オトコの別腹

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

「いなみや菓子店」のバナナ最中

「いなみや菓子店」のバナナ最中

  • 「いなみや菓子店」のバナナ最中
  • 和嶋慎治さん

 洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。青森の実家の仏壇によく上がっていて、仏様の余り物をもらっているような感じが好きでしたね。

 バナナの果汁や果肉は入っていません。和菓子だけど、洋菓子のようなハイカラなバナナの香りがしておいしい。良い意味で人工的で、そこに懐かしさを感じます。子どもの頃は牛乳と一緒に食べましたが、かなり甘いので、今はもっぱら熱いお茶です。

 今でも帰省するとお店に買いに行きますし、時々おふくろが送ってくれるんですよ。毎日食べるともったいないので、ライブの後とか特別な日に大事に食べます。こういう地元のお菓子には、ノスタルジーと愛を感じますね。仏壇に上げていた光景や家族の顔が目に浮かぶんです。特別じゃないけど、毎日は食べない。でも、何げない日常の記憶に残っている。いなみやさんにしかない味、これからも長く続けてほしいです。

 

◆青森県弘前市富田1の6の5(TEL0172・32・0667)。
 125円。
 午前9時~午後7時。
 不定休。
 取り寄せ可(10個から)。


 わじま・しんじ ミュージシャン。
 1965年、青森県弘前市生まれ。学生時代の同級生だった鈴木研一とハードロックバンド「人間椅子」を結成。来年30周年を迎える。

(2018年10月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

寺田真二郎さん
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

これは都内の表参道にある新潟のアンテナショップで見つけました。もともと、道の駅や物産展、アンテナショップへ行くことが趣味なんです。

「村岡屋」のさが錦

はなわさん
「村岡屋」のさが錦

佐賀県はお米も野菜もなんでもおいしいんですよ。お菓子だったらこの「さが錦」。

「チーズケーキの店 ヨハン」のナチュラル

片岡孝太郎さん
「チーズケーキの店 ヨハン」のナチュラル

夕食後に甘い物を頂く習慣があって、父(仁左衛門)も僕も、公演が遅い時には夜0時過ぎからケーキや果物を食べることも。

菊池 武夫さん 「くろぎ茶々」の常葉 白練

菊池武夫さん
「くろぎ茶々」の常葉 白練

僕は第2次世界大戦の頃に東京で生まれたんですが、終戦後まもなくは食べるものがなく、砂糖は特に貴重でした。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

私の描くグッとムービー

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

おんなのイケ麺(めん)

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。

浄瑠璃人形「お里」

美博ノート

浄瑠璃人形「お里」

中部地方などの祭礼や人形浄瑠璃で使うからくり人形の制作、修復を行う木偶師・二代目萬屋仁兵衛。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。