私のイチオシコレクション

仮面 国立民族学博物館

結社に加入し自ら制作

ニャウ・ヨレンバ(かぶりもの型仮面) 1989年 高さ200×横160センチ

ニャウ・ヨレンバ(かぶりもの型仮面) 1989年 
高さ200×横160センチ

  • ニャウ・ヨレンバ(かぶりもの型仮面) 1989年 高さ200×横160センチ
  • (右)キフェベ・ムカシ(雌)1989年収集 (左)キフェベ・ムルメ(雄)1975年収集

 仮面とは顔を隠すものをさします。世界各地にある仮面の共通性は、森や宇宙など、人の知識が及ばない「異界」の力を可視化すること。人は仮面を身につけて踊り、「異界」と交流することで、その力を取り込もうとするのです。文化人類学、民族学を研究する当館は、20世紀後半以降に作られた世界の生活用具を中心に収集しており、仮面は大英博物館に次ぐ約6千点を所蔵しています。

 「ニャウ・ヨレンバ」は、アフリカ南部ザンビア共和国に暮らすチェワの人々の仮面結社ニャウの喪明けの儀式に登場するもので、「森からきた野生動物」とされます。儀式が終わるとすぐ火にかけられ、立ち上がる煙が空に消えたとき、死者の霊が祖先の世界に行くといわれます。燃やされるので収集できませんが、私は1985年にニャウに加入して制作方法を学び、本作を日本で作りました。トウモロコシの苞(ほう)を使い、全体を隙間なく覆うことにこだわりました。

 一方、コンゴ民主共和国に住むソンゲの人々の仮面結社キフェベの木の仮面は、立体的な造形が魅力です。森にすむ精霊とされ、大胆なしま模様で覆われ目や口、頭飾りが突き出しているのが雄。落ち着いた色合いで凹凸も少ないのが雌。世界の破壊的な側面と秩序だった側面を、雄雌一対で示しているのです。仮面単体だけでなく、儀式で踊る様子など、イメージをふくらませて見ていただければと思います。

(聞き手・上江洲仁美)


 《国立民族学博物館》 大阪府吹田市千里万博公園10の1(TEL06・6876・2151)。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。(水)((祝)の場合は翌日)休み。本館展示は420円。3点は、本館のアフリカ展示で見られる。

吉田さん

館長 吉田憲司

 よしだ・けんじ 専門は、アフリカの造形と儀礼の研究で、35年以上ザンビア東部のチェワの村に通う。2017年から同館館長。

(2019年3月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ドローイング 岩手県立美術館

ドローイング 岩手県立美術館

当館は、岩手県ゆかりの洋画家の萬(よろず)鐵五郎と松本竣介、彫刻家の舟越保武を柱に作品を収集しており、今は、その中から「彫刻家のドローイング」に絞って展示をしています。

型絵染 静岡市立芹沢銈介美術館

型絵染 静岡市立芹沢銈介美術館

模様を彫り抜いた型紙と防染糊(のり)を使って染める「型絵染」(型染め)の分野で、初めて人間国宝に認定されたのが、静岡市出身の芹沢銈介(せりざわけいすけ)(1895~1984)。

クラシックカー トヨタ博物館

クラシックカー トヨタ博物館

ガソリン自動車の歴史が始まって約130年と言われています。当館では、19世紀後半から2010年代までに欧米日で作られた約550台の自動車を収蔵。150台を常設展示しています。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

大和屋@日本橋

街の十八番

大和屋@日本橋

東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。