アートリップ

水の樹 
森本千絵監修(青森県八戸市)

広がる水の波紋 光と音と

流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影

流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影

  • 流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影
  • 夜はライトアップで幻想的に=伊ケ崎忍撮影

 太平洋に面した青森県八戸市の中心街。ガラス窓に囲まれた空間に、水色のオブジェが透けて見えた。ここは市民広場「マチニワ」。その中央に立つのが、シンボルオブジェ「水の樹(き)」だ。

 樹木形の噴水兼水飲み場で、幅6・8メートル、高さ7・6メートル。「大地に根を張り、枝葉が天高く伸び、全てをつないで育っていくように」がコンセプト。地下貯水槽からくみ上げ、中心部のステンレス製支柱から流れた水が、ししおどしを通って落ちる。

 周辺では、約30年前から大型商業施設の移転が相次いでいた。その後空きビルが目立ち、人通りが減少。そこで市が街歩きの拠点として、今年7月にオブジェと広場を完成させた。「ガラス張りで通り抜けができる空間は、開放感を意識した設計です」と市職員の十文字俊祐さん(42)。オブジェのデザインを監修したのは、同県三沢市出身のアートディレクター、森本千絵さん(42)。光を受けると葉に見立てた受け皿に水の波紋が広がる。「水色と紫色がシャボン玉みたい」と小学6年の男の子は笑う。

 広場は朝6時から夜11時まで開放。1時間に1回、音楽が流れる。60代女性は「水琴窟の音みたいで心地いい」と耳を澄ます。噴水ではしゃぐ子ども、ベンチでバスを待つ高齢者、談笑する学生――ここに根付いた「水の樹」は、街のオアシス的存在になりつつある。

(石井広子)

 八戸まちなか広場 マチニワ

 漁業や工業によって発展してきた八戸市。その中心街の「庭」のような場所として建てられた、ガラス屋根付きの全天候型広場だ。790平方メートル、高さ15メートル。向かいには、芸術家が滞在して制作するスペースなどがある文化施設「八戸ポータルミュージアムはっち」が立つ。広場1階レンタルスペースでは市民の発案などでイベントも開催し、大型スライドドアは季節に応じて開閉可能。南部赤松の天井の格子から光が差し込む。

 《アクセス》本八戸駅から徒歩約10分。


ぶらり発見

八戸ブックセンター

 マチニワを通り抜けた先のビル1階にあるのが、国内でも珍しい市直営の書店、八戸ブックセンター(TEL0178・20・8368)。「本のまち八戸」を推進する拠点として古本市なども開催する。著名人らが決めたテーマごとに本を陳列。コーヒー片手に本選びができる。午前10時~午後8時。(火)休み。

 マチニワから徒歩1分のサバの駅(TEL24・3839)は、八戸港でとれた「八戸前沖さば」の料理が味わえる専門店。銀サバの串焼き(1本508円)、棒ずし(4貫1296円)など。午後5時~翌午前0時。(日)休み。

(2018年10月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

苔(こけ)物語 井上葉月作(愛媛県伊方町)

苔(こけ)物語 
井上葉月作(愛媛県伊方町)

四国最西端の佐田岬半島。野分き立ち、ほのかに色づきはじめた柑橘(かんきつ)が防風垣に守られながらも揺れていた。

窓 北島一夫作(神奈川県秦野市)

窓 
北島一夫作(神奈川県秦野市)

丹沢の山並みに囲まれ、水無川沿いに位置する「カルチャーパーク」。パーク内に点在する野外彫刻を見ながら歩いていくと、陸上競技場の脇に大きな門のような彫刻が現れた。

The Secret Pond(秘密の池) ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

The Secret Pond(秘密の池) 
ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

長崎・五島列島の福江島。空港から島随一の絶景地・大瀬崎灯台へと、玉之浦湾の入り江を見下ろす山あいの道を車で向かう。ふいに木々が途切れた場所で眼下を見やると、不思議な風景が目に飛び込んできた。

新着コラム 一覧を見る
画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

きびがら工房@栃木・鹿沼

街の十八番

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。