オトコの別腹

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

「いなみや菓子店」のバナナ最中

「いなみや菓子店」のバナナ最中

  • 「いなみや菓子店」のバナナ最中
  • 和嶋慎治さん

 洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。青森の実家の仏壇によく上がっていて、仏様の余り物をもらっているような感じが好きでしたね。

 バナナの果汁や果肉は入っていません。和菓子だけど、洋菓子のようなハイカラなバナナの香りがしておいしい。良い意味で人工的で、そこに懐かしさを感じます。子どもの頃は牛乳と一緒に食べましたが、かなり甘いので、今はもっぱら熱いお茶です。

 今でも帰省するとお店に買いに行きますし、時々おふくろが送ってくれるんですよ。毎日食べるともったいないので、ライブの後とか特別な日に大事に食べます。こういう地元のお菓子には、ノスタルジーと愛を感じますね。仏壇に上げていた光景や家族の顔が目に浮かぶんです。特別じゃないけど、毎日は食べない。でも、何げない日常の記憶に残っている。いなみやさんにしかない味、これからも長く続けてほしいです。

 

◆青森県弘前市富田1の6の5(TEL0172・32・0667)。
 125円。
 午前9時~午後7時。
 不定休。
 取り寄せ可(10個から)。


 わじま・しんじ ミュージシャン。
 1965年、青森県弘前市生まれ。学生時代の同級生だった鈴木研一とハードロックバンド「人間椅子」を結成。来年30周年を迎える。

(2018年10月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

吉田玉男さん
「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

お酒は飲まない甘党です。バウムクーヘンって、普通はもう少し軟らかいですよね。これはカチッとしていて崩れないし、水なしで食べられるほどしっとりしています。

「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」のラヴィ・バニラサンド

向井康介さん
「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」
のラヴィ・バニラサンド

甘党じゃないけど「さぁ書きはじめるか」って時に、コーヒーをいれて、甘いものを食べるんです。ちまたの「甘いものは脳を活性化させる」という説が、刷り込まれているのかも。

「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

米村でんじろうさん
「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

全国各地でサイエンスショーを行っています。これは、新幹線で出かける時の旅のお供、駅弁とセットで購入します。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

西村千太郎「納屋橋風景」

美博ノート

西村千太郎「納屋橋風景」

名古屋市美術館は、地元を中心に東海地方にゆかりのある作家の作品も収集している。本作は、同市出身の洋画家・西村千太郎(1907~94)の風景画。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。