オトコの別腹

松本白鸚さん
「御菓子司 こまき」の練切り

「御菓子司 こまき」の練切り

「御菓子司 こまき」の練切り

  • 「御菓子司 こまき」の練切り
  • 松本白鸚さん

 松本白鸚、幸四郎、市川染五郎の三代襲名披露の時にも、こちらの練切りに家紋を入れて使わせていただきました。高麗屋の定紋の「四ツ花菱」や、長子が使う「浮線蝶」、市川染五郎の「三ツ銀杏」と3種の紋を型押しして、皆様にお配りする時にきれいなお菓子を作っていただいています。

 演じる役によっては、楽屋でお薄と一緒に練切りを一つ、いただくこともあります。武将の役や、位のある腹構えの大事な役で、心を落ち着けたい時ですね。町人の役の時などは、軽くおそばやおせんべいをいただきます。

 若い頃、北鎌倉に住んでいたのですが、両親が鎌倉が大好きで、こまきさんのお菓子も大好きだったんですね。頼朝と政子を敬愛していて、竹を割ったような気持ちのいい生き方をした2人でした。そんな所がこちらのお菓子の味とも相通じるものがある気がします。心のこもった、という言葉では言い尽くせない、素朴で肩ひじ張らないで、よい味、よい甘さの「よい加減」なんですね。

 舞台での疲れを癒やしてくれる本当においしいお菓子です。

 

◆神奈川県鎌倉市山ノ内501(問い合わせは0467・22・3316)。
時季によって変わる季節の上生菓子。
1日に1種類。4月上旬は桜の練切り。
6個から2202円(なるべく予約を)。
午前10時~午後4時半。(火)休み。


  まつもと・はくおう 歌舞伎俳優。
 2018年に二代目松本白鸚を襲名。25日まで、松竹大歌舞伎襲名披露公演で全国巡業を行う。秋には日本初演50周年記念公演「ラ・マンチャの男」が控える。

(2019年4月4日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「廣榮堂」の元祖きびだんご

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

「リンツ」のリンドール

橋本じゅんさん 
「リンツ」のリンドール

一般男性が一生に食べる分のチョコレートは既に食べていると思います。中2の時、バレンタインデーに自分のチョコを買いに行き、店のオヤジに「寂しい人生だなぁ」ってからかわれたくらい。

「LiQumu」のリキュームセット

中村七之助さん
「LiQumu」のリキュームセット

これはソフトクリームだけでももちろんおいしいですが、お酒をかけて食べられるところがミソ。200種類くらいあるリキュールの中から3種類を選べるんです。

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

9月13日 注目グッズ
「しゅくだいやる気ペン」など

漢字の書き取りや計算。宿題はあるけど、やる気が出ない……。そんな子には、やる気を「見える化」する「しゅくだいやる気ペン」だ。

鈴木ヒラクさん(アーティスト)「コヤニスカッツイ」(1982年)

私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。

「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

おんなのイケ麺(めん)

望月理恵さん
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

ラーメンはあまり食べないのですが、担々麺は大好き。特にこのお店は、一時期週3回も通っていたほどはまりました。

棟方志功 棟方志功記念館

私のイチオシコレクション

棟方志功 棟方志功記念館

青森県出身の版画家・棟方志功(1903~75)。自身が生み出す版画を「板画」、肉筆画を「倭画」と呼び、他にも油絵や書を手がけました。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。