読んでたのしい、当たってうれしい。

ロゴ散歩

ふじのくに茶の都ミュージアム

ふじのくに茶の都ミュージアム
ふじのくに茶の都ミュージアム

茶どころの水と光 「綺麗さび」

 茶畑が広がる静岡・牧之原台地にあり、茶の歴史や文化を紹介するふじのくに茶の都ミュージアム。2018年にリニューアルオープンした際、県内の高校生~大学院生を対象にシンボルマークを公募した。

 23通の応募の中から選ばれたのは、県立浜松工業高校で建築を教える藤井邦光さん(41)の作品だ。当時、教員の研修制度を利用して静岡文化芸術大学大学院で学んでいて、所属研究室の教授がミュージアムのデザインを監修していた縁で応募した。

 稜線が白く浮き上がる富士山の手前に、緑の3本線で茶畑を表現した。数本の線を組にした「吹き寄せ」の縦じまは、小堀遠州が提唱した「綺麗さび」を意識。建物の外壁の一部を覆う格子としても採り入れられている。青い線は近くを流れる大井川の豊かな水、だいだい色は茶を育てる日光だ。

 「研究室の仲間のおかげで生まれたデザイン」と藤井さん。「ずっと残るものとして責任を感じます」

 ◆ふじのくに茶の都ミュージアム 静岡県島田市金谷富士見町3053の2(問い合わせは0547・46・5588)。午前9時~午後5時(入館は30分前まで)。(火)((祝)の場合は翌平日)休み。

(2022年4月26日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

ロゴ散歩の新着記事

  • 京都市京セラ美術館 国内2番目の公立美術館として1933年に開館、「帝冠様式」の建物で知られる京都市京セラ美術館。

  • 諸橋近代美術館 福島県・磐梯高原に1999年に開館した諸橋近代美術館。シュールレアリスムを代表する画家サルバドール・ダリのコレクションで知られる。

  • 山梨県立美術館 1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として親しまれている山梨県立美術館。開館時からの目玉、ジャン=フランソワ・ミレー(1814~)の「種をまく人」をはじめ、バルビゾン派の作品や地元ゆかりの作品を数多く展示している。

  • 東京都写真美術館 写真・映像の専門館として1995年に開館した東京都写真美術館。2016年のリニューアルの際、英語名をTOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUMと改め、頭文字の一部から「TOP MUSEUM(トップミュージアム)」を愛称とした。

新着コラム