オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

「新珠製菓」の羽二重餅

「新珠製菓」の羽二重餅

  • 「新珠製菓」の羽二重餅
  • 細川俊夫さん

 毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。品がよくて、絹のような舌触り。舌の中でとろけていく感じが好きです。少量なので、ついたくさん食べてしまいます。

 欧州など海外での仕事も多く、各地で甘いものを食べるのですが、ケーキやチョコレートなど向こうのものはガツンとヘビー。だから日本に帰ってくると、和菓子がほしくなりますね。

 音楽は、西洋では音でカテドラルを作って永遠を求めるイメージ。でも僕は、自然と一体化するような音楽を目指しています。雲の流れや寄せては返す波の音など、移ろっては消えていく自然の響きを表現していきたい。

 羽二重餅は、谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」に通じるところがあります。障子越しの薄明かりのような微妙な明暗を感じさせてくれる、ほかにはないお菓子。一種のアートですね。繊細なこの味を味わえる、日本人でよかったなと思います。

 

◆本社は福井県越前市。
 10枚入り540円ほか。
 電話(0120・076272)かファクス(0778・22・1788)、オンラインショップで注文可。


 ほそかわ・としお 作曲家。
 武生国際音楽祭では作曲のワークショップも開催。11月には、東京・サントリーホールで新作のオーケストラ曲を披露予定。

(2019年2月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「清芳亭」の湯の花饅頭

渋川清彦さん
「清芳亭」の湯の花饅頭(まんじゅう)

お菓子ってあんまり食べないんですよね、俺。甘いものは好きで食べるというより、頭を働かせたいなとか、疲れたなとか、そういうときに摂取する感じですね。

「新宿高野本店」のFruitプリン アラ・モード

奥野壮さん
「新宿高野本店」のFruitプリン アラ・モード

僕にとって甘い物は必要不可欠。とくに疲れている時に欲しくなっちゃう。

井之脇海さん「報国寺」の落雁

井之脇海さん
「報国寺」の落雁

実家が神奈川なので、小さい頃から親に連れられて鎌倉へよく行っていました。

新着コラム 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

私の描くグッとムービー

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

森アーツセンターギャラリー

気になる一品

森アーツセンターギャラリー

原画や資料など約500点を紹介する「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」(6月16日まで)を開催中の森アーツセンターギャラリー。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。