アートリップ

蛇の樹
ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

表情を変える多頭の蛇

 多摩センター駅から遊園地へ向かうれんが道を歩いていくと、原色の色鮮やかなモニュメントに出くわした。口を開け、四方八方を向く多頭の蛇。よく見ると、とぼけた表情が愛嬌たっぷり。通信教育大手ベネッセコーポレーション東京本部ビルの前に置かれる「蛇の樹」だ。1992年に仏出身の造形作家ニキ・ド・サンファル(1930~2002)が制作した。

 精神病治療のために創作を始めたニキの作品は、自由で開放的、生命力があると評される。その作風に会社の未来を重ねた福武総一郎社長(当時)が、ユニークな企画を生む創造力を育んでほしいと、ニキを含む現代美術作品17点を敷地内に設置した。

 現代アートは美術館の外でこそ魅力が発揮されるという福武氏。作品を間近で見られるように柵は置いていない。他方で、月に一度のメンテナンスに加え、週に一度の目視点検も欠かさない。清掃の手順は、美術専門家の助言に沿い、細やかに決められている。

 社員の明日佳織さん(34)は、作品と戯れる子どもや記念撮影する人々を見る度に顔がほころぶという。「角度や天気によって蛇の顔が違って見えるんです。朝は元気。夜は穏やかな顔」。見る人や時刻、気分によって、表情を変える多頭の蛇は、今日も街の息づかいを映しとっている。

(山田 愛)

 ニキ・ド・サンファル

 女性や蛇などをモチーフに油彩画や版画、立体などを制作。代表作にたくましい女性を表現した「ナナ」シリーズなど。

 《アクセス》 多摩センター駅から徒歩5分。


ぶらり発見

ベジフルキッチン トレーノ・ノッテ

 ベネッセコーポレーション東京本部ビル21階には、プラネタリウム、ベネッセスタードームがある。同社のキャラクターしまじろうをテーマにした番組などを、各回ごとに上映している。土、日、祝、休および学休日のみ営業。400円。小中学生200円。

 同ビルから徒歩3分の「パルテノン多摩」5階にあるレストラン、ベジフルキッチン トレーノ・ノッテ(問い合わせは042・373・7323)では、多摩で自然栽培した野菜などを使ったサラダビュッフェが1058円で味わえる=写真

(2019年4月23日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
トルクベンチ 中村哲也作(東京都江東区)

トルクベンチ
中村哲也作(東京都江東区)

スーツ姿のサラリーマンや、商業施設に向かう家族が行き交う東京のウォーターフロント、豊洲。

水の宇宙船 葛西秀樹作(名古屋市東区)

水の宇宙船
葛西秀樹作(名古屋市東区)

大勢の人が行き交う名古屋市営地下鉄の主要駅・栄駅。地下道を進み東改札口を出ると、突然上空が開け、巨大な楕円形が浮かび上がった。

壁ぬけ猫 松永真作

壁ぬけ猫
松永真作(大阪市北区)

大阪・西梅田の複合ビル「ハービス大阪」の建物の角に、奇妙な「黒猫」がいる。

スパイラル・リングG 木戸修作(群馬県前橋市)

スパイラル・リングG
木戸修作(群馬県前橋市)

上毛電鉄の中央前橋駅に降り立つと、赤城山だろうか、山の稜線が目に入る。分ほど歩き、群馬県警本部を訪ねた。

新着コラム 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

私の描くグッとムービー

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。