アートリップ

段ボールSL
島英雄作(熊本県南関町)

夢の実物大 精巧に再現

使い古しの段ボール箱約4千個を譲り受け、2013年に制作した「デゴイチ」ことD51。総重量は1.7トン

使い古しの段ボール箱約4千個を譲り受け、2013年に制作した「デゴイチ」ことD51。総重量は1.7トン

 千平方メートルの屋内展示場に子どもたちの歓声が響く。その指さす先にあるのは段ボール製の蒸気機関車(SL)「D51」だ。全長20、幅3、高さ4メートルの実物大で、車輪を動かす装置など1700の部品はすべて段ボール。精巧に再現され、今にも動き出しそうだ。

 ここは、阿蘇の山並みを望む標高190メートルほどの丘の上。熊本県南関町にあるホテルセキアの敷地内に昨夏オープンした「段ボールSL館」だ。D51のほか、全長22メートル、部品数3千のC62など計4両が展示され、無料で見学できる。

 作者は段ボール工芸家の島英雄さん(70)。60歳の時に自身の建築設計事務所を後進に託し、段ボールでSLを作ろうと思い立った。建築模型で多用してきた段ボール。「使い道に可能性を感じていました」。もともと鉄道好き。D51や新幹線の生みの親で元国鉄技師長の故島秀雄さんは父の友人だった。子どもの頃は同名の島さんに連れられ、車両基地に通った。

 D51とC62の設計に3年、D51の制作には10カ月かかった。完成後は国内50カ所以上で展示。常設場所を探すなか、友人を介してホテルセキアと出会った。総支配人の後藤大次郎さん(75)は「夢のある作品。子どもにぜひ見てもらいたいと思った」と話す。

 ラジオで展示を知ってすぐに見に来たという50代の女性は「すごい迫力ですね」と驚いていた。

(牧野祥、写真も)

 《アクセス》大牟田駅から無料シャトルバスで約40分。

 段ボールSL館

 熊本県南関町関村1556(問い合わせは0968・69・6111)。午前10時~午後5時。SL1両は、3月22日までの「特別展 天空ノ鉄道物語」(東京)に出展中。


ぶらり発見

南関町の特産品南関あげ 南関町の特産品南関あげ(小3枚入り150円)は、常温で3カ月ほど保存できる油揚げ。豆腐を圧縮して水分を減らし2度揚げしている。地元では巻きずしののりの代わりにも使われる=写真。問い合わせはいきいき村(0968・53・0388)。

 同町の隣の福岡県大牟田市は「日本のカルタ発祥の地」をうたう。大牟田駅から徒歩10分の三池カルタ・歴史資料館(問い合わせは0944・53・8780)では様々なカルタを紹介。午前10時~午後5時。原則(月)と毎月最終(木)休み。

(2020年1月28日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
Cycloid V(ファイブ) 森万里子作(東京都港区)

Cycloid V(ファイブ)
森万里子作(東京都港区)

滑らかな曲線が美しい弧を描いて上昇しては、緩やかに下りてくる。

ルーフアート 余田(よでん)卓也 作 (大阪市福島区) 

ルーフアート
余田(よでん)卓也 作 (大阪市福島区) 

大阪市内を一周するJR大阪環状線外回りの電車が福島駅に向けて減速すると、車窓に一瞬何かが現れた。ビルにはさまれた屋根に浮かび上がるのは、黒と白のアルファベットや数字の重なりだ。

フルーツバス停 吉次(よしつぐ)工業 作(長崎県諫早市)

フルーツバス停
吉次(よしつぐ)工業 作(長崎県諫早市)

冬の日差しを浴びた海の向こうに、雲仙岳がかすんで見えた。

開花 サハンド・ヘサミヤン作(奈良市)

開花
サハンド・ヘサミヤン作(奈良市)

江戸時代末期から明治時代にかけての風情が残る、奈良市の旧市街「ならまち」。町家の間を抜けていくと、巨大なこまのような物体が現れる。

新着コラム 一覧を見る
「瓢亭」の夕霧そば(冷)天ぷら付

おんなのイケ麺(めん)

はらだ有彩さん
「瓢亭」の夕霧そば(冷)天ぷら付

大阪の梅田方面、飲み屋街の一角のお店。のれんをくぐると昔ながらのお店の雰囲気にほっとします。

「なごみの米屋」のぴーなっつ最中

オトコの別腹

山中誠也さん
「なごみの米屋」のぴーなっつ最中

ピーナツを練り込んだあんが入っている香ばしい最中。箱もお菓子そのものも、ピーナツの形をしていて可愛いデザイン。

糸

シネマNEWS

菅田将暉×石崎ひゅーい×亀田誠治が中島みゆき「糸」をカバー!

中島みゆきが、糸を人に見立てて男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌った名曲「糸」をモチーフとした愛と絆の感動映画『糸』。

すばらしき世界

シネマNEWS

役所広司×西川美和監督、初タッグ!

「復讐するは我にあり」で直木賞を受賞した佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案とした西川美和監督最新作『すばらしき世界』が2021年春全国公開することが決定!

お知らせ(更新情報)
レイアウトを一部変更しました。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。