オトコの別腹

池上永一さん
「カフェコムサ」のマンゴーローズ

「カフェコムサ」のマンゴーローズ

「カフェコムサ」のマンゴーローズ

  • 「カフェコムサ」のマンゴーローズ
  • 池上永一さん

 3食全部果物でいいじゃんと思っているくらい、小さい頃から果物が大好き。ブドウやライチ、今旬のイチゴに、沖縄・宮古島産のマンゴーも。調理しないでそのまま食べられるし、変に加工するよりもうまいじゃん! あと、マンゴーアイスやマンゴータルトなど、マンゴーって名前がついてたらとりあえず食べてみたい。その流れで「マンゴーローズ」に出合いました。

 去年閉店した新宿店で、十年前に初めて食べたな。マンゴーの濃厚な甘酸っぱさに、さっぱりした生クリーム。フルーツ本来の味がするんだよね。宮崎県産のマンゴーを使った、夏の旬のときが一番おいしいよ。

 カフェコムサは、フルーツをメインに出しているコンセプトが潔い。季節限定のタルトなど、旬でよりすぐりのフルーツを素材そのままで使う。ケーキの値段は季節で変わるので、時価のおすしみたい。編集者とかお客さんが来る日や、おいしいフルーツが食べたい特別な日にテイクアウトします。手を出しにくい値段だけど、いつかホールで食べてみたいと思ってんの。

 

◆銀座店 東京都中央区銀座4の3の1の地下1階(TEL03・3535・1090)。
 1ピース1300円、ホール1万3000円(季節、品種により変動)。
 午前11時~午後11時((日)(祝)は8時まで)。
 原則無休。


 いけがみ・えいいち 作家。
 沖縄県出身。著書に、「テンペスト」(角川文庫)、「ヒストリア」(KADOKAWA)など。読売新聞オンラインで「海神(わだつみ)の島」を4月から連載開始(定期購読者のみ閲覧可能)。

(2019年3月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「ロッテ」のガーナミルクエクセレント

木村充揮さん
「ロッテ」のガーナミルクエクセレント

お酒をゆっくりね、だらんだらん飲むのが好きなんよ。チョコレートはウイスキーを飲む時に。つまみとしてすきっ腹に入れたら、胃に膜が張る感じがして楽に飲める。

「ナタ・デ・クリスチアノ」のパステル・デ・ナタ

広瀬章人さん
「ナタ・デ・クリスチアノ」のパステル・デ・ナタ

2、3カ月前にテレビで紹介されているのを妻が見て、「ちょっと買ってみようか」って。食べてみたらサクサクのパイ生地と、とろっとした「たまごクリーム」の相性がとても良くて、まんまとはまってしまいました。

「納言志るこ店」の田舎しるこ

ジョージ・カックルさん
「納言志るこ店」の田舎しるこ

僕はアメリカ人の父と日本人の母の下、鎌倉で育ちました。納言は父のお気に入りのお店で、子どもの頃にしょっちゅう連れられて行っていました。

「神楽坂 紀の善」のあんみつ

岩合光昭さん
「神楽坂 紀の善」のあんみつ

紀の善さんご夫妻との出会いは、ネコ好きの女将がいる神楽坂の料亭です。ネコ好き同士ご紹介しますよと。ネコ好きに悪い人はいないってね。通うようになったのはそれからです。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。