私の描くグッとムービー

白根ゆたんぽさん(イラストレーター)
「キャロル」(2015年)

自分を貫く 彼女たちの恋

 白根ゆたんぽさん(イラストレーター)「キャロル」(2015年)

 

 1952年のニューヨーク。デパートで働く写真家志望のテレーズの元に、金髪のキャロルが買い物にやって来る。それぞれボーイフレンドや夫がいる身ながら、2人はひかれ合います。

 物語はシンプルで静かに進みます。それでいて濃密に感じるのは、抑制のきいた色彩や叙情的な音楽の効果でしょう。印象深いのが、車窓などのガラス越しの画(え)作り。2人の心情を表すようにガラスが結露で曇っていたり、ほこりで汚れていたりと、演出が細かい。ゆっくりと流れるようなカメラワークと相まって、作品世界に心を持って行かれます。

 テレーズはキャロルとの週末が思いがけず台無しになって涙するなど、見ていて甘酸っぱい気持ちになります。キャロルはおしゃれで堂々とした、意志の強そうな人。でも実は、薄い殻の中で様々な思いが渦巻いていて、時に弱気になる。そんな感情の機微を、視線や表情で雄弁に語ります。僕が描く女性の場合は、描き込みが少ない分、見る人が感情や性格を自由に解釈できるのではないでしょうか。イラストの2人からも、それぞれの内面を想像してもらえればと思います。

 物語の終盤、キャロルはある決断をします。大切なものを代償にしても、自分を貫くんです。自らの気持ちにいかに向き合うか。同性愛者に限らず、社会規範に縛られたみなに通じるテーマですね。最後にキャロルがカメラへ向ける表情は圧巻。ぜひ、彼女に見つめられてみて下さい。

聞き手・中村和歌菜

 

  監督=トッド・ヘインズ
  製作=英・米
  出演=ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラほか
しらね・ゆたんぽ
 1968年生まれ。広告やウェブコンテンツ、書籍、雑誌などのイラストを手がける。ブログやツイッターで個展の情報などを発信。

(2016年11月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

飯野和好さん(絵本作家)「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

飯野和好さん(絵本作家)
「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

子どもの頃は邦画といえば時代劇、洋画といえば西部劇でしたね。

佐藤好春さん(アニメーター)「ダイ・ハード」(1988年)

佐藤好春さん(アニメーター)
「ダイ・ハード」(1988年)

当時のアクション映画にはめずらしく、普通のおじさんの主人公が体を張って悪と闘います。

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)「バンデットQ」(1981年)

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)
「バンデットQ」(1981年)

僕の漫画家デビューは25歳。漫画雑誌「ガロ」(2002年休刊)でした。高校生の頃に一度、ガロに持ち込みをして、当時の編集長に「映画を見て話作りの勉強をしなさい」と言われ、1~2年ほど映画を見まくりました。そんな時期にこのSFファンタジー映画と出会ったんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

森アーツセンターギャラリー

気になる一品

森アーツセンターギャラリー

原画や資料など約500点を紹介する「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」(6月16日まで)を開催中の森アーツセンターギャラリー。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。