オトコの別腹

森山開次さん
「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

  • 「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー
  • 森山開次さん

 食べなさそうといわれるのですが、実は甘いものは大好きです。ここは家の近所を散策中に見つけたお店です。家族で食べる時や稽古場への差し入れによく買うのが、このシュークリーム。皮はパイ生地が重ねてあってサクサク、中にはぎっしりクリームが詰まっていてボリューム満点です。クリームの甘さが口の中で広がって、ぜいたくな気持ちになりますね。

 スイーツは、亡くなった母との思い出が多いんです。小さい頃からお菓子はすべて母の手作りで、ヨモギの葉を摘んで草餅を作ったり、誕生日のケーキのデコレーションを一緒にしたり。いま、舞台の演出もしていますが、もの作りという意味では、母の影響が大きいです。

 お菓子作りは仕込みに時間がかかるけれど、食べるのは一瞬。ダンスの公演も同じです。いつも頭のどこかで作品作りのアンテナを張っているので、オン・オフの切り替えが難しい。だから、夕食後の家族とのスイーツタイムは、体も心もほどいて緩めて、ほっとできる大事な時間ですね。

 

◆東京都世田谷区砧1の13の3(TEL03・3415・9098)。
 190円。
 午前9時~午後8時。
 系列店の「ヴォアラ」「アルパジョン」でも販売。
 無休。


 もりやま・かいじ ダンサー・振付家。
 5月19日~27日、東京・初台の新国立劇場小劇場で、演出・振り付けも担当するダンス公演「サーカス」を上演。

(2018年4月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「いなみや菓子店」のバナナ最中

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。

「御菓子司 亀十」のどら焼き

大江裕さん
「御菓子司 亀十」のどら焼き

デビューして東京に来たのが19歳。最初の仕事が北島(三郎)先生の収録で、差し入れとして亀十のどら焼きが控室に置かれていました。

「ガトーフェスタ ハラダ」のグーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート

塚本晋也さん
「ガトーフェスタ ハラダ」の
グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート

群馬・高崎で開催される「高崎映画祭」に伺うと、いつも温かい気持ちになります。亡くなられた茂木さんという方がディレクターをされていたんですが、いつも力いっぱいもてなして下さって。帰りにたくさんのお土産とともに、必ずこのお菓子を持たせてくれました。

「ISHIYA」の白い恋人

エリック・ワイナイナさん
「ISHIYA」の白い恋人

ケニアから日本に来て、初めて優勝したのが北海道マラソンでした。その後も合宿や大会で北海道にはよく行っていて。

新着コラム 一覧を見る
「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」のパッタイ ゲウチャイ

おんなのイケ麺(めん)

小谷実由さん
「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」の
パッタイ ゲウチャイ

初めての海外旅行先は、卒業旅行で行ったタイでした。それからも仕事で訪ねたり、仲のいいタイ人の友人がいたり、どこか親近感のある国。タイ料理は定期的に食べたくなります。

「シダ」

美博ノート

「シダ」

仏のガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が、香水瓶を手がけるようになった初期の代表作が12年の「シダ」。

達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。