読んでたのしい、当たってうれしい。

ロゴ散歩

山梨宝石博物館

山梨宝石博物館

水晶・Yの字・湖面に映る逆さ富士

 かつて水晶の産地として知られ、宝石の研磨加工が発展した山梨県。1975年に甲府市に開館した山梨宝石博物館は2007年に河口湖畔に移転、世界中の宝石原石やジュエリーを2千点以上展示している。

 18年にホームページをリニューアル。web関連の仕事経験がある専務の奥山雄一郎さんが制作し、動画を駆使した見栄えがよいものになったが、シンボルマークまでは作れない。イメージに合う作品を手がけてくれそうなデザイナーを探していたところ、「余白の美しいシンプルなデザイン」が際立つ佐藤光さんの作品を発見した。

 福島県在住で初めて山梨を訪れた佐藤さんは、水晶の六角形をデザインの核にした。湖畔から見る富士山も印象に残り、上下対称の形で湖面に映る逆さ富士を表現。山の形は山梨の頭文字「Y」でもある。「Yで逆さ富士ができると発見したときは『やったあ!』と思いましたね」

 「山梨県民のアイデンティティーを伝えることを大切にした」という佐藤さん。奥山さんは「宝石を扱う場所にふさわしい、優雅な美しさと少し緊張感が感じられるロゴになりうれしい」と話す。

 ◆山梨宝石博物館 山梨県富士河口湖町船津6713(問い合わせは0555・73・3246)。午前9時~午後5時半(11月~2月は9時半~5時。入館は30分前まで)。(祝)を除く(水)休み。

(2021年9月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

ロゴ散歩の新着記事

  • ふじのくに茶の都ミュージアム 稜線が白く浮き上がる富士山の手前に、緑の3本線で茶畑を表現した。数本の線を組にした「吹き寄せ」の縦じまは、小堀遠州が提唱した「綺麗さび」を意識。

  • 京都市京セラ美術館 国内2番目の公立美術館として1933年に開館、「帝冠様式」の建物で知られる京都市京セラ美術館。

  • 諸橋近代美術館 福島県・磐梯高原に1999年に開館した諸橋近代美術館。シュールレアリスムを代表する画家サルバドール・ダリのコレクションで知られる。

  • 山梨県立美術館 1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として親しまれている山梨県立美術館。開館時からの目玉、ジャン=フランソワ・ミレー(1814~)の「種をまく人」をはじめ、バルビゾン派の作品や地元ゆかりの作品を数多く展示している。

新着コラム