旅してサプリ

サケをとことん愛し、食べ尽くす町

吉川さんが社長を務める「味匠喜っ川」の蔵に、所狭しとぶら下がるサケ

吉川さんが社長を務める「味匠喜っ川」の蔵に、所狭しとぶら下がるサケ

  • 吉川さんが社長を務める「味匠喜っ川」の蔵に、所狭しとぶら下がるサケ
  • 家の軒先に連なるサケは冬の風物詩
  • 百種類以上あるといわれる村上のサケ料理=はらこ茶屋
  • サケの歴史や生態を学べる「イヨボヤ会館」では、サケが川を泳ぐ様子を観察できる

 
 魚といえばサケのことをいい、その調理法が100種類を超えるといわれる新潟県村上市。今も厳しい寒さの中で、サケがうまみを増していきます。

取材・文/中村茉莉花

 

 塩引き、白子の刺し身、スッポン煮、ハラコ(イクラ)丼、こぶ巻き、酒びたし、氷頭(ひず)なます……。村上には、サケの調理法が100種類以上残されている。通りにある町屋造りの家々の軒先には、塩引きにされてつるされたサケが連なる。「塩引き街道」と呼ばれる冬の風物詩。村上はサケの町だ。

 魚の中の魚

 村上とサケの歴史は長い。市内の三面(みおもて)川を上るサケが、平安時代に都への奉納物だったという記録も残る。江戸時代には、一人の藩士がサケの自然孵(ふ)化に成功し、藩の財政を立て直したという。

 ここではサケを「イヨボヤ」と呼ぶ。「イヨ」も「ボヤ」も魚を意味する方言で、「イヨボヤ」は「魚の中の魚」の意だ。村上で魚といえばサケのこと。駅のホームでは、こいのぼりならぬ「鮭のぼり」が通年観光客を出迎える。

 命を循環させる

 「鮭名人」の異名を持つ吉川哲鮏(てっしょう)さん(78)は、サケ加工業を営む「味匠喜っ川」の社長。蔵では、計400畳(200坪)ほどの広さの部屋に、1千尾ものサケが、天井からつるされている。塩漬けにして一カ月干す「塩引き鮭」と、さらに半年ほど干してカラカラに乾燥させる「酒びたし」。どちらも村上市特有の調理法だ。冬の寒気と季節風が、じっくり時間をかけて味を熟成させるのだという。

 ビタミンも豊富で、近年アンチエイジングにも効果があるといわれているサケ。村上の人々は、頭から尻尾、エラ、内蔵にいたるまで、全ての部位を余すことなく使い切ってきた。吉川さんによるとそれは「命を循環させること」だ。毎年11月11日の鮭の日には、「鮭魂祭(けいこんさい)」を行いサケの恵みに感謝する。吉川さんは言う。「神様が、サケの姿で我々を生かしてくれるんです」

 

 

味匠喜っ川
TEL0254・53・2213

イヨボヤ会館
日本初のサケの資料館。村上とサケに関する歴史を学べるほか、10月ごろには人工孵化の様子や三面川を遡上するサケを観察できる。600円、小中高生300円。TEL0254・52・7117

はらこ茶屋(サーモンハウス内)
TEL0254・52・1990

 

 

 大洋盛

村上のサケ料理には村上の日本酒で。老舗・大洋酒造の「大洋盛」は手造りの特別本醸造酒。どんな料理にも合うすっきりとした味わい。

720ミリリットル872円~。

TEL(0254・53・3145)。

http://www.taiyo-sake.co.jp

(2014年1月14日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
改修が進む根本中堂のとち葺きの回廊屋根がメディアに公開された。ヘルメットをかぶった僧侶がスピーカーで解説=大津市坂本本町、井本久美撮影

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

2021(令和3)年に最澄入滅から1200年の大遠忌を迎えるにあたり、19(令和元)年5月、「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」が発足した。最澄の魅力を求め、延暦寺へ。

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(2)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(3)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(4)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

新着コラム 一覧を見る
『男はつらいよ』

シネマNEWS

シリーズ史上初!『男はつらいよ』入場者プレゼントで豪華3種ポストカードセット!!

観客動員数が100万人を突破!大ヒットを記念して、『男はつらいよ』シリーズ史上初となる入場者プレゼントの実施が決定した。

世田谷美術館

気になる一品

世田谷美術館

「素朴派」の絵画を多く収蔵する世田谷美術館。ショップでは、素朴派を代表する仏のアンリ・ルソー「フリュマンス・ビッシュの肖像」をモチーフにした「ルソースタンドメッセージカード」が人気だ。

段ボールSL 島英雄作(熊本県南関町)

アートリップ

段ボールSL
島英雄作(熊本県南関町)

千平方メートルの屋内展示場に子どもたちの歓声が響く。その指さす先にあるのは段ボール製の蒸気機関車(SL)「D51」だ。全長20、幅3、高さ4メートルの実物大で、車輪を動かす装置など1700の部品はすべて段ボール。精巧に再現され、今にも動き出しそうだ。

「六月の光」

美博ノート

「六月の光」

異国の地で「描くこと」と向き合い続けた画家・木村忠太(1917~87)。36歳で渡仏して以来、帰国したのは一度だけだが、フランス語は全く話せなかったという。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。