読んでたのしい、当たってうれしい。

私の描くグッとムービー

可哀想に!さん(イラストレーター・アニメーター)
「哭声/コクソン」(2016年)

これ、本当に見ていいものなの?

可哀想に!さん(イラストレーター・アニメーター)<br>「哭声/コクソン」(2016年)

 韓国の山深い村に、よそ者の日本人がやってきたあと、村内で次々と起こる不可解な殺人事件。果たして誰が、何が引き起こしているのか……最後まで目が離せない作品です。

 たまたまBSで放送していたのを両親と一緒に見て、ひき込まれました。とにかく國村隼さん演じる「日本人」が、めっちゃ良い。彼が上半身裸に裸足、ふんどし一丁で暗い森の中にたたずんでいるシーンをイラストにしました。
「これ、本当に見ていいものなの?」と不安に思うくらい異質で、印象に残った場面です。最初はこんなに異様な格好をして走り方まで気持ち悪いのに、その後は服を着て帽子までかぶって、まるで普通の人みたいな姿に。そのうえ、崖で主人公ら警官に追い詰められるシーンでは顔をゆがめて怖がっていて。次第に「実は可哀想な人だったのでは……」と思いはじめました。

 彼以外にも真犯人とおぼしき怪しい女性やキノコなどが登場しますが、明確な答えは最後まで明らかにされません。それなのに「おもろい」。理解できないのに面白い、という感想を抱いた映画は、この作品が初めてです。
よくあるホラー映画のように「ドカーン!」と大きな音が鳴って驚くようなシーンはありませんが、見終わったあと、しみじみと怖くなりました。

 同じくらい大好きな映画、アリ・アスター監督の「ヘレディタリー/継承」を見た時にも感じたのが、とにかく「気味悪い」。
 でも、その気味悪いのが好きなんです。

(聞き手・高田倫子)

 

 

 
 

 監督・脚本=ナ・ホンジン

 製作国=韓国

 出演=クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒほか

 

 かわいそうに! 
 「おぱんちゅうさぎ」「んぽちゃむ」などのキャラクターを生み出し、SNSを中心に活動中。

 

 

 

 

(2023年10月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

私の描くグッとムービーの新着記事

新着コラム

  • シネマNEWS 廃墟と化したソウルの街に燃え上がる炎…『コンクリート・ユートピア』 イ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨン出演のパニックスリラー『コンクリート・ユートピア』。

  • 美博ノート 本草図説 「本草図説」は195冊に及ぶ、江戸時代のカラー博物図鑑。市井の本草家・高木春山(?~1852)がただ一人で、20年以上かけて作成した。植物をはじめ魚、鳥、獣、虫、鉱物、自然現象にいたるまで万物を描いた精密な肉筆画に、見聞や書籍に基づいた解説が付く。

  • 建モノがたり くぼみアパートメント(埼玉県 戸田市) カーブした壁に沿って2棟の建物の間を進むと、深いポケットのような中庭があった。

  • 私のイチオシコレクション 耕三寺博物館 瀬戸内海の生口島にある耕三寺は、大阪の溶接技術者で実業家となった(こうさんじ・こうぞう)(1891~1970)が母の供養のため1936年から建て始めた寺です。収集した仏教美術などの美術品約2千点を一般公開するにあたって寺全体を53年に博物館とし、法宝蔵と僧宝蔵、分館・金剛館で展示しています。