アートリップ

究竟頂
杉本博司作(東京都港区)

表参道に現れた「古代神殿」

「ハナエ・モリビル」の跡地に建てられたオーク表参道のエントランスホール=池永牧子撮影

「ハナエ・モリビル」の跡地に建てられたオーク表参道のエントランスホール=池永牧子撮影

 最新ファッションに身を包んだ人々が行き交う東京・表参道。ビルの一角に天井からぶら下がる不思議なオブジェが現れた。

 2013年にオープンしたオーク表参道のエントランスホール。現代美術作家の杉本博司さん(71)が空間全体をデザインした「究竟頂」という作品だ。

 2階まで吹き抜けの天井から下がるステンレスのオブジェは、接着面直径1・8メートル、長さ5・5メートル。下に向かって細くなり、先端は直径5ミリ。想像の中の「線」はそのまますぼまりながら下降して、地球の裏側のブラジルを直径数マイクロメートルの太さで通過。やがて宇宙の「無限点」へ達するという。そもそも「究竟頂」とは京都・金閣寺の第三層を意味し、仏舎利を安置する場所だった。仏の教えが「空」に連なるように、本作も人々を無限の彼方に誘う。

 「もともとは床に設置する予定で工事が始まっていた。でもベビーカーが通りにくいという声を受けて、杉本さんが『逆さまにしよう』って」と設計に携わった大林組設計部の辻芳人さん(49)。安全の確認と設計変更に約2カ月かかった。

 石材にもこだわった。壁の玄昌石は、杉本さん自身が中国に行って調達。「古代神殿」のごとく天井がより高く見えるよう、石板の縦幅を上に行くほど短くした。

 買い物に来ていた笠原萌美さん(21)は見上げて思わずつぶやいた。「ここだけ空気が違う。吸い込まれそう」

(伊藤めぐみ)

 オーク表参道

 地下1~2階は商業施設、3~8階はオフィスが入る。外装は丹下憲孝と大林組が共同設計。照明家の豊久将三による外壁照明は時間によって色が変化。


ぶらり発見

アートリップ オーク表参道2階の茶洒金田中(問い合わせは03・6450・5116)では「三色の餡と白玉餅」(写真、1200円、餡の種類は季節により異なる)、「葛切り」(1200円)が人気。店内からは杉本さんがデザインした「石の庭園」が見える。

 歩いて20分の代々木公園では9月21、22日、チャイナフェスティバル2019を開催。飲食店や雑貨店など約100のブースが並ぶ。ステージでは中国の伝統芸能などを披露する。問い合わせは実行委(080・4679・0699)。

(2019年9月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
スペース・アイ 多田美波作(神戸市中央区)

スペース・アイ
多田美波作(神戸市中央区)

その穴は、公園脇の歩道に浮かんでいた。背丈よりも高い透明なアクリル板に開いた丸い穴。

トランジット・ライティング・ウォール 小野寺康作(富山市)

トランジット・ライティング・ウォール
小野寺康作(富山市)

富山市民の足、路面電車。その富山駅停留場で、鮮やかに光を放つ壁面に目を奪われた。

織物のフォリー 松岡恭子作(福岡市東区)

織物のフォリー
松岡恭子作(福岡市東区)

バスの車窓に、博多湾岸の倉庫や工場群が流れていく。その先にあるのは福岡市東区の人工島アイランドシティ。広々とした中央公園の一角に、休憩所「織物のフォリー」が立つ。

Rio del paraiso/楽園の川 岩切章悟作(東京都杉並区)

Rio del paraiso/楽園の川
岩切章悟作(東京都杉並区)

かつてはライブハウスに集まるミュージシャンや若者らでにぎわい、今ではおしゃれな古着店が人気を呼ぶ東京・高円寺。街中を歩くと目につくのが、ビルの外壁や歩道脇で見られる壁画だ。

新着コラム 一覧を見る
『ゴジラ』

シネマNEWS

「ゴジラ・ストアTokyo」にて限定カード“ゴジラと東京篇”が毎月配布されるキャンペーンの実施が決定!

第1作目となる映画『ゴジラ』が1954年に公開され、今年で65周年を迎えるゴジラ。

丸山誠司さん(絵本作家)「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

私の描くグッとムービー

丸山誠司さん(絵本作家)
「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

ドイツの舞踊団を率いた振付家で舞踊家のピナ・バウシュを、この映画で知りました。

ブームの卵

ブームの卵

1月17日 注目グッズ
「電動スムージーメーカー」など

生野菜や果物の栄養を、丸ごと摂取できるスムージー。オフィスでもアウトドアでも楽しみたい!なら、「電動スムージーメーカー」はいかが♪

『弥生、三月-君を愛した30年-』

シネマNEWS

30年間、3月だけで紡ぐ誰もみたことのないラブストーリーの全貌が明らかに…

遊川和彦による第二回監督作品『弥生、三月 ー君を愛した30年ー』の予告編とポスターが解禁された。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。