旅してサプリ

伊勢まで20キロメートルの宿場町 
歴史の痕跡に触れる

本居宣長旧宅。書斎は「鈴屋(すずのや)」と名付けられた

本居宣長旧宅。書斎は「鈴屋(すずのや)」と名付けられた

  • 本居宣長旧宅。書斎は「鈴屋(すずのや)」と名付けられた
  • 本居宣長旧宅。書斎は「鈴屋(すずのや)」と名付けられた
  • 駅をでると、8体の松阪牛像がお出迎え
  • 城跡から望む。手前は御城番屋敷
  • 石垣が当時をしのばせる
  • 「松阪商人の館」にはたくさんの部屋
  • 伊勢への旅人に振るまうための大きなかまど
  • 「松阪もめん手織りセンター」
  • 6台の機織り機がならび、体験もできる
  • 左上から、ティッシュポーチ(648円)、シュシュ(1080円)、ポーチ(小、2160円、いずれも松阪もめん手織りセンターで販売)
  • 地図

 
 駅に着くと、迎えてくれたのは特産の織物をまとった小さな「松阪牛」像。松阪の名を全国に知らしめた、まさに立役者です。しかし、牛だけではありません。日本史に名前を残した偉人や有名店のルーツなど、街が育んだ歴史の数々に触れることができます。

取材・文/渡辺鮎美
撮影/篠塚ようこ

 

 街にゆかりの偉人たち

 街の要(かなめ)はやはり松坂城。1588年、武将、蒲生氏郷(がもう・うじさと)の築城以来、街は今も、城跡を基点に扇状に広がる。

 作家、梶井基次郎が自身の体験をもとに書いた小説「城のある町にて」にも、主人公が城跡から街を眺める情景がしばしば描かれる。城跡に上ると、眼下に武士の住まい御城番(ごじょうばん)屋敷、その先に寺の屋根。瓦が太陽の光をあつめて輝きを放つ。物語の中に入り込んだような気がした。

 「古事記伝」を著し、「国学者」として歴史に名を残した本居宣長。実は松阪の商家の生まれだ。町医者のかたわら、古事記や源氏物語の研究に取り組み、国学の四大人(したいじん)の一人にも数えられた。城の桜が見えるようにと、工夫をこらして建てられた宣長の住まいは、今では松坂城跡の一角に移築され、緑豊かな木々に囲まれている。

 本居宣長記念館館長の吉田悦之(よしゆき)さん(57)は、「宣長は、生涯のほとんどを松阪で暮らし、町の良い点、悪い点を客観的に記しています。彼を知れば松阪がもっと楽しめるはず」と話す。館内に展示された直筆の書や手紙を見ると、活字のように丁寧できれいな筆跡。肖像画を見つめ、ますます興味がわいてくる。

 松阪商人と松阪木綿

 伊勢まで約20キロの宿場町としても栄えた松阪。江戸で成功を収めた三井家、小津家など、商人たちの屋敷が街道沿いに並んでいた。

 その一つ、小津清左衛門家の旧宅「松阪商人の館」を訪れた。客人をもてなす20あまりのお座敷や、万両箱の大きさに豪商の暮らしぶりがうかがえる。両手を広げたほどの大きなかまどは、伊勢参りの旅人に施しを行うためのもの。参拝と同じ御利益が得られるとされ、商人たちはもちまわりで炊き出しを行ったり、屋敷に旅人を宿泊させたりしたそうだ。

 また、三井家の三井高利は、呉服店「越後屋」を創業。「現金掛け値なし」の新しい商売方法を生みだし、全国に展開する百貨店「三越」の前身となった。

 高利をはじめ、松阪商人らによって江戸に持ち込まれたのが、松阪木綿だ。藍染めの紺色を基調にした、しま模様が特徴で、質素倹約が定められていた時代に、粋を好む江戸っ子たちの間で人気を呼んだ。

 三井家の敷地跡には「松阪もめん手織りセンター」が立つ。6台の機(はた)織り機があり、反物や木綿を使った小物の販売のほか、手織り体験も人気だ。観光で訪れた女性たちと一緒に、機織り機に座らせてもらった。

 織り機に張った縦糸に、横糸を右へ左へ「カラカラ」と通し、「トントン」と整えながら織っていく。「作家さんの織る音は、聞いていて心地いいんですよ」と同センターの田中茂子さん(68)。

 当時、江戸からの注文を受けて、機織りを行ったのは地元の女性たち。店内に響く「カラカラ」「トントン」という音も、かつては町のあちこちから聞こえていたのだろうか……。時を経て、変わらぬ音に触れながら、無心で機を織った。

 

 

松阪市観光情報センター
JR松阪駅前交番横。手荷物預かりや、自転車の貸し出しも。
松阪市京町507の2、(TEL0598・23・7771)

松阪もめん手織りセンター
松阪市魚町1658の3、(TEL0598・26・6355)

 

 

 松阪駅周辺ホルモンマップ

松阪駅周辺ホルモンマップ松阪駅周辺の12店舗を紹介。松阪牛の焼き肉などが楽しめる。持参するとソフトドリンク(一部店舗ではウーロン茶)が1杯無料になるサービスも(2015年3月末まで有効)。市観光情報センターなどで配布中。

 


松阪市マスコットキャラクター 「ちゃちゃも」

松阪市マスコットキャラクター
「ちゃちゃも」

 元気の出る 松阪経営文化セミナー

 市制施行10周年記念事業
「勝海舟を支えた松阪の商人たち」

 日時/2015年1月19日(月)午後6時半〜午後8時半

 場所/中央区立日本橋公会堂 4階ホール(東京都中央区日本橋蛎殻町1の31の1、水天宮前駅)

 定員先着400人(無料、要事前申し込み)

 松阪市が開催する「松阪商人に学ぶ『松阪経営文化セミナー』」の第4回。幕末から明治時代に活躍した政治家・勝海舟の子孫、高山(こうやま)みな子さん、松阪の商人・竹川竹斎の子孫、竹川裕久さん、(株)ちくま味噌 代表取締役の竹口作兵衞さん、国分(株) 取締役の山本栄二さんらを講師に招き、勝海舟の魅力や、勝の才能を見いだした松阪商人の秘密を解き明かします。

 受講希望者は、申込用紙に必要事項を記入の上、郵送かFAX、メールのいずれかで応募。申込用紙は市役所ホームページ(http://www.city.matsusaka.mie.jp)からダウンロードできます。2015年1月5日午後5時必着

 問い合わせは、市産業経済部観光交流課(TEL0598・53・4406)。

(2014年11月12日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
食、エンタメ、歴史――韓国・ソウル、水原(スウォン)で新たな魅力を探す

食、エンタメ、歴史――韓国・ソウル、水原(スウォン)で新たな魅力を探す

日本人にすっかりおなじみになった韓国の観光地。パワーあふれる韓国で、さらなる魅力に触れるツアーに参加しました。

4千メートルの高低差が織りなす富山の自然

4千メートルの高低差が織りなす富山の自然

富山県が誇る、3千メートル級の立山連峰と水深千メートルを超える富山湾。高低差4千メートルのダイナミックな地形が生み出す、豊かな自然をめぐる旅に参加しました。

トーマス号に乗って大井川沿いを走る

トーマス号に乗って大井川沿いを走る

静岡県の南北をほぼ大井川沿いに走る大井川鐵道。期間限定で運行する「きかんしゃトーマス号」に乗車して、SLの旅を味わってみました。

山口県東部 錦帯橋から工場夜景まで

山口県東部 錦帯橋から工場夜景まで

本州の最西端に位置する山口県。瀬戸内海に面した街を巡りました。

新着コラム 一覧を見る
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

ご当地キャラ大集合

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

ご当地キャラ大集合

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。