

「白頭鷲(わし)」

「白頭鷲(わし)」

大きく翼を広げた白頭ワシ。尾羽根の裏側まで1本1本線を入れていることに驚く。

「自画像」

「自画像」

戦前、戦後に愛知・瀬戸で作られた輸出用陶磁「ノベルティ」は、「新しい・珍しいもの」を意味する。

「花を摘む男女」

「花を摘む男女」

戦前~1980年代、愛知県瀬戸市は欧米輸出用の陶磁の置物や装飾品「ノベルティ」の一大産地で、最盛期には300社以上の工房が腕を競った。本展は戦後以降に作られた約250点で、その魅力を紹介する。

新着コラム 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。