アートリップ

緑のラブレター 
高橋政行作(相模原市緑区)

自然からのプロポーズ

白い「封筒」はテントなどに使われるシートが素材=谷本結利撮影

白い「封筒」はテントなどに使われるシートが素材=谷本結利撮影

  • 白い「封筒」はテントなどに使われるシートが素材=谷本結利撮影
  • 近くには、フェリット・オズシェン作「雨」がある=谷本結利撮影

 JR中央線が藤野駅に近づくと、山の中腹に巨大なラブレターが現れた。

 作品は縦17メートル、横26メートル。鉄のフレームにシートが張られている。「ふるさと芸術村構想」のもと、藤野町(現相模原市)の依頼で、1989年に造形作家の高橋政行さん(67)が制作した。作品の意味をたずねると、「自然から人に向けた愛のメッセージ。その愛は時に厳しいですけどね」と高橋さん。

 予備校時代、学生運動を間近に見て、「NOではなく、答えを生み出すアートを模索したい」と思ったという。人間を含む自然をテーマにすべく、30歳で藤野に移住。畑仕事と制作を両立する暮らしを始めたが、都会育ちには試練の日々だった。作物はイノシシにやられ、雪が降ると外に出られない。それでも地元の人たちは自然に感謝し、畑や山で作業していた。作品には、そんな自然の姿が投影されている。「ラブレター」をよく見ると、手の形に切り取られた部分がある。その穴からのぞく山の緑が作品の一部なのだ。

 藤野町に住んで作家活動をする人は300人にまで増えたという。他にも、森の間伐、自家発電に取り組む人も。86年から、移住を世話する元役場職員の中村賢一さん(65)は「面白い人が次々と集まってくる」と笑う。自然からのプロポーズは、町にいくつもの答えを芽吹かせている。

(井上優子)

 藤野ふるさと芸術村

 第2次大戦中、藤田嗣治や猪熊弦一郎らが過ごした藤野。1988年に神奈川県が「藤野ふるさと芸術村メッセージ事業」を立ち上げ、国内外の作家による彫刻などを町内に展示した。当時の作品を含む29作品が、藤野駅周辺に今も残る。現在は、「ぐるっと陶器市」(毎年5月)など民間主体のイベントがさかんで、作家が活躍できる場も多い。

 《作品へのアクセス》JR藤野駅から徒歩20分。


ぶらり発見

エレファント・マーケット

 源泉かけ流しのふじの温泉 東尾垂(おたる)の湯(TEL042・689・2360)は、藤野駅から無料送迎バスが出て便利。560円((土)(日)(祝)は880円)。

 駅からバスで10分のふじのアート・ヴィレッジでは、草木染め作家らが作品を展示販売する((土)(日)のみ)。毎月第4(土)(日)は、「エレファント・マーケット」=写真=を開催。クラフトショップやコーヒー店が並ぶ。敷地内の藤平(とうへい)ピザ(TEL080・2254・5253)では、木のテーブルであつあつピザ(1000円から)を。(金)(土)(日)の午前11時~午後3時半。

(2017年3月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

時の旅人 鈴木典明作(滋賀県草津市)

時の旅人 
鈴木典明作(滋賀県草津市)

琵琶湖に面する滋賀県草津市。JR草津駅から南へ10分ほど歩くと、近代的な建物にまじって、漆喰(しっくい)の壁に格子窓のある屋敷が現れた。

ドラゴン21 釜戸町のみなさん作(岐阜県瑞浪(みずなみ)市)

ドラゴン21 
釜戸町のみなさん作(岐阜県瑞浪(みずなみ)市)

渓流の瀬音と木々の緑が気持ちいい。大小七つの滝が続く、岐阜県瑞浪市釜戸町の渓谷「竜吟峡(りゅうぎんきょう)」。ふもとまで下りると、2匹の竜をモチーフにした高さ7メートルのモニュメントが立っている。

ガラスの砂浜 (長崎県大村市)

ガラスの砂浜 
(長崎県大村市)

長崎空港近くの砂浜が、季節外れのにぎわいを見せている。親子連れや若い男女が夢中でのぞき込んでいるのは足元。よく見ると、浜辺はカラフルな「ガラス砂」で覆われていた。

新着コラム 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

オトコの別腹

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「道頓堀今井」のきつねうどん

おんなのイケ麺(めん)

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

「グレーの柳」

美博ノート

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

フォービスム ひろしま美術館

私のイチオシコレクション

フォービスム ひろしま美術館

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。