アートリップ

水の樹 
森本千絵監修(青森県八戸市)

広がる水の波紋 光と音と

流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影

流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影

  • 流れる楽曲「水の声」は坂本美雨と八戸出身の音楽家、haruka nakamuraとの共作=伊ケ崎忍撮影
  • 夜はライトアップで幻想的に=伊ケ崎忍撮影

 太平洋に面した青森県八戸市の中心街。ガラス窓に囲まれた空間に、水色のオブジェが透けて見えた。ここは市民広場「マチニワ」。その中央に立つのが、シンボルオブジェ「水の樹(き)」だ。

 樹木形の噴水兼水飲み場で、幅6・8メートル、高さ7・6メートル。「大地に根を張り、枝葉が天高く伸び、全てをつないで育っていくように」がコンセプト。地下貯水槽からくみ上げ、中心部のステンレス製支柱から流れた水が、ししおどしを通って落ちる。

 周辺では、約30年前から大型商業施設の移転が相次いでいた。その後空きビルが目立ち、人通りが減少。そこで市が街歩きの拠点として、今年7月にオブジェと広場を完成させた。「ガラス張りで通り抜けができる空間は、開放感を意識した設計です」と市職員の十文字俊祐さん(42)。オブジェのデザインを監修したのは、同県三沢市出身のアートディレクター、森本千絵さん(42)。光を受けると葉に見立てた受け皿に水の波紋が広がる。「水色と紫色がシャボン玉みたい」と小学6年の男の子は笑う。

 広場は朝6時から夜11時まで開放。1時間に1回、音楽が流れる。60代女性は「水琴窟の音みたいで心地いい」と耳を澄ます。噴水ではしゃぐ子ども、ベンチでバスを待つ高齢者、談笑する学生――ここに根付いた「水の樹」は、街のオアシス的存在になりつつある。

(石井広子)

 八戸まちなか広場 マチニワ

 漁業や工業によって発展してきた八戸市。その中心街の「庭」のような場所として建てられた、ガラス屋根付きの全天候型広場だ。790平方メートル、高さ15メートル。向かいには、芸術家が滞在して制作するスペースなどがある文化施設「八戸ポータルミュージアムはっち」が立つ。広場1階レンタルスペースでは市民の発案などでイベントも開催し、大型スライドドアは季節に応じて開閉可能。南部赤松の天井の格子から光が差し込む。

 《アクセス》本八戸駅から徒歩約10分。


ぶらり発見

八戸ブックセンター

 マチニワを通り抜けた先のビル1階にあるのが、国内でも珍しい市直営の書店、八戸ブックセンター(TEL0178・20・8368)。「本のまち八戸」を推進する拠点として古本市なども開催する。著名人らが決めたテーマごとに本を陳列。コーヒー片手に本選びができる。午前10時~午後8時。(火)休み。

 マチニワから徒歩1分のサバの駅(TEL24・3839)は、八戸港でとれた「八戸前沖さば」の料理が味わえる専門店。銀サバの串焼き(1本508円)、棒ずし(4貫1296円)など。午後5時~翌午前0時。(日)休み。

(2018年10月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
巣鴨信用金庫 中青木支店 エマニュエル・ムホー作(埼玉県川口市)

巣鴨信用金庫 中青木支店 
エマニュエル・ムホー作(埼玉県川口市)

住宅や雑居ビルが立ち並ぶ道路を進むと、視界に「色」が飛び込んできた。

アローの木 東恩納(ひがしおんな)裕一作(東京都渋谷区)

アローの木 
東恩納(ひがしおんな)裕一作(東京都渋谷区)

東京・渋谷駅から原宿駅へ。若者でにぎわう明治通りを歩いていると、広場に、カラフルな矢印が飛び交う「木」が現れた。

風の地平線 蜃気楼(しんきろう) 大成浩作(富山県魚津市)

風の地平線 蜃気楼(しんきろう) 
大成浩作(富山県魚津市)

水平線上に陸の景色がゆらゆらと……。富山県・魚津港で見られることの多い蜃気楼。快晴の冬の一日、港を訪れると、その様子をイメージした彫刻に出会った。

静岡県富士山世界遺産センター 坂 茂(ばん・しげる)作(静岡県富士宮市)

静岡県富士山世界遺産センター 
坂 茂(ばん・しげる)作(静岡県富士宮市)

つんと冷えた朝の青空に映える、雪化粧の富士山。そのふもと、静岡県富士宮市に逆円錐(えんすい)形の建物がたたずむ。一昨年開館した県富士山世界遺産センターだ。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。