オトコの別腹

岩合光昭さん
「神楽坂 紀の善」のあんみつ

「神楽坂 紀の善」のあんみつ

「神楽坂 紀の善」のあんみつ

  • 「神楽坂 紀の善」のあんみつ
  • 岩合光昭さん

 紀の善さんご夫妻との出会いは、ネコ好きの女将(おかみ)がいる神楽坂の料亭です。ネコ好き同士ご紹介しますよと。ネコ好きに悪い人はいないってね。通うようになったのはそれからです。

 甘い物は和洋問わず好きで、甘味処ではまずあんみつを頼みます。ここのあんみつはあんがそんなに甘くない。控えめな甘さがすごくおいしいんです。あとは赤エンドウ豆もいいですね。みつもたっぷりかけて頂きます。散歩でも仕事で頭が疲れた時でも、この辺に来るとここへ足が向きます。通りから奥さんの顔が見えるともうふらりと入っちゃう。

 ロケ先でも甘い物はよく食べますけど、記憶に残るのはただ甘いだけじゃないお菓子。工夫してこだわって作ったものは、そうとは知らなくても自然にわかるんです。公開中の映画に息子が父の料理を「何とは言えないけど、おふくろと同じ味」と例えるシーンがあるんだけど、まさにそんな感じ。

 紀の善さん、映画の写真展にも袋いっぱいのあんみつを差し入れて下さってね。ネコがつなぐご縁です。

 

◆東京都新宿区神楽坂1の12(TEL03・3269・2920)。
 777円。テイクアウトは496円。
 午前11時~午後7時半((日)(祝)は11時半~5時、いずれもラストオーダー)。(月)休み。


 いわごう・みつあき 動物写真家。
 初監督映画「ねことじいちゃん」が2月22日に公開。同映画の写真展が大阪、名古屋で開催中。写真集「ねことじいちゃん」(クレヴィス)も発売中。

(2019年2月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「清芳亭」の湯の花饅頭

渋川清彦さん
「清芳亭」の湯の花饅頭(まんじゅう)

お菓子ってあんまり食べないんですよね、俺。甘いものは好きで食べるというより、頭を働かせたいなとか、疲れたなとか、そういうときに摂取する感じですね。

「新宿高野本店」のFruitプリン アラ・モード

奥野壮さん
「新宿高野本店」のFruitプリン アラ・モード

僕にとって甘い物は必要不可欠。とくに疲れている時に欲しくなっちゃう。

井之脇海さん「報国寺」の落雁

井之脇海さん
「報国寺」の落雁

実家が神奈川なので、小さい頃から親に連れられて鎌倉へよく行っていました。

新着コラム 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

私の描くグッとムービー

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

森アーツセンターギャラリー

気になる一品

森アーツセンターギャラリー

原画や資料など約500点を紹介する「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」(6月16日まで)を開催中の森アーツセンターギャラリー。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。