私の描くグッとムービー

島本和彦さん(漫画家)
「汚れた英雄」(1982年)

ピンチ救った「再起の場面」

 角川映画が大好きです。派手に盛り上げて、夢を見させてくれるから。この映画は角川春樹の初監督作。力業で撮ってる感じが見ていて気持ちいいんです。

 主人公は、どのチームにも属さない一匹おおかみのバイクレーサー北野晶夫。事故から復帰後、持ち前のルックスで落としたお金持ちの美女をスポンサーにつけて、レースを勝ち抜いていく。でも、満を持して挑んだ決勝最終レースの途中で、北野は転倒してしまう―。

 初めて見たのは、公開翌年のテレビ放映時。締め切り間際だったのでビデオ録画したんです。VHSテープの尺が足りなくて、入れ替えるときに一瞬だけテレビをつけたら、転倒のシーン。「転んじゃう映画か」と思ってテレビを消して、また録画を続けた。仕事が落ち着いた後に改めてビデオを見てみたら、北野が起き上がってレースを続けていた! 「倒れる映画」ではなく「立ち上がる映画」だったと知ったときの衝撃たるや。

 駆け寄るスタッフを手で制し、再びバイクにまたがりレースを続ける北野。コースを一人で走り抜けるシーンで、ローズマリー・バトラーが歌う主題歌が流れる。この曲がまたかっこよくて。

 何日か徹夜しても物理的に絶対締め切りに間に合わないんじゃないか、っていうピンチの時、このシーンにどれだけ助けられたことか。主題歌が頭の中に流れ出して、心折れずに走れる。結局なんとかなるんです。映画の力ってすごいですね。

聞き手・安達麻里子

 

  監督=角川春樹
  脚本=丸山昇一
  原作=大藪春彦
  出演=草刈正雄、レベッカ・ホールデン、木の実ナナ、浅野温子ほか
しまもと・かずひこ
 「アオイホノオ」を「ゲッサン」(小学館)で連載中。「ヒーローカンパニー」(ヒーローズコミックス)第10巻が発売中。

(2019年3月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
名嘉睦稔さん(版画家)「ひまわり」(1970年)

名嘉睦稔さん(版画家)
「ひまわり」(1970年)

第2次世界大戦によって引き裂かれた男女の物語。ジョバンナとアントニオはナポリの海岸で出会い、愛し合って結婚するけれど、アントニオはイタリア軍に徴兵されて、対ソ連戦線に送られてしまい、大戦後も行方が分からない。

高橋しんさん(漫画家)「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

高橋しんさん(漫画家)
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

主人公は、旧チェコスロバキアから移住し、米国の田舎町で工場に勤めるシングルマザーのセルマ。視力を失いつつあり、アマチュア劇団では役を降り、仕事も解雇され、ある事件を起こします。

矢部太郎さん(お笑い芸人、漫画家)「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(2017年)

矢部太郎さん(お笑い芸人、漫画家)
「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(2017年)

6歳の女の子ムーニーとシングルマザーのヘイリーは「隠れホームレス」。家がなく、フロリダのディズニーワールド近くの安モーテルに住んでいる。夢の世界近くの貧困社会を描いています。

津森千里さん(デザイナー)「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(2017年)

津森千里さん(デザイナー)
「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(2017年)

海外出張が多くて、映画は機内で見ることが多いの。往復6本で年間70本くらいかしら。リラックスして楽しい旅にしたいから、人が死んじゃうようなものとか、戦争ものは見ない。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。