オトコの別腹

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

「いなみや菓子店」のバナナ最中

「いなみや菓子店」のバナナ最中

  • 「いなみや菓子店」のバナナ最中
  • 和嶋慎治さん

 洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。青森の実家の仏壇によく上がっていて、仏様の余り物をもらっているような感じが好きでしたね。

 バナナの果汁や果肉は入っていません。和菓子だけど、洋菓子のようなハイカラなバナナの香りがしておいしい。良い意味で人工的で、そこに懐かしさを感じます。子どもの頃は牛乳と一緒に食べましたが、かなり甘いので、今はもっぱら熱いお茶です。

 今でも帰省するとお店に買いに行きますし、時々おふくろが送ってくれるんですよ。毎日食べるともったいないので、ライブの後とか特別な日に大事に食べます。こういう地元のお菓子には、ノスタルジーと愛を感じますね。仏壇に上げていた光景や家族の顔が目に浮かぶんです。特別じゃないけど、毎日は食べない。でも、何げない日常の記憶に残っている。いなみやさんにしかない味、これからも長く続けてほしいです。

 

◆青森県弘前市富田1の6の5(TEL0172・32・0667)。
 125円。
 午前9時~午後7時。
 不定休。
 取り寄せ可(10個から)。


 わじま・しんじ ミュージシャン。
 1965年、青森県弘前市生まれ。学生時代の同級生だった鈴木研一とハードロックバンド「人間椅子」を結成。来年30周年を迎える。

(2018年10月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「東京すがも園」の開運塩大福

春風亭栄枝さん
「東京すがも園」の開運塩大福

この「オトコの別腹」をいつも楽しみに読んでいるんですがね。今日は、あたしがずっと紹介したかった塩大福の話を一席うかがいましょうかね。

「山本道子の店」のマーブルクッキー

中村東蔵さん
「山本道子の店」のマーブルクッキー

姉妹店の村上開新堂には(六代目中村)歌右衛門お兄さんの使いで、度々お菓子を買いに行っていたんです。そのうちに通っている美容院で、うちのお客さんの店の商品だと言って、このクッキーを頂きました。

「SANTOS COFFEE椎名町公園前店」のエスプレッソ シェケラート

きじまりゅうたさん
「SANTOS COFFEE椎名町公園前店」のエスプレッソ シェケラート

濃厚なエスプレッソに氷とシロップを入れて攪拌(かくはん)したもの。ほとんどの部分が泡なんです。飲み物というよりも、泡を食べるスイーツ。

「どら焼のどらや」のどら焼き

荻田泰永さん
「どら焼のどらや」のどら焼き

2012年から、毎年夏休みに小学6年生たちと日本全国でルートを変えながら160キロを旅する「100マイル・アドベンチャー」を始めました。

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。