私の描くグッとムービー

高橋しんさん(漫画家)
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

光失うセルマ 心の中で踊る

高橋しんさん(漫画家)「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

高橋しんさん(漫画家)「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

 主人公は、旧チェコスロバキアから移住し、米国の田舎町で工場に勤めるシングルマザーのセルマ。視力を失いつつあり、アマチュア劇団では役を降り、仕事も解雇され、ある事件を起こします。幸福には見えない状況の中で追い詰められていく話といえるのかもしれません。ただし、それは「彼女の外側」から見た場合です。淡々とした物語に、夢想のシーンが何度も挟み込まれます。視力が弱いセルマは、工場の機械音や列車の音に耳を澄ませ、心の中で同僚や隣人とともにミュージカルを演じる。踊る彼女の表情は、とても光に満ちています。

 見終わった印象は、セルマの可愛らしさと純粋さでした。人によっては、きれいなコミュニケーションがとれる女性を「強い」と呼ぶのかもしれません。しかし、自分の内に向かって明るく強い人もいます。セルマが心の内の世界でだけ披露する圧巻のミュージカル。私たちにとっての心の内側は、環境に左右されることが多い体の外より、少しだけ自由だと自分は信じたい。

 ドキュメンタリータッチといわれますが、むしろ童話的なものを感じます。作り物であるがゆえに、鑑賞者は話に入り込んで、そこにリアルな感情を抱くことがあります。セルマが目が不自由だからこそ、音楽を感じるように。彼女は自分の責任、選択で道を歩いたのち、ついに自分の内側に音楽を見つけます。外からはそう見えなくても、きっと彼女は、自由です。

聞き手・井上優子

 

  監督・脚本=ラース・フォン・トリアー
  製作=デンマーク
  出演=ビョーク、カトリーヌ・ドヌーブ、デビッド・モースほか
たかはし・しん
 代表作に「いいひと。」「最終兵器彼女」。「花と奥たん」連載中(週刊ビッグコミックスピリッツ)。4月以降と今夏に新連載予定も。

(2019年3月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
山田参助さん(漫画家)「本日休診」(1952年)

山田参助さん(漫画家)
「本日休診」(1952年)

戦後まもなく医院を再開した町医者の先生と周りの人々を描いた群像劇。たまの休診日なのに急患が続々とやってきたり往診に呼ばれたり

後藤美和さん(イラストレーター)「レジェンド 狂気の美学」(2015年)

後藤美和さん(イラストレーター)
「レジェンド 狂気の美学」(2015年)

映画の舞台となったロンドンと、公開当時、私が住んでいたダブリン。どんよりとしたグレーの空と街の雰囲気が重なる。親近感が湧いた映画でした。

田名網敬一さん(アーティスト)「愛の嵐」(1973年)

田名網敬一さん(アーティスト)
「愛の嵐」(1973年)

この映画はナチスをテーマにした他の映画とは違う。ナチズムという暴力的な政治理念のもと、ユダヤ人をはじめ多くの人が苦しめられた。それが下敷きにあるんだけど、民衆の苦しみというより、もっとプライベートな事件を描いている。

信濃八太郎さん(イラストレーター) 「殺人者たち」(1964年)

信濃八太郎さん(イラストレーター)
「殺人者たち」(1964年)

「なぜあの男は逃げようとしなかったのか?」。依頼を受けて盲学校の教師ジョニーを殺した2人組の殺し屋の一人が疑問をもちます。彼らはジョニーを知る人物を訪ね、脅迫しながら過去を聞きだしていくんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

10月11日 注目グッズ
「とびだすキッチンタイマー」など

毎日の家事って本当に大変だよね。忙しい日々のキッチンに、「とびだすキッチンタイマー」(幅7.2×奥行き3.2×高さ8.7センチメートル、1980円)で癒やしを取り入れてみない?

「八宮松雪堂」の小鹿野こいし

オトコの別腹

佐藤弘道さん
「八宮松雪堂」の小鹿野こいし

母の実家が埼玉・小鹿野町にあり、小さいころは東京から電車とバスを乗り継いで行っていました。着いて、食卓にこのお菓子があるのを見ると、ほっとしたのを覚えています。

窪美澄さん 「ニコラ」のピスタチオのペンネ

おんなのイケ麺(めん)

窪美澄さん
「ニコラ」のピスタチオのペンネ

2013年ごろ、東京・三軒茶屋に住む友達とお芝居を見た後に、連れてきてもらったのが最初。

江戸東京博物館

気になる一品

江戸東京博物館

江戸時代から現代までの東京の暮らしに関する資料や、大型模型などを展示する同館。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。