私のイチオシコレクション

禅画 神勝寺 荘厳堂

難解さと親しみやすさと

白隠慧鶴「眼一つ達磨」 紙本墨画

白隠慧鶴「眼一つ達磨」 紙本墨画

  • 白隠慧鶴「眼一つ達磨」 紙本墨画
  • 白隠慧鶴「お福団子」 紙本墨画

 禅画とは、近世以降の禅僧が水墨画と賛(言葉)で優れた禅的メッセージを表現した書画です。1960年代に禅が世界的ブームとなり、ドイツ人がつけた「ZENGA」という言葉とともに注目されるようになりました。

 中でも、厳格な達磨(だるま)から親しみやすい布袋(ほてい)やお多福(お福)まで様々な表現で、近年関心が高まる臨済宗中興の祖、白隠慧鶴(はくいんえかく)(1685~1768)の禅画約200点を所蔵するのが、1965年開山の神勝寺です。2016年、同寺が「禅的世界」を体験できる場所として境内にオープンした「神勝寺 禅と庭のミュージアム」内の荘厳(しょうごん)堂で展示しています。

 白隠は駿河を拠点にして、民衆に禅の教えを広め、1万点以上といわれる禅画を残しました。まず見てほしいのは「眼(め)一つ達磨」です。太い線で勢いよく描かれた、何とも意表を突く達磨像でしょう。賛には白隠の書で「悟りを開きたければ、我が目で我が目を見よといわれ、そのようにしていたら、今では自分の目も一つになったようだ」とあります。白隠は「自分の目が見えるか」という難解な公案(禅問答)で、見ることのできない大きな存在に気付けと伝えているようです。

 一方「お福団子」は、ユーモラスで分かりやすい「白隠漫画」の一つ。団子を公案に例えて「私の禅を味わってみる勇気がないのか」と問うています。

(聞き手・石井久美子)


 《神勝寺 荘厳堂》 広島県福山市沼隈町上山南91(TEL084・988・1111)。午前10時~午後4時。原則無休。1200円。2点とも常設展示している。同寺内にある現代アート作品「洸庭(こうてい)」の鑑賞や座禅などもできる。

芳澤さん

館長 芳澤勝弘

 よしざわ・かつひろ 禅学・禅宗史を研究。花園大学国際禅学研究所顧問も兼任。著書に「白隠 禅画の世界」など。

(2018年6月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
画家のパレット 笠間日動美術館

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

南蛮美術 MOA美術館

南蛮美術 MOA美術館

西欧の宣教師たちが日本を訪れ、キリスト教を広めた16世紀。西洋画法を学ぶための画学校が建てられ、布教に用いる聖画像が、日本人の手で数多く生み出されました。

メディアアート NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

メディアアート 
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

近年、コンピューターなどの電気通信技術を使った芸術、メディアアートが注目されています。当センターは日本の電話事業100周年を記念して、1997年に開館。

美人画 岡田美術館

美人画 岡田美術館

美しい女性を主題にした絵画は、江戸初期の風俗画に始まり、以後浮世絵の主流となって発展しました。

新着コラム 一覧を見る
「いなみや菓子店」のバナナ最中

オトコの別腹

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。

「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」のパッタイ ゲウチャイ

おんなのイケ麺(めん)

小谷実由さん
「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」の
パッタイ ゲウチャイ

初めての海外旅行先は、卒業旅行で行ったタイでした。それからも仕事で訪ねたり、仲のいいタイ人の友人がいたり、どこか親近感のある国。タイ料理は定期的に食べたくなります。

「シダ」

美博ノート

「シダ」

仏のガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が、香水瓶を手がけるようになった初期の代表作が12年の「シダ」。

達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。