私の描くグッとムービー

島本和彦さん(漫画家)
「汚れた英雄」(1982年)

ピンチ救った「再起の場面」

 角川映画が大好きです。派手に盛り上げて、夢を見させてくれるから。この映画は角川春樹の初監督作。力業で撮ってる感じが見ていて気持ちいいんです。

 主人公は、どのチームにも属さない一匹おおかみのバイクレーサー北野晶夫。事故から復帰後、持ち前のルックスで落としたお金持ちの美女をスポンサーにつけて、レースを勝ち抜いていく。でも、満を持して挑んだ決勝最終レースの途中で、北野は転倒してしまう―。

 初めて見たのは、公開翌年のテレビ放映時。締め切り間際だったのでビデオ録画したんです。VHSテープの尺が足りなくて、入れ替えるときに一瞬だけテレビをつけたら、転倒のシーン。「転んじゃう映画か」と思ってテレビを消して、また録画を続けた。仕事が落ち着いた後に改めてビデオを見てみたら、北野が起き上がってレースを続けていた! 「倒れる映画」ではなく「立ち上がる映画」だったと知ったときの衝撃たるや。

 駆け寄るスタッフを手で制し、再びバイクにまたがりレースを続ける北野。コースを一人で走り抜けるシーンで、ローズマリー・バトラーが歌う主題歌が流れる。この曲がまたかっこよくて。

 何日か徹夜しても物理的に絶対締め切りに間に合わないんじゃないか、っていうピンチの時、このシーンにどれだけ助けられたことか。主題歌が頭の中に流れ出して、心折れずに走れる。結局なんとかなるんです。映画の力ってすごいですね。

聞き手・安達麻里子

 

  監督=角川春樹
  脚本=丸山昇一
  原作=大藪春彦
  出演=草刈正雄、レベッカ・ホールデン、木の実ナナ、浅野温子ほか
しまもと・かずひこ
 「アオイホノオ」を「ゲッサン」(小学館)で連載中。「ヒーローカンパニー」(ヒーローズコミックス)第10巻が発売中。

(2019年3月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

飯野和好さん(絵本作家)「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

飯野和好さん(絵本作家)
「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

子どもの頃は邦画といえば時代劇、洋画といえば西部劇でしたね。

佐藤好春さん(アニメーター)「ダイ・ハード」(1988年)

佐藤好春さん(アニメーター)
「ダイ・ハード」(1988年)

当時のアクション映画にはめずらしく、普通のおじさんの主人公が体を張って悪と闘います。

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)「バンデットQ」(1981年)

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)
「バンデットQ」(1981年)

僕の漫画家デビューは25歳。漫画雑誌「ガロ」(2002年休刊)でした。高校生の頃に一度、ガロに持ち込みをして、当時の編集長に「映画を見て話作りの勉強をしなさい」と言われ、1~2年ほど映画を見まくりました。そんな時期にこのSFファンタジー映画と出会ったんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

森アーツセンターギャラリー

気になる一品

森アーツセンターギャラリー

原画や資料など約500点を紹介する「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」(6月16日まで)を開催中の森アーツセンターギャラリー。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。