challenger

スペイン発の新競技「パデル」普及に情熱<2>

 ――今後の展望を教えて下さい。

 「トリプルミッション」と言っていますが、一つ目は普及で、パデルコートを作りながら多くの人にパデルを知ってもらうこと。二つ目はビクトリー(勝利)で、パデルの大会で日本選手が海外選手に勝ってナンバーワンになること。世界大会で勝利をつかめるよう、施設としてサポートしていきたい。三つ目は資金で、協賛スポンサーを集めること。それだけでなく、見るスポーツとしても発展させていきたい。この三つのミッションを好循環でまわして、日本のパデル競技人口(2018年10月現在約1万3千人)を、2030年までに100万人に増やすことを目指します。私にとっては第二の挑戦なので、今まで培ってきた人脈やノウハウを全力で活用していきたいと思います。

 

プレゼント

「パデルラケットとタオルのセット」を1人にプレゼント!

パデルラケットとタオルのセット

・パデルラケット
・オリジナルタオル

※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

 

→終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

《肉パデ》

肉パデ

 「肉パデ」は、「パデルアジア」が運営に携わるパデル施設で企画される大人気イベント。バーベキューを楽しみながらパデルができる。スタッフは、日本バーベキュー協会認定のインストラクターで、本格的なバーベキューが味わえる。直近のイベントは次の通り。

 11月11日(日)正午~午後4時、千葉市中央区浜野町840のパデル&フットサル 晴れのち晴れ(浜野駅)。

 初心者は正午から1時までレッスンがある。

 参加費4000円。

 小学生以下は1グループにつき1名まで無料。

 ラケットの無料レンタルあり。

 問い合わせ、申し込みは、パデル&フットサル 晴れのち晴れ(TEL043・308・3137)。

 

会社データ

 ◆パデルアジア

 郵便番号101・0026
 東京都千代田区神田佐久間河岸78の3の2階
 問い合わせは(03・4455・7527)

パデル東京

 ホームページ
 http://www.padelasia.jp/

 ◆パデル施設

 ・パデル東京
 郵便番号177・0053
 東京都練馬区関町南1丁目4の48
 善福寺公園テニスクラブ内

晴れのち晴れ

 ・パデル&フットサル 晴れのち晴れ
 郵便番号260・0824
 千葉市中央区浜野町840
 問い合わせは(043・308・3137)

 

 

<1> <2>

(2018年10月25日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ザ・チャレンジャー」の新着記事 一覧を見る
ザ・チャレンジャー

スペイン発の新競技「パデル」普及に情熱<1>

透明の強化ガラスと金網に囲まれたコート。数十の小さな穴が開いた板状のラケットで、ネットをはさみ黄色いボールを打ち返す。スペイン発の新競技「パデル」は、身体的負担が少なく、お年寄りから子供まで、誰でも簡単にできるスポーツとして近年注目を集めている。

ザ・チャレンジャー

「世界のグルメ」で味付けした”カワイイ”サバ缶づくり<1>

トムヤムクン、グリーンカレー、アヒージョ……。「世界のグルメ」をテーマにした味付けや、「カワイイ」がコンセプトのおしゃれなパッケージが特長のサバ缶「八戸サバ缶バー(HACHINOHE 38CANBAR)」が、サバの水揚げが全国有数の八戸港をもつ青森県八戸市内で注目されている。

ザ・チャレンジャー

ピーナツバターで地域を盛り上げる

スケートボードとサーフィンを愛する若者たちが、千葉県産の落花生を加工したピーナツバター「ハッピーナッツデイ」が注目されている。添加物を使わず、素材の味をいかした濃厚なピーナツバターは、オンラインストアのほか全国で取り扱いは138店舗にまで広がった。

ザ・チャレンジャー

米ニューヨークで岡山デニムの魅力伝える

岡山県倉敷市児島地区の干拓地では江戸時代から綿花が盛んに栽培され、繊維産業が発展。1960年代、ジーンズ生産が始まり、独自の染色や加工技術も加わって、高品質な「岡山デニム」が誕生した。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

9月13日 注目グッズ
「しゅくだいやる気ペン」など

漢字の書き取りや計算。宿題はあるけど、やる気が出ない……。そんな子には、やる気を「見える化」する「しゅくだいやる気ペン」だ。

鈴木ヒラクさん(アーティスト)「コヤニスカッツイ」(1982年)

私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。

「廣榮堂」の元祖きびだんご

オトコの別腹

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

おんなのイケ麺(めん)

望月理恵さん
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

ラーメンはあまり食べないのですが、担々麺は大好き。特にこのお店は、一時期週3回も通っていたほどはまりました。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。