アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

大蛇に親しみ込めて

御影石は山口県の黒髪島で採掘、加工した。隙間は通り抜けができる=滝沢美穂子撮影

御影石は山口県の黒髪島で採掘、加工した。隙間は通り抜けができる=滝沢美穂子撮影

  • 御影石は山口県の黒髪島で採掘、加工した。隙間は通り抜けができる=滝沢美穂子撮影
  • センター内には、大蛇の動きをイメージした澄川さんの彫刻も=滝沢美穂子撮影

 飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

 入り口近くの小高い丘には、御影石でできた高さ3・9メートル、長さ9・4メートルの「OROCHI(おろち)」が鎮座し、来る人を出迎えている。作者は、センター長で彫刻家の澄川喜一さん(87)。

 石見神楽に登場する「大蛇(おろち)」を子どもたちに親しんでもらいたいと漫画的でユーモラスに表現した。益田市の南の旧六日市町(現吉賀町)出身で、小さい頃は近所の神社で神楽をよく見た。中でも大蛇はトリの演目で、それまで眠くても「大蛇が出るぞー」と言われるとぱっと目が覚めたという。

 グラントワの設立は、25年ほど前の、益田市に文化施設がほしいという市民運動から始まった。当時、東京芸術大教授だった澄川さんは、「小さな町には無理と、火消し役をかって出たら、一緒に火を広げてしまった」と笑う。場所の選定や建築などにも関わり、2005年の開館後はセンター長として毎月東京から通っている。

 「子どもたちに地域の歴史を大事にして、自信を持ってもらえたら」と澄川さん。平日の昼間、散歩にやってきた保育園児たちは楽しそうにOROCHIと遊んでいた。

(石井久美子)

 グラントワ

 森鷗外ゆかりの美術家やファッションなどをテーマに作品を所蔵する石見美術館と、大小のホールを備えるいわみ芸術劇場の複合施設。設計は建築家の内藤廣。中庭を取り囲むように美術館やホールが配置され、屋根と外壁には耐久性に優れた石州瓦28万枚を使用。約80人のボランティアが館内に花を生けたり、広報物の発送作業を手伝ったりしている。5月には入館者数500万人を予定している。

 《アクセス》 益田駅から徒歩15分。


ぶらり発見

田吾作定食とちょっと刺身

 グラントワからバスで10分の医光寺(TEL0856・22・1668)と、そこから徒歩5分の萬福寺(TEL22・0302)には、室町時代の画僧・雪舟作庭の庭園がある。いずれも、国指定史跡名勝、午前8時半~午後5時半(冬季は5時まで)、拝観料500円。

 グラントワから徒歩20分、地元の海と山の幸を味わえる田吾作(TEL22・3022)では、ランチ限定の「田吾作定食とちょっと刺身」(写真、1620円)がおすすめ。高津川河口で採れる鴨島はまぐりの酒蒸しなどもある。正午~午後11時。不定休。

(2019年3月26日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
二世坂東三津五郎の石井源蔵 奈路道程作(大阪府和泉市)

二世坂東三津五郎の石井源蔵
奈路道程作(大阪府和泉市)

大阪府和泉市の宮ノ上公園。高さ約10メートル、幅100メートルの赤壁で、刀を手にした男がにらみをきかせている。

希望 武田双雲作(東京都渋谷区)

希望
武田双雲作(東京都渋谷区)

黒々とした墨の飛沫がみずみずしい。墨痕淋漓とはこのことか。

六甲枝垂れ 三分一博志作(神戸市灘区)

六甲枝垂れ
三分一博志作(神戸市灘区)

神戸市や大阪湾を一望する六甲山。爽やかな風が吹き抜ける標高888メートルの高台に、枝葉を張り巡らせた大樹のような建物が立つ。

Hundred Life Houses  宮島達男作(大分県国東市)

Hundred Life Houses
宮島達男作(大分県国東市)

足元の山道から目を上げると、木立の奥の暗がりに点滅する無数の赤や青色の光が飛び込んできた。思わず、息をのむ。

新着コラム 一覧を見る
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

ご当地キャラ大集合

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

ご当地キャラ大集合

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。