読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

群馬県立歴史博物館

強大な被葬者 大陸と交流?

「胡座を組み合掌する男子」 高さ114センチ 文化庁保管
「胡座を組み合掌する男子」 高さ114センチ 文化庁保管
「胡座を組み合掌する男子」 高さ114センチ 文化庁保管 「金銅鈴付大帯」 長さ105×幅9.4センチ×厚さ0.05~0.07ミリ 文化庁保管

 6世紀後半に築造された群馬県高崎市の綿貫観音山古墳は長さ約97㍍、同時期で最大級の前方後円墳です。約1400年の間盗掘に遭わず、被葬者の権力を物語る埴輪群や副葬品が巨大な横穴式石室から大量に出土。2020年に国宝に指定され、古墳の南約1㌔にある当館で常設展示しています。

 「胡座を組み合掌する男子」は石室の入り口付近から出土した人物埴輪群の一つです。つば付き帽子に下げ美豆良と呼ばれる髪形、耳輪や首飾りを着け、腰には鈴付きの大帯。装束やポーズに細やかな造形表現が見られます。

 椅子に座る高貴な女子と向かい合い、弦楽器を奏でる童女や武人を従えていました。こうした構成は儀式を再現していると考えられ、その主役であるこの埴輪は被葬者(王)の生前、最も栄光ある場面での姿を表すと思われます。

 埴輪が身につけたものと共通すると考えられる「金銅鈴付大帯」は、石室内から腰に巻いたように輪になった形で見つかりました。金銅大帯の出土は奈良県藤ノ木古墳など全国に3件しかなく、中でも鈴付きはこれだけです。

 ほぼ等間隔に20個が銀の鎖でつるされた金銅の鈴は、魔よけや権威を示す意味があったとされます。

 6世紀後半は全国的には前方後円墳の衰退期にあたりますが、群馬県を含む関東では大規模な前方後円墳が盛んに造られました。墳丘を取り巻く多種多数の埴輪樹立も関東では最盛期にあり、綿貫観音山古墳はその代表例です。

 副葬品には獣帯鏡や銅水瓶など中国や朝鮮半島の遺物と類似点の多いものが数多く含まれます。被葬者は政権の外交政策に関わり、東アジアと交流する立場にあったと考えられます。

(聞き手・島貫 柚子)


 《群馬県立歴史博物館》 群馬県高崎市綿貫町992の1(問い合わせは027・346・5522)。[前]9時半~[後]5時(入館は30分前まで)。常設展300円。原則(月)休み。

 「国宝展示 綿貫観音山古墳の世界」
  https://grekisi.pref.gunma.jp/event/710/

いいだ・ひろみつ

前学芸員・飯田 浩光

 いいだ・ひろみつ 岡山大学大学院文学研究科修士課程修了。専門は考古学。2015年~23年3月勤務。

(2023年5月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 長崎歴史文化博物館 長崎は16世紀にキリスト教が伝来し、南蛮貿易の拠点として繁栄しました。長崎奉行所立山役所の跡地に立つ当館は、近世の海外交流史にまつわる資料を所蔵しています。

  • 佐喜眞美術館  「沖縄戦の図」は連作中最大の作品です。左上は米軍が最初に上陸した慶良間諸島での「集団自決」の場面。くわを振り上げる少年は、自身の姉の命を絶とうとしています。

  • 香美市立やなせたたかし記念館 詩とメルヘン絵本館 やなせが創刊した雑誌「詩とメルヘン」

  • 今城塚古代歴史館 今城塚古墳は6世紀前半に君臨した継体大王の真の墓と考えられており、淀川流域最大規模の前方後円墳です。1958(昭和33)年に国の史跡に指定されました。当館では今城塚古墳をはじめ、周辺の古墳時代の出土品を中心に常設展示しています。

新着コラム