私の描くグッとムービー

高橋しんさん(漫画家)
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

光失うセルマ 心の中で踊る

高橋しんさん(漫画家)「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

高橋しんさん(漫画家)「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)

 主人公は、旧チェコスロバキアから移住し、米国の田舎町で工場に勤めるシングルマザーのセルマ。視力を失いつつあり、アマチュア劇団では役を降り、仕事も解雇され、ある事件を起こします。幸福には見えない状況の中で追い詰められていく話といえるのかもしれません。ただし、それは「彼女の外側」から見た場合です。淡々とした物語に、夢想のシーンが何度も挟み込まれます。視力が弱いセルマは、工場の機械音や列車の音に耳を澄ませ、心の中で同僚や隣人とともにミュージカルを演じる。踊る彼女の表情は、とても光に満ちています。

 見終わった印象は、セルマの可愛らしさと純粋さでした。人によっては、きれいなコミュニケーションがとれる女性を「強い」と呼ぶのかもしれません。しかし、自分の内に向かって明るく強い人もいます。セルマが心の内の世界でだけ披露する圧巻のミュージカル。私たちにとっての心の内側は、環境に左右されることが多い体の外より、少しだけ自由だと自分は信じたい。

 ドキュメンタリータッチといわれますが、むしろ童話的なものを感じます。作り物であるがゆえに、鑑賞者は話に入り込んで、そこにリアルな感情を抱くことがあります。セルマが目が不自由だからこそ、音楽を感じるように。彼女は自分の責任、選択で道を歩いたのち、ついに自分の内側に音楽を見つけます。外からはそう見えなくても、きっと彼女は、自由です。

聞き手・井上優子

 

  監督・脚本=ラース・フォン・トリアー
  製作=デンマーク
  出演=ビョーク、カトリーヌ・ドヌーブ、デビッド・モースほか
たかはし・しん
 代表作に「いいひと。」「最終兵器彼女」。「花と奥たん」連載中(週刊ビッグコミックスピリッツ)。4月以降と今夏に新連載予定も。

(2019年3月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
金子富之さん(日本画家)「孔雀王」(1988年)

金子富之さん(日本画家)
「孔雀王」(1988年)

希望を頂いた映画です。大人の世界に魅力を感じられず、どうやって生きるか悩んでいた10歳ごろに見て、こんなに面白い世界観があるのかと。

ニシワキタダシさん(イラストレーター) 「ペーパー・ムーン」(1973年)

ニシワキタダシさん(イラストレーター)
「ペーパー・ムーン」(1973年)

1930年代、大恐慌の頃のアメリカが舞台。

広瀬克也さん(絵本作家)「トキワ荘の青春」(1996年)

広瀬克也さん(絵本作家)
「トキワ荘の青春」(1996年)

封切りされてすぐ、妻と娘と一緒に見に行きました。パンフレット、今も大事にしています。

荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

新着コラム 一覧を見る
『鹿の王』

シネマNEWS

『鹿の王』公開日決定!

2014年に「小さなノーベル賞」と言われる「国際アンデルセン賞」受賞、代表作「精霊の守り人」シリーズはアニメとドラマで映像化され、海外からも注目されている作家、上橋菜穂子。その新たな代表作であり、2015年の本屋大賞を受賞、シリーズ累計190万部を突破し、大きな話題を集めている小説「鹿の王」が映画化されることが決定。

『プラド美術館 驚異のコレクション』

シネマNEWS

『プラド美術館 驚異のコレクション』公開決定!

2019年に開館200周年を迎え、世界最高峰と言われるスペインのプラド美術館の全貌に迫るドキュメンタリー「THE PRADO MUSEUM.A COLLECTION OF WONDERS」(原題)が邦題『プラド美術館 驚異のコレクション』として公開される。

『シェイクスピアの庭』

シネマNEWS

『シェイクスピアの庭』

没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年)。『ヘンリー八世』上演中にグローブ座を焼き尽くした大火災の後に断筆したシェイクスピアの、知られざる最期の日々を描いた「ALL IS TRUE」の邦題が、『シェイクスピアの庭』に決定し公開されることがわかった!

『劇場版新幹線変形ロボシンカリオン未来からきた神速のALFA-X』

シネマNEWS

あの「発音ミク」が、ついに夢のライブ開幕!?

E5系はやぶさ、N700Aのぞみ等実在する新幹線が変形するロボット「シンカリオン」の運転士となったハヤトら子供たちが、新幹線超進化研究所の大人たちと協力して敵に立ち向かう物語を描いたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』初の劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。