私のイチオシコレクション

神奈川県立美術館 葉山

戦地へ仲間を見送った青年

神奈川県立美術館 葉山

松本竣介「立てる像」1942年 油彩・カンバス 縦162×横130センチ

  • 神奈川県立美術館 葉山
  • 神奈川県立美術館 葉山

 1951年、日本初の公立近代美術館として鎌倉に開館した神奈川県立近代美術館は国内外の著名な作家の作品を収集しています。シベリア抑留体験を描いたシリーズで知られる香月泰男の特集展示(11月14日まで)に合わせ、戦争にまつわる様々な作家の作品を館蔵品から紹介しています。

 松本竣介(1912~48)の「立てる像」は、背景を小さくし、人物の姿を際立たせた構図の絵です。作業着のような服装で、場所は東京・高田馬場付近のゴミ捨て場とされています。画家としての生き方を模索していた時期の作品で強い孤独感を感じさせますが、この絵に勇気づけられるという人がいます。不思議なあいまいな表情に、見る人は自分を投影しやすいのかもしれません。

 描かれたのは太平洋戦争中でしたが、10代で聴覚を失った松本は戦地には行きませんでした。そのことは作品の静けさと関係があるように思います。41年に美術雑誌に寄稿した文章のために一時期「反戦の画家」のように言われたことがありますが、むしろ普遍的な価値のある絵の制作を続けたいと願ったのではないでしょうか。

 「シベリヤの密葬」を描いた澤田哲郎(1919~86)は松本の盛岡中学の後輩で、一緒に展覧会も開く親しい間柄でした。戦争末期の45年に応召、2年近くシベリアに抑留されました。これは、多くを語らなかったシベリア時代を描いた数少ない作品の一つです。荒涼とした大陸の風景の中、ベールをかぶり後ろ向きで表情はわからない人々の姿から悲しみが伝わってきます。

 戦地に赴く同世代の人たちを見送るほかなかった松本と、画家として認められ始めた矢先に出征した澤田。異なる境遇で戦時を生きた2人ですが、どちらも心に迫る作品です。

(聞き手・伊東哉子)


 《神奈川県立近代美術館 葉山》 神奈川県葉山町一色2208の1(電話046・875・2800)。[前]9時半~[後]5時(入館は30分前まで)。24日まで予約制。詳しくはHPを参照。2点は11月14日までコレクション展「内なる風景」で展示中。250円。原則[月]、展示替え期間、年末年始休み。

にしざわ・はるみ

 にしざわ・はるみ

 2010年から勤務。「実験工房展」「1950年代の日本美術」「生命のリアリズム」など日本の近現代美術の展覧会企画を担当。

(2021年10月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
福岡市美術館

福岡市美術館

禅僧・仙厓義梵(1750~1837)は40歳前後に博多の聖福寺にやってきたころから絵を描き始めたと見られます。

田中一村記念美術館

田中一村記念美術館

彫刻家を父に栃木県で生まれた田中一村(1908~77)は幼少期から南画を学び、神童と呼ばれました。当館がある奄美大島に単身移住したのは50歳を過ぎたころ。日展や院展での落選が続き、中央画壇への絶望が背景にあったといわれます。

重森三玲庭園美術館

重森三玲庭園美術館

京都・洛東にある当館の枯山水庭園は、作庭家で日本庭園史研究家の重森三玲(1896~1975)の晩年の作品です。

大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館

「白磁 壺」は、朝鮮白磁の中でも純白磁と呼ばれるものです。純度の高い白土に鉄分を含まない透明釉薬をかけ、1200度以上の高温で焼成。「雪のような白」と表現されます。

新着コラム 一覧を見る
 (C)2022「アキラとあきら」製作委員会

シネマNEWS

池井戸潤の名作「アキラとあきら」が竹内涼真×横浜流星、初タッグW主演で映画化!

「半沢直樹」「陸王」など数々の大ベストセラーを生み出してきた日本を代表する作家・池井戸潤。

(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

シネマNEWS

豪華声優陣が帰ってくる!『SING/シング:ネクストステージ』吹替版本予告解禁!

『SING/シング』から5年。待望の最新作『SING/シング:ネクストステージ』。

小倉久寛さん(俳優)「ブルース・ブラザース2000」(1998年)

私の描くグッとムービー

小倉久寛さん(俳優)
「ブルース・ブラザース2000」(1998年)

米国から帰国する飛行機の中で、この映画の公開直前に見ることができたんですよ。

(C)2019 FILM RUN and LITTLE BIG PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

シネマNEWS

韓国と小樽を舞台に、20年前の自分と向き合う心の旅を描く『ユンヒへ』

2019年、第24回釜山国際映画祭のクロージングを飾り、2020年には韓国のアカデミー賞ともいえる青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞をW受賞した話題の韓国映画『ユンヒへ』より、日本版予告編が解禁された。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。