アートリップ

水の樹 
森本千絵監修(青森県八戸市)

広がる水の波紋 光と音と

流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影

流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影

  • 流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影
  • 夜はライトアップで幻想的に=伊ケ崎忍撮影

 太平洋に面した青森県八戸市の中心街。ガラス窓に囲まれた空間に、水色のオブジェが透けて見えた。ここは市民広場「マチニワ」。その中央に立つのが、シンボルオブジェ「水の樹(き)」だ。

 樹木形の噴水兼水飲み場で、幅6・8メートル、高さ7・6メートル。「大地に根を張り、枝葉が天高く伸び、全てをつないで育っていくように」がコンセプト。地下貯水槽からくみ上げ、中心部のステンレス製支柱から流れた水が、ししおどしを通って落ちる。

 周辺では、約30年前から大型商業施設の移転が相次いでいた。その後空きビルが目立ち、人通りが減少。そこで市が街歩きの拠点として、今年7月にオブジェと広場を完成させた。「ガラス張りで通り抜けができる空間は、開放感を意識した設計です」と市職員の十文字俊祐さん(42)。オブジェのデザインを監修したのは、同県三沢市出身のアートディレクター、森本千絵さん(42)。光を受けると葉に見立てた受け皿に水の波紋が広がる。「水色と紫色がシャボン玉みたい」と小学6年の男の子は笑う。

 広場は朝6時から夜11時まで開放。1時間に1回、音楽が流れる。60代女性は「水琴窟の音みたいで心地いい」と耳を澄ます。噴水ではしゃぐ子ども、ベンチでバスを待つ高齢者、談笑する学生――ここに根付いた「水の樹」は、街のオアシス的存在になりつつある。

(石井広子)

 八戸まちなか広場 マチニワ

 漁業や工業によって発展してきた八戸市。その中心街の「庭」のような場所として建てられた、ガラス屋根付きの全天候型広場だ。790平方メートル、高さ15メートル。向かいには、芸術家が滞在して制作するスペースなどがある文化施設「八戸ポータルミュージアムはっち」が立つ。広場1階レンタルスペースでは市民の発案などでイベントも開催し、大型スライドドアは季節に応じて開閉可能。南部赤松の天井の格子から光が差し込む。

 《アクセス》本八戸駅から徒歩約10分。


ぶらり発見

八戸ブックセンター

 マチニワを通り抜けた先のビル1階にあるのが、国内でも珍しい市直営の書店、八戸ブックセンター(TEL0178・20・8368)。「本のまち八戸」を推進する拠点として古本市なども開催する。著名人らが決めたテーマごとに本を陳列。コーヒー片手に本選びができる。午前10時~午後8時。(火)休み。

 マチニワから徒歩1分のサバの駅(TEL24・3839)は、八戸港でとれた「八戸前沖さば」の料理が味わえる専門店。銀サバの串焼き(1本508円)、棒ずし(4貫1296円)など。午後5時~翌午前0時。(日)休み。

(2018年10月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

時の旅人 鈴木典明作(滋賀県草津市)

時の旅人 
鈴木典明作(滋賀県草津市)

琵琶湖に面する滋賀県草津市。JR草津駅から南へ10分ほど歩くと、近代的な建物にまじって、漆喰(しっくい)の壁に格子窓のある屋敷が現れた。

ドラゴン21 釜戸町のみなさん作(岐阜県瑞浪(みずなみ)市)

ドラゴン21 
釜戸町のみなさん作(岐阜県瑞浪(みずなみ)市)

渓流の瀬音と木々の緑が気持ちいい。大小七つの滝が続く、岐阜県瑞浪市釜戸町の渓谷「竜吟峡(りゅうぎんきょう)」。ふもとまで下りると、2匹の竜をモチーフにした高さ7メートルのモニュメントが立っている。

ガラスの砂浜 (長崎県大村市)

ガラスの砂浜 
(長崎県大村市)

長崎空港近くの砂浜が、季節外れのにぎわいを見せている。親子連れや若い男女が夢中でのぞき込んでいるのは足元。よく見ると、浜辺はカラフルな「ガラス砂」で覆われていた。

新着コラム 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

オトコの別腹

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「道頓堀今井」のきつねうどん

おんなのイケ麺(めん)

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

「グレーの柳」

美博ノート

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

フォービスム ひろしま美術館

私のイチオシコレクション

フォービスム ひろしま美術館

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。