オトコの別腹

大江裕さん
「御菓子司 亀十」のどら焼き

「御菓子司 亀十」のどら焼き

「御菓子司 亀十」のどら焼き

  • 「御菓子司 亀十」のどら焼き
  • 大江裕さん

 デビューして東京に来たのが19歳。最初の仕事が北島(三郎)先生の収録で、差し入れとして亀十のどら焼きが控室に置かれていました。

 僕、スイーツはあんまり食べないんです。でもこのときは、興味本位で食べてみました。手作りのパンケーキみたいに焼き目がまだらで、めずらしいなと思って。手に取ったらふわふわしていて、生地は甘くて素朴な感じ。白あんもあるけど、僕は黒あんの方が味が濃くて好きです。やっぱり温かい日本茶とぴったり合う。

 口に入れたとき、この食感、昔食べたことあるなと、懐かしい雰囲気があったんです。中学は合唱部で、女子30人に男子は僕だけ。部活後、野球部の友達10人くらいと待ち合わせをして、夕暮れの中にぽつんと光る駄菓子屋を目指しました。みんなで笑いながらしゃべって、カステラの駄菓子を食べたな。このどら焼きを食べると、その時代をふっと思い出します。

 今年でデビュー10周年を迎えますが、初心を忘れずに頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

 

◆東京都台東区雷門2の18の11(TEL03・3841・2210)。
 360円(黒あん・白あん)。
 午前10時~午後7時(状況によって延長あり)。
 不定休(月1回程度)。


 おおえ・ゆたか 演歌歌手。
 1989年、大阪・岸和田市生まれ。歌手・北山たけしとのユニット「北島兄弟」による新曲「ブラザー」が発売中。

(2018年10月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

寺田真二郎さん
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

これは都内の表参道にある新潟のアンテナショップで見つけました。もともと、道の駅や物産展、アンテナショップへ行くことが趣味なんです。

「村岡屋」のさが錦

はなわさん
「村岡屋」のさが錦

佐賀県はお米も野菜もなんでもおいしいんですよ。お菓子だったらこの「さが錦」。

「チーズケーキの店 ヨハン」のナチュラル

片岡孝太郎さん
「チーズケーキの店 ヨハン」のナチュラル

夕食後に甘い物を頂く習慣があって、父(仁左衛門)も僕も、公演が遅い時には夜0時過ぎからケーキや果物を食べることも。

菊池 武夫さん 「くろぎ茶々」の常葉 白練

菊池武夫さん
「くろぎ茶々」の常葉 白練

僕は第2次世界大戦の頃に東京で生まれたんですが、終戦後まもなくは食べるものがなく、砂糖は特に貴重でした。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

私の描くグッとムービー

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

おんなのイケ麺(めん)

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。

浄瑠璃人形「お里」

美博ノート

浄瑠璃人形「お里」

中部地方などの祭礼や人形浄瑠璃で使うからくり人形の制作、修復を行う木偶師・二代目萬屋仁兵衛。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。