アートリップ

ロドニー号 
元町6丁目商店街振興組合作(神戸・元町6丁目商店街)

商店街の「航海」見守る

完成時は電飾が施されていた=滝沢美穂子

完成時は電飾が施されていた=滝沢美穂子

  • 完成時は電飾が施されていた=滝沢美穂子
  • 神戸海洋博物館に展示中のロドニー号の模型=同館提供

 元町駅と神戸駅間に位置する全長1・2キロの神戸・元町商店街。西端にある元町6丁目商店街(通称モトロク)まで歩き、ふと見上げると、空中に漂う一隻の「船」が目についた。1987年に、神戸開港120年と6丁目商店街のアーケード完成を記念して作られた「ロドニー号」だ。当時の新聞には、「景気呼び込め ロドニー号」の見出しが躍り、造船・海運不況を吹き飛ばそうという意気込みが感じられる。

 モデルは、1868年1月1日、神戸開港を祝して港内で祝砲をあげた英国艦隊の旗艦だ。作品は、実物の14分の1の全長4・5メートル、地元の業者に依頼し、骨組みだけを鉄で再現している。設置に携わったマルヤ靴店の3代目片山泰造さん(66)は、「実は、からくり時計の予定だったけど、神戸にゆかりのあるものにしたくてね」と振り返る。

 作品設置後の商店街は一時、活気を取り戻したが、その後は経営者の高齢化により空き店舗が増えるなど、抱える課題は大きい。「三宮や元町からの観光客や、神戸ハーバーランドなどに流れる客を取り込みたい」と話すのは、息子の喜市郎さん(35)。昨年から商店街の運営は、30、40代が中心に担うようになった。

 喜市郎さんが、2011年から4年間行ったのが、空き店舗を活用して、関西の若手クリエーターを呼び込む事業だ。話題になると若い客が目立ちはじめ、独立して店を出す若者も現れた。

 ロドニー号は、そんな街の歴史と今後の「航海」の行方を、上空から見守っている。

(佐藤直子)

 神戸・元町商店街

 神戸の中心部に位置し、140年以上続く商店街。元町1、2丁目の1番街と、3~6丁目の商店街の5区画で構成される。創業145年のせんべい店「亀井堂総本店」など約20店の老舗をはじめ、洋菓子店、雑貨店、喫茶店など約300店が軒を連ねる。近隣には、旧居留地や神戸ハーバーランド、メリケンパーク、中華街の南京町などがある。

 《アクセス》元町6丁目商店街は西元町駅からすぐ。


ぶらり発見

ぬいぐるみ

 ロドニー号の模型が見られる神戸海洋博物館(TEL078・327・8983)は、元町6丁目商店街から徒歩15分。模型は実物の8分の1ほどの大きさだ。神戸港の歴史や船の仕組みなどを紹介。原則(月)休み。入館料600円。

 昨年、神戸開港150年を記念して作られた神戸タータン柄。海の青、真珠の白、ポートタワーや神戸大橋の赤、街並みのグレー、六甲山の緑をチェックで表現した。ぬいぐるみ=写真=や、菓子などを街中で購入できる。神戸タータン協議会事務局(TEL854・9701)。

(2018年11月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
静岡県富士山世界遺産センター 坂 茂(ばん・しげる)作(静岡県富士宮市)

静岡県富士山世界遺産センター 
坂 茂(ばん・しげる)作(静岡県富士宮市)

つんと冷えた朝の青空に映える、雪化粧の富士山。そのふもと、静岡県富士宮市に逆円錐(えんすい)形の建物がたたずむ。一昨年開館した県富士山世界遺産センターだ。

空の粒子/パッセージ2015 青木野枝作(大阪市中央区)

空の粒子/パッセージ2015 
青木野枝作(大阪市中央区)

寒空の中、せわしなく人々が行き交う大阪市・淀屋橋近くの御堂筋。一区画入ると、石張りの日本生命保険本店東館ビルを囲む植栽豊かな歩道が現れた。

マオ猫のパロディー映画看板 山口マオ作(東京都青梅市)

マオ猫のパロディー映画看板 
山口マオ作(東京都青梅市)

名画の主人公が猫に置き換わった看板が、旧青梅街道沿いに並ぶ。「第三の猫」「怪猫二十面相」。聞き覚えのある名画のパロディーに思わずくすっと笑ってしまう。

たつこ像 舟越保武作(秋田県仙北市)

たつこ像 
舟越保武作(秋田県仙北市)

瑠璃色に輝く湖面が神秘的な田沢湖を訪れた。周囲の木々はすっかり葉を落とし、冷たい風が肌を刺すようだ。

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。