アートリップ

ロドニー号 
元町6丁目商店街振興組合作(神戸・元町6丁目商店街)

商店街の「航海」見守る

完成時は電飾が施されていた=滝沢美穂子

完成時は電飾が施されていた=滝沢美穂子

  • 完成時は電飾が施されていた=滝沢美穂子
  • 神戸海洋博物館に展示中のロドニー号の模型=同館提供

 元町駅と神戸駅間に位置する全長1・2キロの神戸・元町商店街。西端にある元町6丁目商店街(通称モトロク)まで歩き、ふと見上げると、空中に漂う一隻の「船」が目についた。1987年に、神戸開港120年と6丁目商店街のアーケード完成を記念して作られた「ロドニー号」だ。当時の新聞には、「景気呼び込め ロドニー号」の見出しが躍り、造船・海運不況を吹き飛ばそうという意気込みが感じられる。

 モデルは、1868年1月1日、神戸開港を祝して港内で祝砲をあげた英国艦隊の旗艦だ。作品は、実物の14分の1の全長4・5メートル、地元の業者に依頼し、骨組みだけを鉄で再現している。設置に携わったマルヤ靴店の3代目片山泰造さん(66)は、「実は、からくり時計の予定だったけど、神戸にゆかりのあるものにしたくてね」と振り返る。

 作品設置後の商店街は一時、活気を取り戻したが、その後は経営者の高齢化により空き店舗が増えるなど、抱える課題は大きい。「三宮や元町からの観光客や、神戸ハーバーランドなどに流れる客を取り込みたい」と話すのは、息子の喜市郎さん(35)。昨年から商店街の運営は、30、40代が中心に担うようになった。

 喜市郎さんが、2011年から4年間行ったのが、空き店舗を活用して、関西の若手クリエーターを呼び込む事業だ。話題になると若い客が目立ちはじめ、独立して店を出す若者も現れた。

 ロドニー号は、そんな街の歴史と今後の「航海」の行方を、上空から見守っている。

(佐藤直子)

 神戸・元町商店街

 神戸の中心部に位置し、140年以上続く商店街。元町1、2丁目の1番街と、3~6丁目の商店街の5区画で構成される。創業145年のせんべい店「亀井堂総本店」など約20店の老舗をはじめ、洋菓子店、雑貨店、喫茶店など約300店が軒を連ねる。近隣には、旧居留地や神戸ハーバーランド、メリケンパーク、中華街の南京町などがある。

 《アクセス》元町6丁目商店街は西元町駅からすぐ。


ぶらり発見

ぬいぐるみ

 ロドニー号の模型が見られる神戸海洋博物館(TEL078・327・8983)は、元町6丁目商店街から徒歩15分。模型は実物の8分の1ほどの大きさだ。神戸港の歴史や船の仕組みなどを紹介。原則(月)休み。入館料600円。

 昨年、神戸開港150年を記念して作られた神戸タータン柄。海の青、真珠の白、ポートタワーや神戸大橋の赤、街並みのグレー、六甲山の緑をチェックで表現した。ぬいぐるみ=写真=や、菓子などを街中で購入できる。神戸タータン協議会事務局(TEL854・9701)。

(2018年11月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
「項(Relatum)」 李禹煥(リウファン)作(東京都江東区)

「項(Relatum)」 
李禹煥(リウファン)作(東京都江東区)

来場者が足早に行き交う「東京ビッグサイト」の西展示棟1階。屋外へ出ると、目の前の人工池の水面が風に揺れてきらめいた。近づくと、4個の自然石に囲まれ、厚さ12センチの鉄板が沈んでいる。

意心帰(いしんき) 安田侃(かん)作(東京都港区)

意心帰(いしんき) 
安田侃(かん)作(東京都港区)

六本木駅から東京ミッドタウンへ。地下通路を進むと、天窓から降り注ぐ太陽光に照らされる大きな石が見えてきた。

都田(みやこだ)駅 都田建設作(静岡県浜松市)

都田(みやこだ)駅 
都田建設作(静岡県浜松市)

静岡県西部の田園地帯や山あいを走る天竜浜名湖鉄道。そのほぼ中間にある都田駅は、瓦ぶき屋根の小さな無人駅だ。中をのぞくと、色とりどりの模様が目に飛び込んできた。

達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

オトコの別腹

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。