アートリップ

フィッシュダンス 
フランク・ゲーリー作(神戸市中央区)

コイ踊る メリケン波止場

ライトアップは毎日、日没~午後11時半ごろ=滝沢美穂子撮影

ライトアップは毎日、日没~午後11時半ごろ=滝沢美穂子撮影

  • ライトアップは毎日、日没~午後11時半ごろ=滝沢美穂子撮影
  • メリケンパークにあるオブジェ「オルタンシアの鐘」と神戸ポートタワー=滝沢美穂子撮影

 昨年、開港150年の神戸港。メリケンパークの玄関口では、勢いよく尾を曲げて跳びはねるコイの巨大なオブジェが迎えてくれる。

 米国の建築家、フランク・ゲーリー(88)の日本で唯一の作品だ。高さ22メートルほど。金網めっきの板を2枚重ねにした約1300枚を、鉄骨の骨組みに手作業でつなぎ合わせている。1987年、開港120年を記念して、鯉川(こいかわ)の川尻にあった同地に、アパレル会社ワールドが魚のオブジェを企画。招かれ現地を見たゲーリーが、食事の席でナプキンに描いた「波に乗る魚」のデザインがコンペで選ばれ、建築家・安藤忠雄監修のもとに作られた。

 ゲーリーとコイのつながりは深い。幼少時はコイが泳ぐのをよく眺め、長じては日本の浮世絵に描かれたコイに影響を受けたという。泳ぐ際のフォルムの研究から、ゲーリー建築の動きのある曲線が生まれた。本作の制作後、そうした建築が次々と世界各地で発表された。

 オブジェは、その後、紆余曲折(うよきょくせつ)を経て、2014年に神戸市の所有となった。昨年の公園リニューアル工事で、作品の周辺も植栽が整い、見やすくなった。市みなと総局経営課の長井勲さん(43)は、「メリケンパークを象徴する作品。これからも大事にしていきたい」と話す。夜間、尾にライトアップの光を浴び、コイは生き生きと踊っているように見えた。

(石井久美子)

 メリケンパーク

 1987年、神戸港開港120年を記念してメリケン波止場のあった場所を整備した公園。広さ約7万6000平方メートルに、神戸海洋博物館などがある。2017年4月にリニューアルオープンし、コーヒーショップやフォトスポット「BE KOBE」を設置。LEDで夜間のライトアップも行っている。一角には、1995年の阪神大震災当時の港の状態を保存した神戸港震災メモリアルパークもある。

 《アクセス》元町駅から徒歩約10分。


ぶらり発見

シーフードバターカレー

 オブジェに隣接するFISH IN THE FOREST TOOTH TOOTH×そら植物園(TEL078・334・1820)は、プラントハンター西畠清順さんとコラボしたカフェ・レストラン。世界の植物があふれる店内では、魚の形をかたどったシーフードバターカレー(写真、1404円、サラダとドリンクバーつき)が味わえる。

 メリケンパークから徒歩約10分の神戸みなと温泉 蓮(TEL381・7000)は、宿泊・食事もできる健康増進施設。地下1150mからくみ上げる天然温泉で、露天風呂は源泉掛け流し(日帰り入館料2559円~)。

(2018年1月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
光屛風(紅) 吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

光屏風(紅)
吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

手荷物を持った乗客が次々とやって来た。成田空港第2ターミナルビル。外国人や、帰国した日本人が機内から降り立ち、初めて眺める空間に「光屏風」はある。日本の伝統工芸品が並ぶ約500メートルの到着コンコースの両端に、「藍」と「紅」の屏風が2隻飾られている。

クリスタルアース 輝きのスポットを創る会作(甲府市)

クリスタルアース
輝きのスポットを創る会作(甲府市)

甲府駅の雑踏を抜けると、構内の一角に直径1.2メートルの輝く球体が現れた。

アップルハート 石澤暁夫作(青森市)

アップルハート
石澤暁夫作(青森市)

津軽平野の中東部・青森市浪岡地域はリンゴの町だ。生産量全国3位の同市の実に95%が浪岡産。

虹の防人(さきもり)會田雄亮作(山形市)

虹の防人(さきもり)
會田雄亮作(山形市)

〽ひんがしに蔵王を望み 西の空 月山は呼ぶ――。JR山形駅改札を出て西口へ。

新着コラム 一覧を見る
「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

美博ノート

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

数理模型 インターメディアテク

私のイチオシコレクション

数理模型 インターメディアテク

数理模型とは、数学の数式で表される領域を石膏などで立体化したもの。19世紀後半~20世紀初頭、主にドイツのマルチン・シリング社が制作し、数学の教材として用いられました。

五島美術館

気になる一品

五島美術館

日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。

荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

私の描くグッとムービー

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。