読んでたのしい、当たってうれしい。

ロゴ散歩

古賀政男音楽博物館

古賀政男音楽博物館

古賀メロディーが生まれた場所で
 数々のヒット作を生み昭和歌謡史に名を刻む作曲家・古賀政男(1904~78)の旧宅跡に立つ古賀政男音楽博物館。音楽を志す者が集まる「音楽村」をつくりたいとの遺志を継ぎ、79年に前身の古賀政男記念博物館が開館、97年にリニューアルした。

 マークのモチーフは、館内に一部が移築保存された旧宅に残るステンドグラスだ。38年に自宅を建てる際、古賀は邸内の随所に音楽を連想させる装飾を採り入れた。ト音記号や音符をちりばめた廊下のステンドグラスもその一つで、みずからデザインを指示したという。

 養子で館長も務めた作曲家・山本丈晴(1925~2011)が、古賀の音楽への思いを端的に表現できる、とモチーフにすることを提案。ステンドグラスに使われる2色で彩ったマークとなった。

 館には展示施設のほかホールやカラオケスタジオもある。主任学芸員の宮本紘視さんは「音楽好きが集う場所を望んだ古賀の思いが反映できているのでは」と話す。

 ◆古賀政男音楽博物館 東京都渋谷区上原3の6の12(問い合わせは03・3460・9051)。午前10時~午後5時(入場は30分前まで)。原則(月)、展示替え期間、年末年始休み。

(2022年2月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

ロゴ散歩の新着記事

  • ふじのくに茶の都ミュージアム 稜線が白く浮き上がる富士山の手前に、緑の3本線で茶畑を表現した。数本の線を組にした「吹き寄せ」の縦じまは、小堀遠州が提唱した「綺麗さび」を意識。

  • 京都市京セラ美術館 国内2番目の公立美術館として1933年に開館、「帝冠様式」の建物で知られる京都市京セラ美術館。

  • 諸橋近代美術館 福島県・磐梯高原に1999年に開館した諸橋近代美術館。シュールレアリスムを代表する画家サルバドール・ダリのコレクションで知られる。

  • 山梨県立美術館 1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として親しまれている山梨県立美術館。開館時からの目玉、ジャン=フランソワ・ミレー(1814~)の「種をまく人」をはじめ、バルビゾン派の作品や地元ゆかりの作品を数多く展示している。

新着コラム