オトコの別腹

金森穣さん
「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド

「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド

「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド

  • 「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド
  • 金森穣さん

 新潟市民芸術文化会館の専属ダンスカンパニーNoism(ノイズム)を立ち上げて14年。朝稽古の後、コーヒーと甘い物をとるのが恒例です。気分を切り替える大切な休憩です。

 最近のお気に入りは、妻手作りの米粉ケーキ。3年前からグルテンフリーの生活をしているため、小麦を含む食べ物を避けています。全国公演中は妻のケーキを持参したり、グルテンフリーの食事ができる店を探したりします。ヨーロッパでは手に入りやすく、ホテルのレストランでもグルテンフリーのパンをよく見かけます。

 このキャロットブレッドは去年、銀座で買い物中に見つけました。米粉と思わせないしっとりとした質感で、一切れでも十分満腹に。クルミやレーズンがたっぷりと入っていて、上にのった砂糖入りのクリームチーズも甘すぎない。その場で食べて、すぐにまた買ってしまうほど気に入りました。

 新潟県は、米粉用米の生産量が全国一。おいしい和菓子も多いのですが、米粉のスイーツがもっと増えたらと願っています。

 

◆東京都中央区銀座6の10の1、GINZA SIX(ギンザシックス)地下2階。
 280円。
 午前10時半~午後8時半。
 問い合わせはグルメブランズカンパニー(03・5488・8008)。


 かなもり・じょう 演出振付家、舞踊家。
 国内唯一の公共劇場専属舞踊団Noismの芸術監督。7~9月に新潟、富山、静岡、埼玉で新作「ROMEO&JULIETS」を巡演する。

(2018年7月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「MOMI&TOY’S」のばななチョコホイップ

森崎ウィンさん
「MOMI&TOY’S」のばななチョコホイップ

道行くときにクレープ屋を見つけると、食べたくなります。クレープの生地って普通は小麦粉ですけど、ここはアーモンド粉を使っているそうで、モチモチじゃなくてサクッとした食感。

「アテスウェイ」のフロマージュクリュ

佐藤オオキさん
「アテスウェイ」のフロマージュクリュ

「スイーツは1日に3個まで」と決めるほどの甘党です。中でもアテスウェイさんの大ファン。

「共楽堂」のひとつぶのマスカット

梶裕貴さん
「共楽堂」のひとつぶのマスカット

7年ほど前でしょうか。イベントの差し入れで初めていただいて、「なんておいしい食べ物なんだ!」と感動しました。

「たねや」のたねや最中(もなか)

田原総一朗さん
「たねや」のたねや最中(もなか)

僕は酒もたばこも一切やらない。好きにならなかった。けど、甘い物は昔から大好きなんですよ。

新着コラム 一覧を見る
観光客をほっこり温める「癒やし系」

ご当地キャラ大集合

観光客をほっこり温める「癒やし系」

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第5回は神奈川県箱根町・強羅の「ごうらん」です。

「花を摘む男女」

美博ノート

「花を摘む男女」

戦前~1980年代、愛知県瀬戸市は欧米輸出用の陶磁の置物や装飾品「ノベルティ」の一大産地で、最盛期には300社以上の工房が腕を競った。本展は戦後以降に作られた約250点で、その魅力を紹介する。

横浜市歴史博物館

気になる一品

横浜市歴史博物館

原始から現代の暮らしを紹介する横浜市歴史博物館。ショップでは、脱力系のキュートさが漂う「手づくり 顔面把手(とって)」を販売する。

The Secret Pond(秘密の池) ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

アートリップ

The Secret Pond(秘密の池) 
ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

長崎・五島列島の福江島。空港から島随一の絶景地・大瀬崎灯台へと、玉之浦湾の入り江を見下ろす山あいの道を車で向かう。ふいに木々が途切れた場所で眼下を見やると、不思議な風景が目に飛び込んできた。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。