オトコの別腹

きじまりゅうたさん
「SANTOS COFFEE椎名町公園前店」のエスプレッソ シェケラート

「SANTOS COFFEE椎名町公園前店」のエスプレッソ シェケラート

「SANTOS COFFEE椎名町公園前店」のエスプレッソ シェケラート

  • 「SANTOS COFFEE椎名町公園前店」のエスプレッソ シェケラート
  • きじまりゅうたさん

 濃厚なエスプレッソに氷とシロップを入れて攪拌(かくはん)したもの。ほとんどの部分が泡なんです。飲み物というよりも、泡を食べるスイーツ。本場イタリアでは知られたメニューのようですが、このお店で初めて飲んだ時には衝撃を受けました。

 仕事場が近所にあるので、お店がオープンした3年前から足しげく通っています。目の前が公園なので、明るく気持ちの良い空間。息抜きをしたり、レシピ原稿を書いたりしています。

 コーヒーとのセットが定番です。ゆっくりとコーヒーを味わった後に、シェケラートを注文。作りたてをすぐに飲み干します。泡がなめらかで、最初はクリームが入っているのかと思ったくらい。少ない水分の中にコーヒーのうまみが凝縮されていて、味も香りも強い。次の仕事に向かう前の、気合の一杯です。

 普段は甘いものよりしょっぱいもの派。料理研究家の祖母も母も、お菓子よりもお酒が好きで、小さい頃のおやつはチャーハンでした。でも、このシェケラートは特別なスイーツです。

 

◆東京都豊島区南長崎1の24の4(TEL080・3215・7788)。
 430円(コーヒーと一緒に注文すると160円)。
 午前10時~午後7時。
 (月)と1月1日~3日休み。


 料理研究家。
 祖母の村上昭子さん、母の杵島直美さんも料理研究家。近著に「まいにち絶品!『サバ缶』おつまみ」。NHK「きじまりゅうたの小腹がすきました!」に出演中。

(2018年12月28日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「ロッテ」のガーナミルクエクセレント

木村充揮さん
「ロッテ」のガーナミルクエクセレント

お酒をゆっくりね、だらんだらん飲むのが好きなんよ。チョコレートはウイスキーを飲む時に。つまみとしてすきっ腹に入れたら、胃に膜が張る感じがして楽に飲める。

「カフェコムサ」のマンゴーローズ

池上永一さん
「カフェコムサ」のマンゴーローズ

3食全部果物でいいじゃんと思っているくらい、小さい頃から果物が大好き。ブドウやライチ、今旬のイチゴに、沖縄・宮古島産のマンゴーも。

「ナタ・デ・クリスチアノ」のパステル・デ・ナタ

広瀬章人さん
「ナタ・デ・クリスチアノ」のパステル・デ・ナタ

2、3カ月前にテレビで紹介されているのを妻が見て、「ちょっと買ってみようか」って。食べてみたらサクサクのパイ生地と、とろっとした「たまごクリーム」の相性がとても良くて、まんまとはまってしまいました。

「納言志るこ店」の田舎しるこ

ジョージ・カックルさん
「納言志るこ店」の田舎しるこ

僕はアメリカ人の父と日本人の母の下、鎌倉で育ちました。納言は父のお気に入りのお店で、子どもの頃にしょっちゅう連れられて行っていました。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。