読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

国立アイヌ民族博物館

木彫の腕前 異性にもアピール

国立アイヌ民族博物館
マキリ 長さ292×幅51×厚さ25ミリ
国立アイヌ民族博物館 国立アイヌ民族博物館

 当館はアイヌ文化の復興・発展の拠点ウポポイ(民族共生象徴空間)の中核として昨夏開館しました。アイヌ民族の伝統技術や精神世界、アイヌ語を伝える資料など1万点以上を所蔵しています。

 自然の中に生きてきたアイヌ民族は、自然や動植物、道具などにラマッ(霊魂)が宿ると考え、中でも重要なものをカムイと呼び祈りを捧げました。山や川に入る時はあいさつをし、狩りの無事を願います。木を切る時、動物を解体する時は感謝を表します。身の回りの生活用品は木や動物の角や骨で作り、彫刻などで飾ります。

 「マキリ」(小刀)は動物を解体したり、木彫に用いたり、包丁として使ったり、誰もが常時携帯していた道具です。鞘にはイタヤカエデやイチイ、クルミなどの木材を用います。プロポーズの際、男性が女性に自作のマキリを贈ることもありました。硬い木に上手に文様を彫れるのは、手先が器用な証拠です。そんな男性なら狩猟もうまく、暮らしに困らないと女性にアピールできたのでしょう。

 写真の作品は、木材と鹿の角を組み合わせ、桜の樹皮を通した装飾性の高いもの。根付けは熊の爪です。熊はアイヌ民族にとって位の高いカムイの一つ。捕獲した熊の子どもは、人間の世界へ遊びに来たお客様として大切に育てました。肉や毛皮などを得た後は、丁重な儀式でカムイの世界へ送り返し、再び人間の世界に来てくれるよう願ったのです。

 直接料理を盛り付けることもあった「イタ」(お盆)にはカツラやシナなど軟らかい木材を使います。両面に彫刻したこのイタは、CT画像で見ると最も薄い部分で0・2ミリしかなく、木彫技術の高さがうかがえます。

 アイヌ語を第一言語とする当館では、スタッフもアイヌ語名を持ち名札に記しています。来館の折には、名前の由来を聞いてみてください。

(聞き手・山田愛)


 《国立アイヌ民族博物館》北海道白老町若草町2の3の1。7月16日までは午前9時~午後6時(土日祝は8時まで)。2点は5月23日まで展示。原則月、年末年始休み。ウポポイの日付指定入場券と入館日時予約が必要(詳細は公式ウェブサイトへ)。

国立アイヌ民族博物館
https://nam.go.jp/

学芸員 竹内イネト

 たけうち・いねとぷ 札幌市生まれで、母方がアイヌ民族の家系。イネトプは館内で使う通称(イネは4、トプは竹の意味)。前身の旧アイヌ民族博物館に2015年から勤務。資料のデータベース管理や調査などを担当。

(2021年4月27日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 日本・モンゴル民族博物館 当館は兵庫県北部、山あいの豊岡市但東町にあります。

  • カメイ美術館 当館は仙台市に本社をおく商社カメイの第3代社長を務めた亀井文蔵(1924~2011)が半世紀以上かけて収集したチョウをコレクションの柱の一つとし、約4千種、1万4千匹の標本を展示しています。

  • シルク博物館 幕末以来長く横浜港の主要輸出品だった生糸(絹)をテーマに約7千点を所蔵

  • 平山郁夫美術館 平山郁夫(1930~2009)の「アンコールワットの月」は、好んで用いた群青ほぼ一色でカンボジアの遺跡を描いた作品です。

新着コラム