アートリップ

熊襲(くまそ)の穴 
萩原貞行作(鹿児島県霧島市)

文様で彩る、伝説の洞窟

洞窟は200平方メートルほどの広さ。内部にライトが設置されており、入り口のスイッチで点灯できる=安達麻里子撮影

洞窟は200平方メートルほどの広さ。内部にライトが設置されており、入り口のスイッチで点灯できる=安達麻里子撮影

  • 洞窟は200平方メートルほどの広さ。内部にライトが設置されており、入り口のスイッチで点灯できる=安達麻里子撮影
  • 山のふもとに立つ、竹道久の彫刻「神々の想い」=安達麻里子撮影

 山道の急な階段を5分ほど上ると、ぽっかりと口を開けた洞窟が姿を現す。足を踏み入れると、様々な文様が描かれた極彩色の世界が広がっていた。

 鹿児島県霧島市の妙見(みょうけん)温泉。中心地の山の中腹にあるこの洞窟は、4世紀ごろ、九州中南部に住んでいた熊襲族の長が、ヤマトタケルに討伐されたという伝説が残る場所だ。1990年、その洞窟の壁に、美術作家の萩原貞行さん(65)が色とりどりの絵を描いた。

 現在の所有主、旅館妙見石原荘の当時の社長が萩原さんの作品を気に入り、温泉街の活性化のために制作を依頼。地元では反対意見もあったが、萩原さん自ら話し合いを重ね、思いを伝えた。「落書きが彫られていた洞窟を、神聖な儀式の場にしたかった」。太陽や月、星、波など自然の要素を幾何学的な文様に置き換え、ペンキで描いていった。3週間毎日通って仕上げた絵が雑誌に取り上げられると、大勢の観光客が訪れるようになり、今では観光名所の一つに。

 太陽光や風雨にさらされないため、約30年経った今も制作当時の鮮明な色を保つ。初めて訪れたという市内在住の赤塚稔さん(54)は「幾世代先にも残るのでは」と驚いていた。

 天井から滴る水音を聞きながら、ここで暮らしていたかもしれない熊襲の人々、この絵を見るであろう未来の人々に思いをはせた。

(安達麻里子)

 妙見温泉

 霧島市牧園町と隼人町にまたがる温泉地。開湯は1895年とされ、天降(あもり)川の河畔に10軒の温泉旅館が軒を連ねる。炭酸水素塩泉で飲める温泉としても知られ、元々は湯治場として重宝されていた。新川渓谷一帯に点在する温泉群の一つで、バスで約10分の距離には、幕末の志士・坂本龍馬と妻のお龍(りょう)が、湯治を兼ねた新婚旅行で18日間ほど滞在した塩浸(しおひたし)温泉もある(現在は立ち寄り湯のみ)。

 《アクセス》 嘉例川(かれいがわ)駅からバスで15分ほど。


ぶらり発見

駅弁「百年の旅物語 かれい川」

 日本神話の天孫降臨の神ニニギノミコトをまつる霧島神宮(TEL0995・57・0001)は、本作から車で約30分。参道や周辺には、常に風が吹き出ていたという岩穴「風穴」など「霧島七不思議伝説」が残る。

 本作の最寄り駅、1903年開業のJR肥薩線嘉例川駅は、県内最古の木造駅舎。駅舎内で販売する駅弁「百年の旅物語 かれい川」(写真、(土)(日)(祝)の午前10時半~、1080円)が人気だ。県産サツマイモの天ぷら「ガネ」が自慢の一品。予約不可。問い合わせは森の弁当やまだ屋(090・2085・0020)。

(2019年2月26日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
小田原讃歌(さんか) 片岡鶴太郎作(神奈川県小田原市)

小田原讃歌(さんか)
片岡鶴太郎作(神奈川県小田原市)

東海道線の車窓に穏やかな海が広がった。小田原駅に降り立つと、箱根に向かうのか、荷物を抱えた国内外の旅行客でにぎわっている。小田原はかつての東海道の宿場町で城下町として栄えた。

テクノコスモス 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

テクノコスモス
 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

JR蒲田駅に隣接する大田区役所には、知る人ぞ知る吹き抜け空間がある。3~11階の高さ約30メートル。上層階からのぞき込むと、ぴんと張ったワイヤに、銀色の様々な物体が。よく見るとそれは、工業部品だ。

うつろひ 宮脇愛子作(群馬県高崎市)

うつろひ
 宮脇愛子作(群馬県高崎市)

強い風が吹いて新緑の木々が揺れる。群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」正面入り口を進むと、左手に細い線が交差したようなオブジェが見えた。

SALT 村岡三郎作(青森市)

SALT
村岡三郎作(青森市) 

4月中旬、雪を頂いた八甲田山のふもとにある雲谷地域を訪れた。市街地からのバスを降りると、空気が澄んでいる。26万平方メートルの広大な敷地を持つ青森公立大学国際芸術センター青森には、野外作品22点が点在していた。

新着コラム 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

私の描くグッとムービー

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。