アートリップ

波しぐれ三度笠 
流政之作(鳥取県琴浦町)

「旅人」が語る 港の歴史

高さ4.33メートル、北東に向かって立っている。3体はそれぞれ微妙に形が異なる=滝沢美穂子撮影

高さ4.33メートル、北東に向かって立っている。3体はそれぞれ微妙に形が異なる=滝沢美穂子撮影

  • 高さ4.33メートル、北東に向かって立っている。3体はそれぞれ微妙に形が異なる=滝沢美穂子撮影
  • 夕日を浴びて「旅人」のシルエットが浮かび上がる=滝沢美穂子撮影

 冬の日本海。海岸線を歩いていくと、石積みの突堤の先に強い海風と打ち寄せる波しぶきを受けながら海に向かって立つ、白い3体の彫刻が見えてきた。

 彫刻家、流(ながれ)政之(1923~)が89年に制作した石彫作品だ。80年代後半、当時の鳥取県赤碕町(現琴浦町)商工会がモニュメントを計画。同地出身の親族をもつ日動画廊社長が建設資金を寄付して、国際的に活躍する流に依頼した。

 設置場所を探し求めて町中を巡り歩いた流の目に留まったのが、菊港だった。江戸時代には、北前船が寄港し、藩米の積み出し港として栄えた。しかし明治以降は水深が浅くなり、港としての機能が低下、忘れられた存在になっていた。流は「こんな港が残っていたのか」と驚き、ここに設置を決意。かつての港の歴史を掘り起こそうと、白御影石で海を渡った旅人たちを表現した。

 流は「人生には三度チャンスがあり、それをつかめば喜びがある。荒波に打たれ、吹雪の中に立つ彫刻からそれを感じてほしい」と話している。

 当時、赤碕町観光協会副会長を務めていた祇園(ぎおん)和康さん(86)は、「この作品のおかげで菊港の歴史や意義に関心を向けてもらえる、赤碕の宝です」と誇らしげに言った。作品は95年に県の景観大賞を受賞。今は地域を代表する名所のひとつだ。

(石井久美子)

 菊港

 鳥取県中部の琴浦町に位置する赤碕港内の三つの港のうちの一つ。寛政年間(1789~1801)に築かれ、左右に二つの防波堤を備える。江戸時代は北前船が寄港し、藩米の積み出し港となり、船番所や藩倉、商店や旅館が立ち並ぶ町の中心地として栄えた。「波しぐれ三度笠」の設置にあわせて、作品までの歩道を舗装、橋を架けた。その後、海岸沿いに公園も造成された。

 《アクセス》赤碕駅から徒歩約20分。


ぶらり発見

モサエビ丼

 菊港のすぐ前には塩谷定好写真記念館(TEL0858・55・0120)がある。塩谷は大正~昭和に活動した芸術写真家。1906年に建てられた回船問屋の生家を改装して2013年に開館。ギャラリーと各部屋で、塩谷の作品や愛用品、回船問屋時代の調度品などを見ることができる。300円。(火)休み。

 「三度笠」から徒歩約20分の魚料理海(TEL55・0889)は鮮魚も販売する食堂。地元で捕れた甘みのあるモサエビがたっぷりのった「モサエビ丼」が味わえる(写真、1550円、みそ汁とお新香付き)。

(2018年3月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
The Secret Pond(秘密の池) ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

The Secret Pond(秘密の池) 
ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

長崎・五島列島の福江島。空港から島随一の絶景地・大瀬崎灯台へと、玉之浦湾の入り江を見下ろす山あいの道を車で向かう。ふいに木々が途切れた場所で眼下を見やると、不思議な風景が目に飛び込んできた。

星座`94横浜 平山郁夫原画監修(横浜市西区)

星座`94横浜 
平山郁夫原画監修(横浜市西区)

パシフィコ横浜・国立大ホールのエントランスに入ると、頭上に星空が広がった。巨大なステンドグラスの作品だ。

佐渡の版画 大川版画グループのみなさん作(新潟県佐渡市)

佐渡の版画 
大川版画グループのみなさん作(新潟県佐渡市)

両津港でフェリーを降り、海沿いを車で15分ほど走ると、木造の古い家や白い漆喰(しっくい)の蔵の外壁に何か飾られているのが見える。たくさんの版画だ。

Work 2012 三島喜美代作(東京都品川区)

Work 2012 
三島喜美代作(東京都品川区)

都心と羽田空港を結ぶ東京モノレールの天王洲アイル駅。高層のオフィスビル群を抜けると、思わず足が止まった。目の前に現れたのは、巨大なくずかご。

新着コラム 一覧を見る
観光客をほっこり温める「癒やし系」

ご当地キャラ大集合

観光客をほっこり温める「癒やし系」

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第5回は神奈川県箱根町・強羅の「ごうらん」です。

「花を摘む男女」

美博ノート

「花を摘む男女」

戦前~1980年代、愛知県瀬戸市は欧米輸出用の陶磁の置物や装飾品「ノベルティ」の一大産地で、最盛期には300社以上の工房が腕を競った。本展は戦後以降に作られた約250点で、その魅力を紹介する。

横浜市歴史博物館

気になる一品

横浜市歴史博物館

原始から現代の暮らしを紹介する横浜市歴史博物館。ショップでは、脱力系のキュートさが漂う「手づくり 顔面把手(とって)」を販売する。

横山大観 足立美術館

私のイチオシコレクション

横山大観 足立美術館

今年生誕150年の横山大観(1868~1958)。日本美術院の創設、再興に携わり、明治、大正、昭和にわたって、富士図、花鳥画、山水画などを描いた近代日本画家です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。