私のイチオシコレクション

青銅器 根津美術館

王の酒器を守る神話の怪物

重要文化財・饕餮文方盉 3器 殷時代後期・紀元前13~同12世紀 高さ71.2~73センチ

 中国の殷周時代(紀元前17~同3世紀ごろ)、祭祀儀礼に使う青銅器が盛んにつくられました。神格化された動物や渦巻きなどの文様が細部まであしらわれているのが特徴です。

 1941年開館の当館は、実業家の根津嘉一郎(1860~1940)が集めた日本と東洋の古美術を中心に、現在7千点以上を所蔵しています。中でも、河南省安陽市侯家荘の殷代王墓出土の伝承品を含む青銅器群は注目のコレクションです。

 青銅器は食器や楽器のほか、酒器が多く製作されました。祭祀の中で神酒を飲むことが重要だったからでしょう。「饕餮文方盉」は、酒をついだり酒と香料を攪拌したりする注酒器です。高さ71~73センチほどと注酒器としては類を見ない大きさで、しかも3器セットとめずらしいことから、殷王の所有物だったと考えられます。持ち手には「右」「中」「左」と祭祀の際の配置を示す銘が入っています。

 各頂部と脚の付け根には、動物の部位を組み合わせた饕餮という神話の怪物が施されています。饕餮は大食漢の悪鬼で、悪霊すら食べてしまう魔よけの象徴として流行しました。3器は饕餮の角や表情が異なり、持ち手にも虎、羊角獣、霊鳥と別々の動物があしらわれています。

 「饕餮文爵」は個人的に好きな作品です。爵とは、酒を温める器のこと。身分によって神酒を受ける順序や量が違ったことから、一説では爵位の語源とも言われています。いつ見てもきれいな形だなと思います。

(聞き手・星亜里紗)


 《根津美術館》 東京都港区南青山6の5の1(問い合わせは03・3400・2536)。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。(月)((祝)の場合は翌日)、展示替え期間、年末年始休み。1300円(特別展)。2件は常設展示。

根津美術館

理事長兼館長 根津公一

 ねづ・こういち 根津美術館のコレクションの礎を築いた根津嘉一郎の孫。東武百貨店の経営に携わるとともに、2002年から現職。

(2019年12月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
ランプワーク KOBEとんぼ玉ミュージアム

ランプワーク KOBEとんぼ玉ミュージアム

当館は、ランプワークで作られた国内外作家のガラス作品約2千点を所蔵しています。

異国趣味 長崎歴史文化博物館

異国趣味 長崎歴史文化博物館

江戸時代の長崎奉行所立山役所の跡地に立つ当館は、奉行所を模した外観。当時の奉行所は中国やオランダとの交易品の管理が重要な仕事でした。

刀の鐔(つば) 備前長船刀剣博物館

刀の鐔(つば) 備前長船刀剣博物館

岡山県東部を流れる吉井川流域は良質な砂鉄や水、炭が豊富に集まる地域で、昔から日本刀の一大生産地でした。

木彫仏 奈良国立博物館 なら仏像館

木彫仏 奈良国立博物館 なら仏像館

館内中央に立つのは、「如来立像」。頭部の螺髪や鼻先、両手は失われ、全体にやつれが目立ちますが、深く彫られたまぶたや唇、メリハリのある衣文、ふくらみを強調した太ももに存在感があります。

新着コラム 一覧を見る
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

オトコの別腹

大貫勇輔さん
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

甘い物は舞台の合間に、片手でパッと食べられる物が好み。陸乃宝珠は差し入れでいただきました。

「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

おんなのイケ麺(めん)

石井幹子さん
「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

この店の料理はどれもおいしいんですが、必ず注文するのがこれ。魅力は何と言っても具材の種類が多いこと。豊富な野菜に豚肉やエビなどが入っていて、これだけで必要な栄養分がとれたような安心感があるんです。

『ゴジラにかける特撮の未来』

シネマNEWS

世界初︕ゴジラと講談&落語がコラボ︕︖

初代ゴジラ作品である『ゴジラ』(1954)と伝統芸能である<講談>と<落語>がコラボレーションした世界初のイベントゴジラ寄席 in OSシネマズ『ゴジラにかける特撮の未来』の開催が決定。

『MOTHERマザー』

シネマNEWS

新境地!長澤まさみが暗黒面の顔を見せる!

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた最新作『MOTHER マザー』が初夏に公開される。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。