オトコの別腹

大江裕さん
「御菓子司 亀十」のどら焼き

「御菓子司 亀十」のどら焼き

「御菓子司 亀十」のどら焼き

  • 「御菓子司 亀十」のどら焼き
  • 大江裕さん

 デビューして東京に来たのが19歳。最初の仕事が北島(三郎)先生の収録で、差し入れとして亀十のどら焼きが控室に置かれていました。

 僕、スイーツはあんまり食べないんです。でもこのときは、興味本位で食べてみました。手作りのパンケーキみたいに焼き目がまだらで、めずらしいなと思って。手に取ったらふわふわしていて、生地は甘くて素朴な感じ。白あんもあるけど、僕は黒あんの方が味が濃くて好きです。やっぱり温かい日本茶とぴったり合う。

 口に入れたとき、この食感、昔食べたことあるなと、懐かしい雰囲気があったんです。中学は合唱部で、女子30人に男子は僕だけ。部活後、野球部の友達10人くらいと待ち合わせをして、夕暮れの中にぽつんと光る駄菓子屋を目指しました。みんなで笑いながらしゃべって、カステラの駄菓子を食べたな。このどら焼きを食べると、その時代をふっと思い出します。

 今年でデビュー10周年を迎えますが、初心を忘れずに頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

 

◆東京都台東区雷門2の18の11(TEL03・3841・2210)。
 360円(黒あん・白あん)。
 午前10時~午後7時(状況によって延長あり)。
 不定休(月1回程度)。


 おおえ・ゆたか 演歌歌手。
 1989年、大阪・岸和田市生まれ。歌手・北山たけしとのユニット「北島兄弟」による新曲「ブラザー」が発売中。

(2018年10月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「サーティワンアイスクリーム」のポッピングシャワー

小手伸也さん
「サーティワンアイスクリーム」のポッピングシャワー

子どものころ、何かを頑張ったときのご褒美とか、ちょっと特別なときに親が買ってくれたアイスクリーム。

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のシュー ア ラ クレーム

神保悟志さん
「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のシュー ア ラ クレーム

ドラマ撮影の1クール(3~4カ月)の間で必ず現場に差し入れます。女性のテンションがあがるんです。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

新着コラム 一覧を見る
「道頓堀今井」のきつねうどん

おんなのイケ麺(めん)

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

「グレーの柳」

美博ノート

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

アートリップ

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

フォービスム ひろしま美術館

私のイチオシコレクション

フォービスム ひろしま美術館

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。